秋野菜の実り・・・ | THE SYOJIN~家庭で出来る精進料理~tokidoki非精進~
2011年09月05日(月)

秋野菜の実り・・・

テーマ:野菜・果物紹介

はやく秋になってほしい?夏のままがいい? ブログネタ:はやく秋になってほしい?夏のままがいい? 参加中


THE SYOJIN~家庭で出来る精進料理~tokidoki非精進~

苦瓜がなくなり・・・胡瓜が少なくなり・・・ズッキーニが、少なくなり・・・茄子も少なくなり・・・


この時期になると・・・いつまでも、夏だったら・・・

大好きな夏野菜が、食べられるのになあ汗しょぼん汗


と夏の終わりに、悲嘆にくれるクローバーおひつじ座クローバー草食系干物和尚のわたくし・・・


スーパーに行くと、秋野菜が並びはじめていました。


夏野菜は、主に豊かな水分を含み、リコピンやビタミンCが豊富なお野菜が多いですが・・・


THE SYOJIN~家庭で出来る精進料理~tokidoki非精進~
秋野菜もビタミンC・カロテンが豊富な野菜・・・そして食物繊維が、豊富な野菜が多いんですよね。


THE SYOJIN~家庭で出来る精進料理~tokidoki非精進~
蓮根や長芋・・・キノコ・・・


実りの秋というだけ・・・沢山の野菜や果物が、これから秋・冬に店頭に並びます。


山口県といえば・・・お米の美味しい県です。

また長門ゆずきちは、秋の料理には、かかせない果物です。

また、徳佐のりんごリンゴ恋の矢リンゴ・・・周南市和田の柿・徳佐や岩国の栗・・・

松茸・・・


美味しい野菜や果物が・・・音譜ラブラブ!音譜


そういえば・・・先日、JAさんに行くと・・・もう、徳佐のリンゴが並んであったので、びっくりしました。


今日、お伺いさせていただいた八百屋さんでは、「松茸王冠1キノコ王冠1」が、1パック1300円で販売されていました。


松茸といえば・・・毎年、色んな方に、いただきます。


日本料理を代表する料理に「松茸の土瓶蒸し」DASH!キノコDASH!

ってあるじゃないですか?

松茸と共に・・・外せないのが、「鱧」


何故、「松茸と鱧」と思われる方も、おられると思いますが・・・

これは、四季がある日本ならではの食材の用い方・・・


夏が旬の鱧を名残り惜しむように・・・秋の代表「松茸」と合せて・・・


こういう料理は、日本に多いんです。

例えば、冬の味覚の代表若芽+春の味覚 筍を合せた「若竹汁」や「若竹煮」・・・


旬を終える食材と旬を迎えた食材を合せる料理方法を、ロマンチック恋の矢ラブラブ!恋の矢


と思うのは、わたしだけでしょうか?


また、秋を代表する料理「竜田揚げ」

色んな食材を、それぞれ煮て、器に盛る「秋野菜のふきよせ」なんていうのは、大好きで、よく家族に作ります。


もみじ割り箸もみじ

お寺は、夏は、お盆もあり・・・多くの人が集まり・・・おまつりのような賑やかさです。


夏が終わり、秋になると・・・お米や多くの野菜や果物が実り・・・


各地で五穀豊穣を祝い、お祭りが開催されます。


わたくしが、暮す山口県周南市新南陽地区でも、

山崎八幡宮の「本山神事(ほんやましんじ)」が、開催され・・・


にぎわいます。


お盆を終えた、お寺は、静かですが・・・


9月には、秋の彼岸会もあります。


夏を越え、秋を迎えたことに感謝し・・・御先祖さまに感謝を捧げる・・・


夏は大好きで、すっかり真黒に日焼けしてしまいましたクローバーおひつじ座もみじ


秋も大好きです。夏が終わると、訪れる秋・・・

今年も、妻とモミジ狩りに出かけたり・・・黄色く染まる銀杏の木を眺めながら・・・銀杏を取りに・・・

行きたいと思います。


ドイツ詩人ゲーテ    「銀杏の葉」 銀杏の葉

東洋からはるばると
わたしの庭にうつされたこのいちょうの葉は
賢い者のこころをよろこばせる
ふかい意味をもっているようです。

これはもともと一枚の葉が
二つに分かれたのでしょうか?
それとも二枚の葉がたがいに相手をみつけて
ひとつになったのでしょうか?

このようなことを思っているうちに
わたしはこの葉のほんとうの意味がわかったと思いました。
あなたはわたしの歌をきくたびにお感じになりませんか、
わたしが一枚でありながら あなたと結ばれた二ひらの葉であることを




道元禅師 詩 曹洞宗梅花流詠讃歌 正行御和讃


冬ゆきの いのち伝えん 春ははな

夏ほどとぎす 秋はもみじばもみじおひつじ座もみじ


星野富弘 山芋


ことばを いえない

山芋の 生きる者への

意思表示は

その細い体を枯らすことなのだろうか


「もう食べられますよ」


夏野菜を代表する「ズッキーニ」や「ミニトマト」と秋を代表する「長芋」を使った料理を、

家族に作りたくなりました。


「山芋の子 むかご」「栗」「銀杏」を炊いた秋ご飯も・・・

今年も作りたいと思いました。


夏には夏の 秋には秋の 冬には冬の・・・秋には秋の・・・


飽きの来ない優しいお料理を・・・今年も、家族にいっぱい作りたいと思います。






tetugenさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス