ティーファクトリー日乗

~お知らせ~
公演詳細はこちら!→T Factory
twitterはこちら!
YouTubeティーファクトリー公式チャンネルはこちら!

ティーファクトリーオンラインチケットサービス会員登録(無料)随時受付中!

■2021年2月10日(水)~23日(火祝)吉祥寺シアター
第1回 T Crossroad短編戯曲祭

演劇動画配信サービス【観劇三昧】配信中
『レディ・オルガの人生』2018年
『エフェメラル・エレメンツ』2017年
『ハムレットクローン』2003年

~2019-2020 川村毅劇作40周年&還暦 三作品~
10月新作『ノート』・1月『クリシェ』・5月『4』
■5月29日(金)-6月7日(日)シアタートラム『4』→2021年8月都内別劇場にて延期上演 詳細はこちら
■1月29日(水)-2月2日(日)あうるすぽっと『クリシェ』
詳細はこちら戯曲『クリシェ』論創社刊
■10月川村毅新作『ノート』
詳細はこちら戯曲『ノート』『わらの心臓』論創社刊

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

稽古始めました。

2021年2月10日(水)~23日(火祝) 吉祥寺シアター

第1回 T Crossroad 短編戯曲祭 <2020年の世界>

 

稽古、始めました。

 

 

「これからの状況で、どうなるかどこまで出来るか、わからないけれど、

何らかのかたちでこの<2020年の世界>新作戯曲全作品をお客様に届けることを目標に、

演劇を創り始めよう」

 

26作品の、現在を描く新作戯曲たち

作品ごとの稽古時間で、出演者は入れ替わり

演出家も日替わり

稽古場は、演劇のために色々整えてくれている。

定期的に業者さんによる消毒清掃作業が入り、

大工事した空調は最新式24時間換気システム

各所に消毒液を配置

手指消毒、検温サーモで入館して、

部屋に入るときには消毒マットで上履き除菌、マスクを取り替え、

稽古場内は全員マスク、立ち稽古に入ると+フェイスシールド、小道具類はしょっちゅう消毒して。

 

絶対は無いけれど、細心の注意を払っています。

政府の方針もともかく、判らないものは恐ろしい。

まずはキャスト・スタッフの安全・健康が第一。

 

この企画の幸いもあって、

上演時間20分程の短編なので、1時間ごとに休憩して外気を入れる。

マスクして台詞の俳優たちは、とても苦しい筈。

作品ごとに登場人物が違うので、キャスト全員が揃うこともない。

 

26作品中、8人全員出演の作品が1作品だけあって、

ちょうどその稽古日に、出演の畑中咲菜ちゃんのお誕生日!

いつもみたいにはお祝い出来ないけど、おうちで食べてねのケーキをプレゼント♪

 

それにしても、

この企画に理解のある俳優さんたちに参加いただけて、

優れた俳優たちの戯曲の読みの深さってすごいなあ~と改めて感動する。

彼ら彼女らに読んでもらえるだけでもう幸せな戯曲たちなんじゃないかと思う。

 

林田一高さんと田中壮太郎さん、

初共演なんですって。

最初から息ぴったりに、本当に様々な役柄を演じてます。

一言だけ、の贅沢な出演作もあり! 

 

ところで肝心なこと。

遅くなっておりますが、

公演情報を調整しております。

 

20:00までに確実に終演できる開演時間にします。

3作品一公演=上演時間は約1時間、

6プログラム+ゲストキャストによるリーディングプログラムの回があります。

客席は50%に設定、最前列は販売せず舞台からの距離を取り、

全席お客様情報をいただく指定席です。

 

安心してご来場いただけますように…

 

公演情報、間もなく!

 

 

 

あけましておめでとうございます2021

本年もどうぞよろしくお願いいたします

2021年1月 ティーファクトリー

 

うし年。

うし柄。

(二度目の丑年を迎えた愛さん13歳)

 

「顔をしっかりあげて風にふかれていれば、だいじょうぶ。」

 

2020年ありがとうございました

みなさま、2020年もどうもありがとうございました。

 

今年 2020年 40周年

三作品予定した二作目、

1月 あうるすぽっと 『クリシェ』から始まりました。

 

加納幸和氏と川村毅の、女優姉妹役

川村12年ぶりの主演女優さん

 

お二人のこのタイミングだからこその舞台、

未だ平穏だった空気の中、上演出来てよかった…

(いつか、再演したい!)

川村毅&加納幸和さん、W主演・W還暦祝公演でした。

加納さん率いる 花組芝居 1月7日より新作『地獄變』開幕です!

 

観に来てくれた、林田一高さんと田中壮太郎さん、

(中央はジェーン・川村毅。念のため。)

年明け、短編戯曲祭お世話になります!

 

三作目、40周年の掉尾を飾る筈だった5-6月『4』は、

緊急事態宣言による劇場休館により中止に。

2021年8月に公演延期を決めて解散できたのが救いです。

実は、多くのお客様がチケットの払戻しをしないでくれました。

正直、深く感謝します。

「寄附金控除又は所得税額の特別控除に係る文部科学大臣指定行事」に認定されていますので、ご利用の方はどうぞお申しつけください。

 

それでも、それゆえに、

8月 雑遊 新作『路上5 東京自粛』 が生まれ、

その前章として自粛期間中に川村毅が書きためていた新作、

『2020年3月』『2020年4月』『2020年5月』

11月 吉祥寺シアター リーディング公演

こちらも小林勝也さん主演で上演することが出来ました。

この禍に見舞われなければ予定してなかったことでした。

多忙な勝也さんが、公演中止続きで予定が空いたから出来たという皮肉な現実も有。

ティーファクトリー旗揚げ公演『アーカイヴス』も、

30周年『新宿八犬伝 第五巻(完結編)』も、一緒に創った勝也さんと、

40周年も過ごせてなんだかよかったな。

 

8月

2年前から、41年目の企画としてあたためてきたT Crossroad

少しかたちを変えて、短編戯曲祭スタート

9月 キックオフミーティング

10月 試演リーディング

11月 先に記したプレイベント、川村新作短編リーディング

出演の砂原健佑さんと、観に来てくれた下前祐貴さん

下前さんは2月公演出演です!

 

11月には日大藝術学部演劇学科総合実習公演

40周年第一作として上演した2019年川村毅作『ノート』

 

こんな緊張続きの、綱渡りの一年に、

劇場に在りつづけられたことを深く感謝します。

 

2021年の幕開けも、

この頼もしい面々と、今 出来ること/やるべきことを粛々と遂行できますように…

 

2020年 どうもありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>