TG-RUNバイク屋オヤジの NEW GSX-R1000Rインプレ① | TG-RUN のブログ
2017年10月15日(日) 20時56分56秒

TG-RUNバイク屋オヤジの NEW GSX-R1000Rインプレ①

テーマ:インプレッション

やぁ みんな

 

どうもボクだ

こないだまで夏だったのに

 

もうサブイねぇ~

 

っつーよーな季節のご挨拶は

 

こんなモンにして

 

今回はナゼかいつも

 

人気の記事になる(笑)

 

マシンのインプレ♡

 

言っておくがアクマで

 

レーシングライダーではナイ

 

バイク屋オヤジの

 

インプレっつーコトで

 

理解して読んでチョーダイまし

 

トーゼンの如く限界性能や

 

サーキットタイムのハナシではナク

 

ゴク一般的で

 

スポーツマシン好きな

 

ミナサマに近い視点でのお話しです。

マンを持して登場した

 

8年ぶりのモデルチェンジ

 

ALL NEW GSX-R1000

 

 

モチロン オジサンはバイク屋で

 

あるからにしてイロイロ立場や

 

書いてイイコト ワルイコト

 

メーカーのスズキに対する

 

思いやイヤラシイ商売根性も

 

アルワケだが

 

先に言っとくね♡

 

ホント チョーチン記事や

 

ウソ オオゲサ マギワラシイ

ジャロってナンじゃろ?

 

は一切ナシで心から思ったコト

 

感じたコトを書いてきますんでね。

 

まずTG-RUNでは正確な数字は

 

伏せますが

 

NEW GSX-R1000R

 

デビューと同時に

 

10台以上のご成約をいただいて

 

既にユーザーのミナサマに

 

納車させて頂いております。

 

んでね、売ったはイイケド

 

NEWモデルで新機軸や

 

もう今までと比べモンにナランほど

 

電子制御と高性能な

 

パーツが満載

 

コレ実際ドーなのよと・・・

 

それを知るには一番簡単で

 

マチガイナク

 

手っ取り早い方法がひとつ!

 

【テメェで買ってオーナーになる。】

 

うん マチガイナイわ(笑)

 

まぁ 今までもTG-RUNでは

 

得意ですよってマシンには

 

いつもコノ方法で

 

やってきたんだけどね♡

 

だってさぁ メーカーさんの

 

試乗会行ってチョット乗って

 

講習受けたくらいじゃぁさぁ ねぇ

 

それ得意ですって言っちゃぁ・・・・

 

ってなワケで 例の如く

 

TG-RUNでは

 

GSX-R1000Rのフルコンプリート

 

制作決定してまして

 

今現在はSTDを識る

 

って作業をやってるところでね

 

オジサン 楽しんで乗っております。

 

 

まぁ そろそろ 本題にと

 

まず第一に

 

平均的な身長体重のライダーには

 

ライバルモデルに比べて

 

全ての操作性ポジションが

 

楽であろうと感じます。

 

足つきも前モデルより15mm高い

 

シート高の割にはシート形状や

  (前モデル810mm 現行825mm)

 

1Gで結構沈むRサスペンションの

恩恵で良好と思われます。

 

ヤマハ R-1比だと

明らかにメーカー公表

 

スペック以上に違いを感じます。

 

ステップの位置はSSモデル

(SSとはスーパースポーツモデルの略よん。)

 

にしては、かなり前で下気味

 

ハンドルの位置も

またがって両手を自然におろすと

 

ソコに居るよ(ウフッ♡)ってな自然さで

 

まんず マチガイナク 

 

フレンドリーな感じ

 

実際、ホントにスーパーバイクか

 

ってくらい。

 

まぁその辺は2005年モデル

 

あたりから変わらぬGSX-Rの

 

イイトコなんだけどね。

 

そんで実際に走らせて

 

どーなんだっつーコトなんだけど

いやホントマジでスンゲェ

 

ナニがスンゲェだっつーと

 

マシン全てのセクションが

 

ライダーにとって

 

扱いやすいように

 

ユーザーライク?

