「動きたくなる体作り」を提案する

あるくらぼ歩行研究所トレーナーのいしやまです。

 

 

今回からは腰編です^_^

文字情報で腰がうまくいくのか、心配です・・・。

 

とはいえ最初は、実力診断です。

 

スタンダードに前屈・後屈・側屈がどのくらいできるか

やってみましょう!

 

足は肩幅くらいで、痛くない範囲でやってくださいね!

そして地面からどの辺りまでかは、覚えておいてください。

後屈は、天井の見える範囲で覚えておきましょう!

 

側屈はどこまで手が届くかでOK!

 

結局

 ・お腹が出る

 ・くびれが無い

 ・腰痛

 ・肩こり

の方は、ほとんどこの前屈・後屈・側屈が硬いです。

 

さあ、ぼちぼちと改善していきましょうね!

 

①まずは少し身長が高くなるように

  息を吸いながら背中と首辺りを上に持ち上げます。

 

②その位置を保ったまま(息はしていいですよ!)

  ゆっくり前屈と側屈をしてみましょう!

 

たぶんさっきより多めに動けてると思います。

そして多めに動けたあなたは・・・

 

姿勢を直すだけでいいところを使える可能性が!

=姿勢を直すだけでお腹へっこむ!!!!!

 

さあ、がんばりましょう!

 

 

中身の滞ってるのを押し出して

めざせ”スッキリ”!

質問はこちらまで!

 

 

いつでもどこでもだれにでも(でもだいたい大阪が本拠地)

運動機会を逃さず活用!

『やってみたい!』と連絡ください→ あるくらぼ歩行研究所

 

 

 

 

 

 

AD