ボディーガード付き?のギター @ 1966 Fender Jaguer | 小さなギター屋さんBlog

小さなギター屋さんBlog

下北沢の東側(渋谷寄り)「代沢」という静かな街で営業する
小さなギター屋さんの、何気ない日常と独り言ブログです。


テーマ:

 

 

ニュージャージーで見つけた

 

 

ワンオーナーの1966年製

 

 

フェンダージャガー

 

 

ちなみにこちらオリジナルオプションパーツの

 

 

「ボディーガード」付きでございます。

 

 

そしてさらにそのボディーガードも

 

 

マッチングカラーとなっております(笑)

 

 

 

 

そして、バインディング/ドットということで

 

 

トランジション仕様です=

 

 

 

 

これはあくまでも個人的な見解ですが、

 

 

マッチングヘッドは時として

 

 

似合わない場合もあると思うのですが、

 

 

このギターに関しては

 

 

むしろマッチングヘッドが似合っております=笑

 

 

ちなみにこうなるとオリジナルオーナーさんの

 

 

フェイヴァリットカラーは

 

 

間違いなく「赤」だと思います(笑)

 

 

 

 

そしてそのオリジナルオーナーさんは

 

 

購入時からとても大切に使用してたらしく、

 

 

ボディーガードの有る無しに関わらず、

 

 

傷もとっても少ない個体でございます=

 

 

 

 

そんな、コレクションにも

 

 

ライブで即戦力にも、

 

 

とちらにもグッドな

 

 

キャンディーアップルレッドのジャガー

 

 

嫁ぎ先を探しておりま〜す(笑)

 

 

 

 

p.s.

今回のオススメの一枚は

1977年のチープトリックのデビューアルバム

「チープトリック」

ジャック・ダグラスのプロデュースのこのアルバムは

とても荒削りですが、

メンバース全員のポテンシャルが全開で

のちにポップ路線に舵を切る前の

もっとソリッドな、ロックな、

チープトリックを味わうことができます!

ちなみにセカンドアルバムのツアーで

彼らバンドの初来日をみているのですが、

ライブはもっとパワフルでかっこよかったです。

ちなみに自身もその昔学生時代に、このアルバムの

「スピークナウ。。。」とかバンドでやってました(笑)

とにかく懐かしい=思い出の一枚です。

TGL_TOKYOさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