がま口の作り方♪手縫いで作る初めてのがま口【手作り屋万莉】

がま口作りが初めてでも大丈夫!【がま口の作り方】をお伝えしています!


テーマ:

★24cm版マチ一体タテ型バックがま口の作り方


こんにちは。万莉です。

今回は、タイトルそのまま。24cm版マチ一体タテ型バックがま口の作り方です。

早速参ります!

材料・・・ボディ表布(接着芯付き)2枚、表底布(接着芯付き)1枚、表布ポケットパーツ2枚、角カン25ミリ4個、アクリルレープ25ミリ4本、この他に底板1~1.5ミリ1枚、お好みの持ち手1組、口金、紙ひもです。




①アクリルテープに角カンを通して、ミシンで固定します。


②表布ボディにポケットパーツを置き、その上に①で作ったテープを置きますポケットパーツごと、テープをボディに縫い付けます。矢印の部分は強度をつけるために3回縫います。


③持ち手パーツを付けたボディと底パーツを中表にして縫い合わせます。
反対側も同じように底パーツにボディを縫い付けます。


④表から底パーツ側にステッチをかけます。持ち手に強度をつけるためなので、持ち手テープも一緒に重ねて縫います。


⑤ボディを中表に半分に折って、同じ色同志を縫い合わせていきます。


⑥底から中表に折り両サイドを縫い合わせます。


⑦縫い合わせたサイドと底の部分を縫い合わせます。


⑧表布と内布両方を袋状に作ったら、表袋のみをひっくり返して、外側を表にし底板を入れます。(両面テープで固定しました)


⑨おもてが外側に出るように、内袋を表袋の中にセットします。両脇の縫い代を内側に倒します。


⑩内側に縫い代を倒して、リベットの周りを手でまつり縫いをします。


⑫開き口を外側からミシンで縫いふさぎます。金具で隠れる部分を縫います。
ボディが完成しました。この後口金をつける作業に続きます。


⑬持ち手(写真は25㎜テープ)をカンに通してミシンで縫います。
レシピの見本は一番簡単なアクリルテープを使用した例です。


⑭口金の溝にボンドをまんべんなく塗ります。


⑮まず全体に入る感じをイメージして金具に充てて手で入れておきます。


⑯目打ちや工具でボディを口金に入れていきます。


⑰外側(表)が脱落している場合がありますので、必ず表側も見て押し込みます。


⑱紙ひもを入れていきます。


⑲口金のスミを4か所、ペンチを使って金属をつぶしてカシメます。内側にペンチを倒すようにつぶすと力はさほど使いません。


カシメた部分の拡大写真


⑳ボンドが乾くまで口を閉めないで待ちます。


本が縦に入るサイズ。


ボンドが乾くのを待って口を閉じたらバックの完成です。


見本用に持ち手を革に変えました。

持ち手のグレードを上げると、バックに高級感がでます。



基本の作り方は、通帳ケースなど一緒でとても簡単です。大き目のがま口バックを初めて作る方にお勧めします。

8月中に無料型紙キャンペーンを予定しています。

詳細はブログで告知いたしますので、ご注目ください。








 |  リブログ(0)

万莉@がま口の作り方と型紙屋さんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント