移動性高気圧に覆われ、南から暖かい風が入り込んだ影響で、9日は西日本から東日本の太平洋側を中心に気温が上がり、各地で4月下旬~5月下旬並みの陽気となった。気象庁によると、群馬県高崎市で最高気温24.1度を記録するなど、3地点で2月の観測史上最高を更新。北陸などでも気温が平年より高くなっており、気象庁は雪崩などへの注意を呼びかけている。

 2月の最高気温を更新したのは他に、徳島県三好市(21.9度)と兵庫県三木市(18.6度)。東京都心でも平年を11.2度上回る21.0度まで上がった。その他の各地の最高気温は▽福岡市22.7度▽埼玉県秩父市、神奈川県小田原市22.3度▽静岡市22.2度▽和歌山県かつらぎ町21.5度▽水戸市21.0度▽福島県浪江町17.5度▽長野県佐久市17.1度--など。

【福永方人】

【関連ニュース】
雪崩:ホテルのロビーに流れ込み2人けが 長野・志賀高原
大雪と強風:新潟で車立ち往生など市民生活に大きな影響
強風:東京・八王子でクレーン車横転
大雪:東北、北陸に寒気直撃…京都・金閣寺雪化粧
立春:各地でこの冬一番の冷え込み 都心で氷点下0.4度

ラッコ バレンタインに「ハート氷」(毎日新聞)
<陸山会土地購入>小沢氏との接触禁止 秘書らに保釈条件(毎日新聞)
鳩山氏「友愛」実現まではひと山ふた山も(産経新聞)
漂着ポリ容器 ハングル4割(産経新聞)
民主党 自民の票田切り崩しへ トラック議連が発足(毎日新聞)