★ダーツがま口ポーチの作り方 | がま口の作り方♪手縫いで作る初めてのがま口【手作り屋万莉】

がま口の作り方♪手縫いで作る初めてのがま口【手作り屋万莉】

がま口作りが初めてでも大丈夫!【がま口の作り方】をお伝えしています!


テーマ:


★ダーツがま口ポーチの作り方

こんにちは。万莉です。

そこにダーツが入ったがま口ポーチの作り方です。見本は18センチの角型口金を使用しております。



①表布芯付き2枚、内布2枚を用意します。


②底のダーツを縫います。


③内側を表にして、縫いどまり線から縫いどまり線までを縫います。


④内布も同じようにして袋を作り、表布だけひっくり返して外側をおもてにします。


⑤表袋の外側から、うち袋をかぶせて重ね合わせます。


⑥両脇の縫い代を重ねて、V字に縫い合わせます。


⑦開き口から表にかえして、開いている口を外側から縫って塞ぎます。口金に隠れる位置で縫います。黄色い丸は前の工程で縫い合わせたV字の位置です。


⑧ボンドを口金の溝にまんべんなく流し込みます。


⑨金具の奥に押し込むイメージで少し外側上方に生地を押し込みます。こうすると、布が外側に引っ張られ正面のしわが伸びます。


⑩手前の位置で、見えない場所に紙ひもを押し入れます。


⑪ペンチで口金の隅をつぶしてカシメます。力は使わず手首を内側に倒して金属の内側をつぶします。


⑫口を閉じずに開いたままボンドを乾かします。乾いたら完成です。


一連の流れを終わらせるために、ここまで一気に作業していますが。
本当は、カシメは乾かして口を閉じて形に納得が出来てから作業に移る方が良いです。

なぜなら、金属をつぶしてしまったらやり直しはできないけれど、金属がつぶれていなければ、ボディを外して何度でもつけ直しができるからです。

カシメ・ビフォー


カシメ・アフター


18cmがま口ポーチ完成です。

一番広いところの幅27cm×高さ約15cm×幅約4cmくらい。

作り方は初心者向き。手縫いでもOK


カン付き口金を使うと。ポシェットや手持ちバックにしたり出来ます。

お着物にも似合いそうなシンプルながま口ポーチです。


レシピなので、Twitterモーメントに載せたちょっとしたコツの部分は省きました。

次回はその部分を掲載したいと思います。







万莉@がま口の作り方と型紙屋さんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント