契約栽培北海道多度志産 新蕎麦が入荷しました。 | teuchisoba-yamasatoのブログ

teuchisoba-yamasatoのブログ

山中湖で【手打そば やまさと】を営んでいます。
https://www.yamasato.info
お店や四季折々の情報をアップしますので、是非お読みください〜♫


テーマ:

みなさまお待たせしました。

北海道多度志産の新蕎麦が入荷しました。

以前のブログにも書きましたように、気の毒なことに北海道が凶作の中、おかげさまで

「契約栽培を行っていてよかったなぁ」

と感じながら今年も無事入荷しました。

 

 

北海道産の蕎麦の特徴はクセが少なく一般受けする蕎麦となります。

弊社では、お土産用・業務販売用として楽しんでいただいております。

 

深川市多度志地区は、北海道西部に位置し蕎麦の産地で有名な空知支庁に含まれます。

多くの空知の蕎麦が休耕田で栽培される平地の蕎麦であるのに対して、山の斜面を切り開いて耕された蕎麦専用畑で耕作された食味の高い「山の蕎麦」です。

もちろん、他の地域の蕎麦と一緒にならないように多度志専用の保冷倉庫で大切に保存されています。

生産者の高橋庄作さんには、すべての仕事を蕎麦だけに集中していただき情熱を持ってこの蕎麦を栽培していただいております。

 

 

しかしながら、収穫したばかりの新蕎麦では色は綺麗なのですが熟成が足りずまだ青臭さが残っています。

そこで弊社の考え方は、昨年収穫したヒネを少し混ぜて味と香りを補います。

その後、新蕎麦の熟成度合いを見ながら徐々に配合を調整し収穫されて2ヶ月ほど経過しますと

味・色・香り

の三拍子が最高の状態となり、

「蕎麦の旬の時期」

を迎えます。

それが、丁度、大晦日の時期と重なる仕組みとなります。

 

従って、弊社の新蕎麦は最初から新蕎麦100%で出荷する業者様と比べると色の面ではすこし見劣りするかもしれません。

その後、みなさまが、あまり蕎麦を召し上がらない季節ですが、1月〜2月という時期は、一年中で最も蕎麦が美味しい季節となります。

 

10月22日(月 臨時休業)23日(火 定休日)は、裏磐梯雄国の収穫を見に行ってまいります。

お休みをいただきます。

宜しくお願いいたします。

 

週末は混雑する場合がございます。

曜日と時間帯によっては、お席のご予約は出来かねますが、

ご来店20分前にお電話いただきますと問題なく

優先的にお席にご案内できる様に手配いたします。

 

 また、移転先店舗はカーナビで検索できませんので、

0555-65-8251(ハラマチロッヂ)で検索してください。

その隣となります。

 

心よりお待ちしております。

https://www.yamasato.info/

手打そば やまさと (山里 薫)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス