皆様こんにちは。

 

 街場では、お花見が終わりを告げましたが、標高の高い富士五湖での春は今から始まります。

山中湖のお花見は4月中旬からゴールデンウィークが見頃となります。

ソメイヨシノや富士桜から始まりゴールデンウィークには八重桜が見頃となります。

ですから、山中湖では桜が楽しめる期間が長いです。

 

その後も、富士本栖湖リゾートまで足を伸ばしていただくと4月14日〜5月27日の期間、ピンクの絨毯「2018年富士芝桜まつり」が楽しめます。

 

 さて気候が急に変わるこのころは、蕎麦の品質もそれに伴って大きく変化して劣化も急に進み加水量も激変します。

この過酷な気候の変化で威力を発揮するのが弊社と生産者、農協、製粉会社との間でネットワークを組んだ契約栽培です。

 

現在ですと、昨年秋に収穫された新蕎麦は現地の農協の保冷倉庫の中で大事に品質が守られています。

その鮮度の高い蕎麦は、毎週お店で石臼製粉される量で小まめに産地からその都度丸抜きされ送られてきます。

そして、製麺する直前にお店の石臼で製粉されます。

昨年の秋の食味に個性のある本州産蕎麦は天候が不順で、日照不足により被害を大きく受けて大凶作となりました。

今年の場合、コンパクトな流通で被害を最小限に回避できた裏磐梯雄国産の蕎麦は、これから蕎麦愛好家の皆様に重宝がられる大事な存在となりました。

お盆前に、皆様にお届けする二期作の夏の新蕎麦をお届けするまでの間も、最高の鮮度を守った材料で楽しんでいただけます。

 

是非、ゆっくり訪れる山中湖の春を感じにいらして下さい。

心よりお待ちしております。

 

週末は、混雑する場合がございます。

お席のご予約は出来かねますが、ご来店20分前にお電話いただけますと優先的にお席にご案内できる様に手配いたします。

 

 また、移転先店舗はカーナビで検索できませんので、

0555-65-8251(ハラマチロッジ)で検索してください。

その隣となります。

 

心よりお待ちしております。