看護部の牧です。

先日、作業療法士や看護師とともに患者様のリハビリの一環として七夕飾りをしました。

手や指を使って紙を折る作業は、手の運動だけでなく脳の活性化につながり、とてもいいリハビリになります。

患者様は「一日でも早く自力で生活したい」や「以前のように歩けますように」など、様々な願い事を短冊に書いていました。