「動きたくなる体作り」を提案する

あるくらぼ歩行研究所トレーナーのいしやまです。

 

10年後も元気に暮らしたい人が

どうしたらそれを実現できるか、わかるように教える仕事をしています。

わかり方・わかる速度は人それぞれ。

自分の速度がわかって、しかも効果が出るのが個人トレーニングのいいところ^_^

 

『おなかと背中のコンディショニング』について書いております。

おなかはほんとに大事です。

 

特に女性のお悩み解決に重要です。

 

おなかの力がないと、ポヨンとなったり

おなかを出しすぎてカチコチになったりしている

おなかのなかは、

けっして『皮下脂肪』が溜まっているだけではありません。

 

内臓が本来の場所にセットされず、流れてしまっています。

↑↑↑反りすぎて&丸いの組み合わせもあります。

どちらも身長が縮んでます。

ぎっくり腰予備軍でもあります-_-;

 

特に問題なのが、

①消化中の食べ物が動きにくくなってしまう小腸と大腸

②食べ物が滞った小腸大腸に押されるぼうこう

 

そうです、

便秘と尿漏れです。

 

腹筋をつけるだけで解決する訳ではありません。

 

正しい腹圧を保つ練習と

正しい形におなかを保つように筋肉をつける

 

この二つを相談できるところでトレーニングしましょう!

 

というか、たとえ何も指導されなくても、

自分で気をつけて運動しましょう!

運動することで改善されていきます^_^

 

人や器具に任せても、自分の力を入れる入れ方のクセまでは直りません。

自分でていねいに自分のからだをイメージして

一日に5回以上おなかを思いっきり凹ましてみましょう。

 

指で押さえてもいいです。

寝転んでやっても

座ってやっても

もちろん立ってやっても大丈夫です。

 

中にある内臓をちょっと持ち上げ気味に

おなかを丸めながら凹ましていくのがいいですね~!

 

この前の記事はこちら

おなかの力の入れすぎ・抜きすぎ

 

小さなことからコツコツと^_^

がんばれ~!!

 

 

めざせ”スッキリ”!

発声も指導してます!

質問はこちらまで!

 

いつでもどこでもだれにでも(でもだいたい大阪が本拠地)

運動機会を逃さず活用!

『教えてもらいながらやってみたい!』方は連絡ください

ブログ以外のコンディショニング方法も紹介しています^_^

 →→  お散歩ジムDo your best alone! 自分で体作り・・・ぼちぼち行こう!