農水委で都市農業視察 | てつしマンの活動日誌

てつしマンの活動日誌

てつしマンの日々の活動を画像で紹介


テーマ:

11日、農林水産員会のメンバーで、都心から東京都日野市、三鷹市での都市農業の現場視察を行いました。これは、都市農地の所有者が他人に農地を貸すことができることを可能とし、農地の有効活用を図ることによって、都市農業の機能を十分に発揮させるために審議を続けてきた「都市農地賃貸円滑化法」(新法)が6月20日に成立したことを受け、実施されました。画像は、日野市のほ場を視察する。

 

三鷹市でトマト、アスパラ、ナス、キュウリなどを栽培するほ場を視察する。

 

都市農地と固定資産税、相続税など都市農業ならではの課題について、都市農業をされている方々と意見交換を行いました。