田舎蕎麦を粗く挽く理由

テーマ:

 

みなさまこんにちは、

今年の冬の山中湖は非常に暖かく、ほとんど積雪がありませんでした。

さて、季節も3月!

気分はすっかり春となりました。

 

今回は、当店独自メニューの中でも非常に際立った

【粗挽き田舎蕎麦】

について解説いたします。

 

このメニューをラインアップした理由には、ある理由がございます。

それは、蕎麦という食品が、他の麵類と比べて大きく違った部分があるからです。

多くの麵類は、その原料を小麦粉としております。

小麦粉は、蕎麦に比べて繋がり成分グルテンが多く含まれており製粉して時間が経過しても品質が劣化しません。

また、産地による食味の特徴も少なく、特に産地にこだわる食品ではございません。

 

ところが、蕎麦という食品は、収穫してから時間が経過すると品質が変化します。

製粉してから時間が経過すると色が変わり、食味も変化する。

更に、製麺するにもグルテンがほとんど含まれていないので繋がりにくく時間が経過するとブツブツと切れてしまいます。

蕎麦で作った麺は、生鮮食品のように鮮度にこだわり、産地や収穫した畑の条件で食味が大きく違ってしまいます。

 

そのような蕎麦の特徴を心得ておられるお客様は非常に多く、皆様、蕎麦を最初にツユを付けずに単独で召し上がられます。

ご存知のとおり、蕎麦は先ずは麺単独で召し上がっていただいて鮮度や産地の特徴を楽しむ食品です。

これが、小麦粉で製麺した他の麺と大きく違う部分です。

 

ですから当店では、

契約栽培を施して条件の良い畑で収穫し

製粉する直前まで産地の保冷倉庫から材料を動かさないで鮮度を守り

入手した最高の材料を店の蟻巣石の特殊な石臼で製粉し

茹で時間を短くできる手打で製麺し

最高の状態の蕎麦をお客様に提供しております。

 

さて、このように製麺された蕎麦ですが、

新鮮がゆえに色は常識を超えて白く薄い緑になります。

また、新鮮がゆえに繋がりも非常によく

更に、コンディションの良い材料で手打するわけですから食味も非常に良好です。

 

これは、収穫する産地との連携を究極までに磨き上げた流通システムがなせる技です。

一般に入手できる蕎麦で判断されるお客様の中には、

新鮮すぎて更科蕎麦と勘違いをなさったり

薄緑の色で判断して香らないと思い込んでしまわれたり

繋がりが良いものですから蕎麦の配合が少ないと思われたりもします。

 

そこで、マルヌキ蕎麦をわざと粗く挽いて、一旦篩にかけ蕎麦実の柔らかく砕けた味の薄い部分(更科粉)を取り払い、篩の上に残った硬くて味の濃い甘皮や子葉の部分を抽出して製麺したのが、【粗挽き田舎蕎麦】です。

 

この粗挽き田舎蕎麦は、産地の特徴と蕎麦本来の新鮮な食味をご理解していただくための蕎麦で、新鮮な香りと食味は多くのお客様が体験したことのない蕎麦となります。

 

もちろん、粗くゴツゴツした粒子を繋げるわけですから、蕎麦実の濃い部分を比較的残した中ぐらいの粗さに挽いた粉と蕎麦実全体を細かく挽いた粉、そして強力小麦粉をある程度の配合でブレンドしないと繋がりません。

この配合は、現在に至っても季節やその年に収穫された蕎麦によって適性を見極めて改良を行っております。

 

ここで再度申し上げたいのは、この蕎麦は喉越しよりも新鮮な香りと食味を重視した蕎麦であると言う事です。

こだわりの産地で栽培された蕎麦を究極の鮮度を保ったまま味わっていただける、多くのお客様が未体験の特徴を持つ蕎麦が【粗挽き田舎蕎麦】です。

 

さて、この特別な蕎麦を手打製麺した後に、

特殊な技術を用いて即座に冷凍処理し、

通信販売を行なっております。

 

お店サイトからは、

https://www.yamasato.info/order

こちらの発注画面より代金引換で

 

ふるさと納税のお客様は、

https://www.furusato-tax.jp/product/detail/19425/4523455

こちらの発注画面より

 

ご注文お待ちしております。

昨年秋は、最近では稀に見る蕎麦の凶作年でした。

一般では、蕎麦の食味を楽しめない外国産蕎麦で対応している状態です。

契約栽培でこそ成り立つ、国産最高品質の山の蕎麦専用畑で栽培された蕎麦をご自宅で楽しんでください。

通信販売は、契約栽培北海道多度志産の蕎麦で対応しております。

ご注文お待ちしております。

 

当店、週末は混雑する場合がございます。

場合によっては、お席のご予約は出来かねますが、

ご来店20分前にお電話いただきますと

優先的にお席にご案内できる様に手配させて頂きますので よろしくお願いいたします。

 

 また、移転先店舗はカーナビで検索できませんので、

0555-65-8251(ハラマチロッヂ)で検索してください。

その隣となります。

ご来店を心よりお待ち申し上げております。

 

_______________________________________

(株)やまさと

代表取締役 山里薫

〒401-0502 山梨県南都留郡山中湖村平野115

 電話:0555-73-9351 

Fax:0555-73-9352 

e-mail:info@yamasato.info

https://www.yamasato.info