動きたくなる体作り」を提案する

あるくらぼ歩行研究所トレーナーのいしやまです。

 

ものすごく追い込まれている訳でもないのにいつのまにか調子が良くなっていく、

あれれ?の連続『姿勢体幹トレーニング』

 

『腰の養生』が済んだら『腰の再教育』。

→ 壁と床の境目に座ってストレッチ

→ 腰のストレッチってどこを伸ばしてるの?前編

→ 腰のストレッチってどこを伸ばしてるの?太もも裏編

↑↑↑やってみましたか??

 

ここ何年か「ベタっと開脚できるといいことがあるよ!」という流行があり

本も相当売れていましたよね~!

周りに買った人も多かったので

いずれは全員開脚ができるようになって腰痛とサヨナラだな~と思っていましたが

 

なんのなんの。

 

開脚ができるようになった人は皆無でありました・・・ -_-;

(私の周りにコツコツやる人が少なかったのか??)

 

そういう私も、180°の開脚はできません。

まあ、一生のうちで一回くらいベタっとなってみたいという気持ちはありますが(笑)

 

でも、腰痛に開脚がいいのは間違いないのです。

なぜか。

 

腰回りの筋肉や靭帯の状態が良くないと開脚できない=結果、腰痛対策になる

 

でも180°はハードルが高いので

まずは壁に手伝ってもらって、腰を立てて足を動かす練習で

『腰回りの筋肉や靭帯の状態が良く』していくところから始めましょう!という普及活動です^_^

 

前に肘がつくとか、頭がつくとか、そんなのはあまり関係がありません。

 

重要ポイントは

①膝の皿が天井を向いた状態で

②腰を立てて座り

③太ももの運動ができるか

です。

まあ、おススメはしませんが、お菓子を食べながら・ビールを飲みながらでもできる。

このちょこちょこリセットしていく『ちっちゃな努力』が腰に効いてきます。

 

これをやっていくと

「あれ?ひょっとしてワタシ開脚できるようになるんじゃない?」と思うかもです!

チャンスチャンス!

→ 壁と床の境目に座ってストレッチ

→ 腰のストレッチってどこを伸ばしてるの?前編

→ 腰のストレッチってどこを伸ばしてるの?太もも裏編

 

こんな『ちっちゃな努力』ができている自分をホメましょう!

 

そして、続けているうちに、

壁の助けなしに床に直角に座れるようになるのが

一応の目標です!

 

そしてこれは、なかなかの腰養生・再教育ひいては膝養生になりますので

「そういや、最近腰が楽だわ」「このあとは膝が痛くないわ」

という自分に気づいてあげられれば

 

サイコーです!!

 

股関節のストレッチになるので、運転姿勢も良くなりますよ~!

ブレーキが踏みやすくなるので、危険回避にもなります。ぜひとも!

がんばって~~!

前回のを確認したくなったら↓↓↓↓こちら

→ 腰のストレッチってどこを伸ばしてるの?前編

 

中身の滞ってるのを押し出して

めざせ”スッキリ”!

質問はこちらまで!

 

 

いつでもどこでもだれにでも(でもだいたい大阪が本拠地)

運動機会を逃さず活用!

『教えてもらいながらやってみたい!』方は連絡ください

 →→ あるくらぼ歩行研究所

 

ブログ以外にもコンディショニング方法を紹介しています^_^

 →→  お散歩ジムDo your best alone! 自分で体作り・・・ぼちぼち行こう!