今回の担当は、看護部の佐美です。

 

入院時にセラピストと看護師が、患者様の動作を評価し入院中のリハビリテーションや病棟での介助内容を決定しています。

また、身体的リスクや社会的背景の情報を共有し、それぞれの計画に反映しています。

ソーシャルワーカーを含め、患者様の早期の在宅復帰を目指して連携を図っています。