 

ユーザーフレンドリー?

 

そんな言葉を当ててもいい

 

マシンだと思います。

 

一応、オジサンもプロのハシクレとして

 

今までにもイロンナマシン

 

とサーキットから公道まで

 

ケッコーな時間と距離を走ってきて

 

一般のミナサマ以上の経験が

 

有ると思いますが、

 

マジで未知のゾーンでスンゲェ。

 

もっと言うと

 

スゲェ速いんだけどフツー(笑)

 

①とにかく速いが超高速域でも

    ナゼか怖くない(笑)

   サーキット走行メーター読み290km以上でのオハナシね♡

 

②ゆっくり走っても違和感無し

(ココスゲー大事)

 

③ポジション楽で疲労度低し

 

④マシンが軽く感じる

 

 

とりあえず以上は簡単に・・・

 

あとは当モデルより装備された

 

SSモデルのトレンドと新装備

(GSX-R1000Rの場合)

    STD GSX-R1000除く

 

①トラクションコントロール

 

②モーショントラックABS

 

③オートシフター&ブリッパー

 

④BFFフロントフォーク

 

⑤BFFリヤサスペンション

 

⑥IMU(6軸センサー)

  【ピッチ、ロール、ヨー検知】

 

⑦SR-VVT

(スズキレーシングバリアブルバルブタイミング)

 

⑧NEWブレンボブレーキディスク

 

⑨ブリヂストンRS10タイヤOEM装備

 

上記の9か所がザックリ

 

当モデルより装備された

 

新機軸なんだけどね。

 

チョット詳しいミンナは

 

もう知ってると思うし

 

イかなモンかの理解も

 

出来てるかもシンマイ。

 

さらには専門誌や

 

スズキのHPにも詳しく出てるけど

 

 

ココはやっぱ一個ずつ

 

オジサンの説明できる範囲と

 

感じたコトは書かなきゃなんねーべね

 

っつーのは

 

やっぱ使う人がどう感じるのかが

 

実は一番大事で

 

むしろイランモンもあるかもだもんね。

 

ってなワケでココも

 

忖度無しで書いてきますが・・

 

と 思ったがオジサン

 

今日はタイムオーバーレーシング

 

ってコトで次回 アンマシ

 

間を空けず更新しますね。

最後にオジサンの本件ネタ

 

上記 スズキMOTOGP

 

開発ライダー

 

青木ノブアツセンセー

 

その隣 全日本ライダー

 

モトマップレーシングの

 

今野選手からも

 

スズキのユーザーが

 

高性能なGSX-Rを

 

もっと楽しめるように

 

イロイロ教えてもらったり

 

メカニック的な部分など

 

 

アドバイスをいただいております。

 

 

心よりホント感謝♡♡♡

 

それでは次回以降の続きを

 

お楽しみに♡ 

 

あ!そうだ

 

次回の続きが楽しみな

 

モノズキなミナサンは

 

https://ameblo.jp/tg-run/entry-11021771934.html

GSX-R1000K7インプレ セッティングにも 2011 9月

 

https://ameblo.jp/tg-run/entry-10996255669.html

北海道ツーリング GSX1300Rハヤブサ 2011 8月記事

 

https://ameblo.jp/tg-run/entry-10930631068.html

バイク屋オヤジのインプレ 2011 6月記事

 

上記3本(スゲェ長いぞ♡)

  読んで  宿題ね♡

     しかし ナゼにしてインプレ記事 3本とも

2011年の夏なんだろう?それ以降一回もやってねーし(笑)

でもナンダカ知んないけどいまだにアクセス多い記事なのね

 うん まぁイイや

 

っつーことでバイナラ

  YOU押してプレプレ

 
人気ブログランキング

TG-RUNさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。