社民党の参院選マニフェスト(政権公約)の原案が12日、判明した。連立離脱後のスタンスについて、前文で「閣外にあって民主党政権を厳しく監視する」と宣言。「政権のいいものは応援し、悪いものにはブレーキをかける」と「是々非々」の立場を強調した。文言を調整した上で近く発表する。
 前文では、連立離脱の原因となった米軍普天間飛行場移設問題に関して詳述。鳩山前内閣の取り組みを「迷走の揚げ句、地元や与党の合意がないまま移設先を沖縄県名護市辺野古周辺とした」と批判し、菅内閣に対しては「県民の願いを真摯(しんし)に受け止め、ゼロベースで仕切り直すべきだ」と求めた。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相退陣までのてん末~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
【特集】菅直人内閣閣僚名簿

眞子さま、アイルランドへ=大学の語学研修に参加(時事通信)
介護給付等費用適正化事業、「内容を厳密に見直すべき」(医療介護CBニュース)
荒井氏の「主たる事務所」自民有志が視察(読売新聞)
<中川順さん>7月5日にお別れの会 元民放連会長(毎日新聞)
<子ども手当>満額断念「当初から無理」 冷めた反応や批判(毎日新聞)