「動きたくなる体作り」を提案する

あるくらぼ歩行研究所トレーナーのいしやまです。

 

ものすごく追い込まれている訳でもないのに

いつのまにか全体的に調子が良くなっていく、

あれれ?の連続『姿勢体幹トレーニング』をリハビリや教室で教えています。

 

 

現在『おなかと背中のコンディショニング』を書いております。

つまんでつまんで皮膚とその下の組織の緊張感をとっていく巻が終わりましたので

今回は『伸ばす』

 

前回までの緊張をとるの復習はこちら

↓↓↓

肋骨のすぐ下のお肉をつまむ

肋骨上のお肉をつまむ

腰骨の周りをつまむ

 

代謝UP=たくさんある呼吸に関する筋肉をきちんと参加させて呼吸をする

 

胸郭拡張テストという肋骨がちゃんと動いているかのテストでは

深呼吸をして思い切り吸ったときと

思い切り吐いた時の肋骨周囲を測ります。

男性で5cm以上、女性で3.5cm以上が基準。

 

姿勢が悪い・膝が痛い・腰が痛い・おなかが出ているなどお困りごとがある人で

最初からこの基準をクリアしている人には出会ったことがありません。

 

ちなみに私は最大73cm最小68cmです。

 

なにかの紐を用意してみぞおち当たりの肋骨の周囲を測ってみましょう!

とりあえず3~4cmなら合格です^_^

 

全く動いていない人も、結構いらっしゃいます。大丈夫です。

結果に落ち込まないで

もう一度↓↓↓『つまむ』シリーズをやってまた測ってください。

肋骨のすぐ下のお肉をつまむ

肋骨上のお肉をつまむ

腰骨の周りをつまむ

 

では次回に続く。

がんばって~~!

 

 

中身の滞ってるのを押し出して

めざせ”スッキリ”!

質問はこちらまで!

 

 

いつでもどこでもだれにでも(でもだいたい大阪が本拠地)

運動機会を逃さず活用!

『教えてもらいながらやってみたい!』方は連絡ください

 →→ あるくらぼ歩行研究所

 

ブログ以外のコンディショニング方法も紹介しています^_^

 →→  お散歩ジムDo your best alone! 自分で体作り・・・ぼちぼち行こう!