「動きたくなる体作り」を提案する

あるくらぼ歩行研究所トレーナーのいしやまです。

 

 

ここしばらくの話題は”腰”であります。

『腰の養生』で大切なことは『腰の筋肉をいかに休ませるか』

 

腰を整えるためにその上下の関節を動かして

骨盤調整を自分でやろうという企画で

やりかたをいろいろ書いています。

 

私の経験では

腰のバランスが崩れると、

膝の上部が痛くなるけど実際骨がどうこうではない、

神経性の痛みが出る可能性があります。

 

腰を治すと、膝も治るパターンです。

急になった痛みが多いです。

 

急になったものはわりと簡単に治ります。

自分で治すことも可能なのです。

 

長いことず~~~っと痛いものは

治るのにもやっぱりそれなりに時間が必要ですし

根本を治しても痛みが残り徐々に治るという

経過が多いようです。

 

腰のバランスが原因の膝痛の場合は

歩いているときに確認できます。

ちょっとやってみてください。

 

膝が痛いほうの腰骨のおへそ側の筋肉あたりを

手でギュッと押しながら歩いてみてください。

腰骨を押してみるのも試してください。

 

痛いのや違和感が軽減されるなら

骨盤の調整で緩和されていきます。

 

ただ単に、

からだの使い方のクセでこうなっているわけです。

クセをとらないといつの日か再発します。

 

ここで

「ストレッチ」と共に「筋トレ」の必要が出るのです。

 

腰が痛い歴の長いかた、

じっくり治しましょう!

 

そんな簡単には治りません。

というか、そんな簡単に治されるとクセが治らない。

からだの他のパーツのことを考えても

自覚して改善していってほしいと

 

ヒジョーに願っております!!

 

なにせ

腰を反らすクセを止めるのがポイントです。

 

わかりにくい方、お教えします!

骨盤調整込みの運動なので

なにかとがんばってくださいね~!

 

中身の滞ってるのを押し出して

めざせ”スッキリ”!

質問はこちらまで!

 

 

いつでもどこでもだれにでも(でもだいたい大阪が本拠地)

運動機会を逃さず活用!

『教えてもらいながらやってみたい!』方は連絡ください→ あるくらぼ歩行研究所