看護部の岩橋です。

 

患者様が、スタッフの見守りなく実用的で安全に歩いて次の動作ができるよう、歩く時の姿勢や歩幅などをセラピストと共有しています。

患者様ご自身が動作時に意識することができるよう、病棟でも引継ぎ取り組むことで、動作の習得につながっています。