「動きたくなる体作り」を提案する

あるくらぼ歩行研究所トレーナーのいしやまです。

 

ものすごく追い込まれている訳でもないのに

いつのまにか全体的に調子が良くなっていく、

あれれ?の連続『姿勢体幹トレーニング』をリハビリや教室で教えています。

 

 

現在『おなかと背中のコンディショニング』を書いております

 

お腹が硬いとソンだというお話の続き

 

なんせ中身が溜まります

溜まってほしくないものが押し出されずに溜まります

 

柔らかいと

  →からだに押されて内臓が動きやすいから

  →ちょっとした運動でも動いて

  →中身も動いて→滞りなく退出されます

 

この『からだに押されて内臓が動きやすいから』というところが重要です

 

基礎代謝って、聞いたことありますよね?

最近は体組成計で結構簡単に測れます

 

この基礎代謝を上げるチャンスが

『からだに押されて内臓が動きやすいから』のとき

 

からだの動きは全部筋肉の働きです

だからエネルギーが消費されるのですが

その消費の7割が基礎代謝によるものです

内臓も筋肉なので、よく動くとエネルギー消費が上がります

 

この基礎代謝はいうなれば『小銭貯金』

100kcal高いと、毎日100kcalずつもれなく消費されます

だから1か月で3,000kcal、運動しなくても自動的に消費されるんです

 

脂肪を1kg減らすために必要なカロリーが7,200kcal

基礎代謝を上げると、何もせずとも痩せるのはこのせいです

 

ま、基礎代謝を上げる過程で

だいぶ運動しやすいからだになってるとは思いますが

時々運動するより

勝手に運動したことになるよう基礎代謝を上げるのが

先決だと思いませんか?

 

だから、おなかを柔らかくしましょう!

 

硬いとせっかく運動してもどこもあんまり動かないんです

ソンでしょ?

 

そして基礎代謝を上げるのに効果抜群なのが

「姿勢を良くする」なんです。

 

姿勢を良くするためにおなかを柔らかくすると

同時に基礎代謝も上がってしまいます

 

やる?やらない?

今でしょ?

がんばって~~!

ではまた次回!

 

 

中身の滞ってるのを押し出して

めざせ”スッキリ”!

質問はこちらまで!

 

 

いつでもどこでもだれにでも(でもだいたい大阪が本拠地)

運動機会を逃さず活用!

『教えてもらいながらやってみたい!』方は連絡ください

 →→ あるくらぼ歩行研究所

 

ブログ以外のコンディショニング方法も紹介しています^_^

 →→  お散歩ジムDo your best alone! 自分で体作り・・・ぼちぼち行こう!