エイジド・レイクプラシッドブルー。。。完成 @ ToneLand SSS-60 | 小さなギター屋さんBlog

小さなギター屋さんBlog

下北沢の東側(渋谷寄り)「代沢」という静かな街で営業する
小さなギター屋さんの、何気ない日常と独り言ブログです。

 

 

日に日に寒さがまして参りました

 

 

今日この頃、

 

 

下北沢の駅前には

 

 

新しいビルディングも出来て

 

 

私個人的には

 

 

インフルエンザの予防接種もバッチリ

 

 

3週間後の12月のカナダ出張の

 

 

準備万端でございます=

 

 

ところで、ブログでも

 

 

取り上げさせていただいた

 

 

レイクプラシッドブルーのトーンランド

 

 

「スチールシンガーSスタイル」

 

 

 

 

あれ以来フィットするピックアップ

 

 

ずっと模索しておりまして、

 

 

昨日はお客様の来店も重なって

 

 

作業は足踏みましたが、

 

 

今朝、新しい駐車場の契約の関係もあって

 

 

早起きをしたついでに、

 

 

閉店前に早めに出勤して、

 

 

色々と試してみました=

 

 

結果、ニック・ソレンソンに

 

 

カスタムオーダーした

 

 

1960タイプのエイジド仕様が

 

 

最終的にフィットいたしました=

 

 

 

 

ストラトらしさである

 

 

音のクリスピーさと、

 

 

立ち上がりの倍音感、

 

 

トゥワンギーさを兼ね備えた

 

 

まさにオーセンティックなサウンドに

 

 

仕上げさせていただきました=嬉

 

 

スペックは以下の通り

 

 

アマゾンローズウッド指板

 

 

ハードメイプルネック

 

 

USアルダーボディ

 

 

NSJ60ピックアップ

 

 

オールラッカー塗装/エイジド加工

 

 

USAメイドネック&ボディ

 

 

アッセンブルド・イン・ジャパン

 

 

 

 

そんなトーンランドに

 

 

もしもご興味のございます方は

 

 

是非お気軽にお問い合わせください=

 

 

p.s.

本日のオススメはかつてグランドロイヤルに所属し、

2013年に復活したルシャス・ジャクソンの復活アルバム

「MAGIC HOUR」

自分の一番好きな時期の手作り感はむしろ薄まってしまいましたが、自主制作ながら全盛期とまったく遜色ないクオリティとこのバンド独自のセンスが満遍なく散りばめられているアルバム=