「動きたくなる体作り」を提案する

あるくらぼ歩行研究所トレーナーのいしやまです。

 

 

ラップの芯を使った足のケアを書きましたが

そのあとやってほしいのが

 

手のひらで挟んで「揺する」

 

太ももやふくらはぎのお肉を

立ったとき水平になる方向に揺すっていきます。

 

骨の周りを回す感じです。

 

まず、一度立ち上がって足踏みをして

今の状態を確認します(覚えておいてくださいね!)

 

そして座って、おもむろに揺すり始めます。

 

タルタルタルタル・・・

方向は足先方向からからだのほうに向けて揺すっていきます。

最初は硬くてなかなか揺すれない方も多いと思います。

揺すっていると、どんどん柔らかくなって揺すれるようになります。

 

シャカリキにやらないで最低限の力でやりましょう。

なぜかというと『足のケアをしてるうちに肩が凝る』のを防止したいからです^_^

 

腕がしんどいというあなたは、

①足が硬すぎる

②腕が弱りすぎ

・・・どっちかです(笑)がんばりましょう!

 

片方のふくらはぎ1分、太もも1分が済んだら

立ち上がって足踏みして、違いを確認してください。

 

「あら!足が軽い! ・_・」

 

となりましたか?(なったはず)

では残りの足にトライです。

時間は長くやっても全然問題ないです。

1日に何回やってもOK。

2・3日気にして揺すっていると柔らかさが段違いになります。

 

柔らかいところしか、サイズダウンしません!!

 

そして足がポカポカした感覚になっていることを確認してください。

 

べつに調子悪くないよ~!という、体調管理OK!な方も

代謝の正常化・亢進を狙って

のんびりやってみてくださいね^_^

 

中身の滞ってるのを押し出して

めざせ”くびれボディ”!

質問はこちらまで!

 

 

いつでもどこでもだれにでも(でもだいたい大阪が本拠地)

運動機会を逃さず活用! あるくらぼ歩行研究所