たまには本音を語るのもいいだろう。③ | X-エックス-の鑑定レポート

X-エックス-の鑑定レポート

占い師・菊月孔命の西洋占星術とタロット占いで
気になった事を鑑定レポートとしてご報告いたします。


テーマ:

今回も本音を語ってみたいと思う。

本日、タロットカードをワンオラクルをしたら【金貨の3・正位置】だった。



金貨の3の意味は、仕事、協力、三角関係とか、まだまだ色々と意味があるが今日は、三角関係の意味から、【友達・友人との営みや交流】の本音を語ってみたいと思う。

僕は、少年時代はそんなに友達はいなかった。

しかし、20代~30代の青年の頃は、本当に友達がたくさんいた。

まあ、【たくさん】という、言葉の表現は、人によっても違うと思うが、僕の場合、組織的関係もあっての友人関係の交流だったので、本当に友達と呼べる人は若い頃は現実問題として本当にたくさんいた。

しかし、あの若い頃の友達も、もう皆、50代くらいになっている。

皆、今はどんな暮らしをしているのだろうか・・・・。

僕は、どちらかと言うと、人は嫌いな方ではない。しかし、【好き】と言える範囲でもない。

子供も嫌いではないが、僕は子ぼんのうのタイプの男でもない。

しかし、女性は【好き】だ!(笑)

まあ、俗に言う、【女好き】の部類の男かもしれない。

別れた妻と結婚生活をしている時でも、心では【素敵な女性だなぁ~】と、常に思う時もあった。

しかし、そう思う瞬間がもうすでに浮気の始まりなのかは僕には判らない。

これは、人を毛嫌いしている訳ではないが、僕は、好感を持っているような振りをして【建て前の心】で近づいてくる人間は本当に大嫌いだ。

つまり、僕に【好感】をもったふりをして僕に近づき、実際の僕に近づいた本当の理由は、僕を【利用】して得(とく)を得ようと近づく人間が一番大嫌いだ。

はっきり言って虫唾(むしず)が走るくらい嫌いだ。

だって、それは【本当の真実の友達】とは言えないからだ。

本当の友達とは、【真実の心の交流】があるからこそ、【友達】としての認識に酔える訳で、【利用】で近づく人間は、最悪は、土壇場の縁で【手のひらを反す】ように裏切ってくる場合もある。

まあ、人生経験を積む上では、必要な経験なのかもしれないが、しかし、それに並行する【心の傷】の溝は本当に深くて大きいのが現実だ。

また、僕の運営サイトのブログを読んでいる方は知っているとは思うが、僕は40代は最悪な環境と条件の男子寮で寮生活を送っていて、人間関係は最悪なメンバーばかりの寮生が揃っていたので、ある意味、【中年の男性】には、心が疲れている。

心が折れてしまった・・・と言っても過言ではない。

それだけ、傷つく40代から50代前半の人生経験だった。

しかし、その最悪な人間関係の中で、僕は【本当の人間の幸せとは何か?】という事を寮生活の中で、【骨の髄】まで、学びに学んだ。

なので、使命、運命として考えるならば、僕の辛酸を舐め尽す寮生活は、【真実の幸福】を体験と実感を積む上では、必要な時間と人生だったと思ってるし、ある意味、僕を苦しめた寮生たちには、感謝の念をもたないといけないかもしれない。

これは当たり前の話かもしれないが、占い師に持ち掛ける依頼者の相談事と言えば、人間関係の悩みがほぼ全体の7割に達している。

まあ、これは、僕の占い師としての経験上の話ではあるが。

あとの3割は、会社の経営の悩みとか、運勢とか、仕事運、健康運などなどが3割の相談だ。

人間関係のダントツ1位の悩みは、何を隠そう恋愛事だ。

恋愛と言っても、綺麗な恋愛ではない。ほとんどが、不倫、浮気がメインの恋愛相談事だ。

これは、ある意味、当たり前の話かもしれないが、僕は半世紀生きているが、人間と言う生き物は、【同性】よりも、【異性】との心の交流を人生の大半で感じたいと思っている。

同性との心の交流のメインはやはり、幼少期と少年期の前半がメインだろうが、それでも少年期でも【異性】の子と心の交流、いや、子供の目線で言えば、【あの子】と【友達】になりたいと思う子も結構いるにはいる。

人間の心の交流・・・これは解かりやすく言うと、ほぼ全員、心の奥底の深いところでは、どこまでも【相手を独占】したいと思っている。

もっと心が濁る人ならば、【束縛・呪縛】したいと思ってる人もいる。

異性を独占したいと思っている当人は、女性の方がそのエネルギーは強いかと言うと、現実的には、本音で【独占したい】と思っているのは、実際は男性の方が、エネルギー的にはかなり強いのが実際問題だ。

女性の【独占】と言えば、女性の【略奪愛】が場面的には強調されるが、恋愛では本当に嫉妬に狂う動物は男の方なのだ。

男が嫉妬に狂うほど愚かな瞬間像はない。

また、現実問題として、男は、心でも、力でも女性を制覇したいと本音ではそう思っている。

まあ、これは昔々の先祖代々からの男の本能だからある意味、しょうがない話かもしれないが・・・。

言葉で表現すると、同性同士の【心の絆】は、【美しい】と表現するならば、異性同士の【心の絆】は、【芸術】かもしれない。

人はよく、心のぴったり合った異性に出会うと【運命的出会い】とよく言うが、冷静に物事を考えるならば、人間の出会いというのは、異性にしろ同性にしろ、毎回の縁が運命的出会いだという事を僕は皆様に申し上げたい。

その中で、【心がフィット】つまり、【心の波長】が合う人と出会うという事は、これは天文学的数字の確率的運命論なのだ。

しかし、その中でも、さらに【心の波長が合う異性】と出会う確率は、これも天文学的数字に近いものがあるが、さらに波長が合う人と出会ったならば、それは、結婚した場合、【添い遂げる】というスタイルになるのだ。

結婚して、結婚生活は、誰人も色々な課題や難問を抱えるが、最後まで添い遂げられた夫婦こそ、それが本当の【愛の結晶】なのだと僕はそう信じている。

人間の本当の心の本音は、【孤独】だ。

どんなに友達が多かろうと、心の中はいつでも本音は【孤独】なのだ。

その孤独を潤せるものは、何を隠そう、【愛】しかないのである。

人間は、人生の中で本当に欲しいものはお金や名誉ではない。

人間が人生で本当に欲しいものは、何か・・・・

それは、【自分を心から支えてくれる愛】を本当は探しに探しぬいているのである。

その【愛】を利用する為に近づく人間こそ、人生においては本当の【悪魔】なのだと僕は申し上げたい。

人間の愛は、【もたれ合い】の愛では、薄っぺらい恋愛関係になるのだと申し上げて本日のブログを終わりにしたい。

今回は、この辺で・・・・。

今回も僕のブログを読んでくれてありがとうございました。


このブログを観覧するすべての方々の幸せを祈りつつ・・・・。


占い師・救済X主宰  菊月孔命

 



 

菊月孔命(きくづきこうめい)・別名 鉄人X-エックス-さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス