★24センチ口金を使って、大きいバックの型紙を作ります。 | がま口の作り方♪手縫いで作る初めてのがま口【手作り屋万莉】

がま口の作り方♪手縫いで作る初めてのがま口【手作り屋万莉】

がま口作りが初めてでも大丈夫!【がま口の作り方】をお伝えしています!

こんにちは!万莉です。

さて、型紙作りからはじめます。

作業の前に、用意するもの。

紙←(学校でつかい工作用紙がお勧め)、コンパス(無ければ、紐と竹串で代用)、鉛筆。

今回の口金は、横幅が24センチ、高さが9センチあります。(つまみは含んでいません)

例として、出来上がりサイズ、およそ幅 26cm×高さ 32cm×マチ9cmのがま口を作成します。

【ハンドメイドがま口の作り方!】「世界に1つ」を自分で作ろう!

今回は真ん中から左半分の型紙を作るやりかたで、型紙を作成します。

(生地を裁断するときに、真ん中で裏に返して左右対称に形を写し取って使います。)

まず、口金の真ん中に印をつけます。


(汚れ防止のマスキングテープを貼る。

①紙に12cmの横線を引きます。

【ハンドメイドがま口の作り方!】「世界に1つ」を自分で作ろう!

写真が斜めになってズレて見えますが、口金中心と赤線は同じ位置。


幅24センチ÷2(半分)=(端から)12cmの位置です。

②線の端から32cmの縦線を引きます。

【ハンドメイドがま口の作り方!】「世界に1つ」を自分で作ろう!


③片側の線の端から口金の高さ、(9センチ)の半径の円を描く。

【ハンドメイドがま口の作り方!】「世界に1つ」を自分で作ろう!


④底の部分にマチ幅の半分(4.5センチ)延長線を引く。

④の長さは同じ(4.5センチ)です。

【ハンドメイドがま口の作り方!】「世界に1つ」を自分で作ろう!

⑤サイドのマチ分(4,5センチ)幅の縦線を引く。

⑥底の部分から直角に手順③で作った円に交わるまで上に直線を伸ばしていく。


【ハンドメイドがま口の作り方!】「世界に1つ」を自分で作ろう!




⑦円と直線が交わったところに、縫いどまり線の印をつける。

ここまでで型紙の作り方は終了です。

今回は四角い底ですが口の周りだけ口金に合致していれば、ボディの形は別の形に変えても平気ですので、色々試してみてください。

生地に写し取る時は、真ん中に中心の印をつけて片側を写し取り、

【ハンドメイドがま口の作り方!】「世界に1つ」を自分で作ろう!


【ハンドメイドがま口の作り方!】「世界に1つ」を自分で作ろう!


反対に倒して、もう片側を写し取り左右対称になるようにします。

これで、ボディの前面ですので、同じものをもう1枚作って合計2枚で表布を作り。

同じく裏布を2枚用意します。