「動きたくなる体作り」を提案する

あるくらぼ歩行研究所トレーナーのいしやまです。

 

『腰の養生』が済んだら『腰の再教育』。

おなかのお肉を収納する方法③に引き続き

ここしばらくの話題は”腰”であります。

椅子を使った足と腰を連動させる運動を紹介中!

◎腰回りのサイズが落ちない

◎腰回りが気になる

◎腰が痛い

◎腰が重い

というような場合だいたい腰が硬くて動かなくなっていることが多いです。

そして腰回りのサイズ問題とおなか周りのサイズ問題はセットですね。

 

『腰が硬くて動かない』状態って、確認・特定しにくいです。

・股関節が硬くて動かないのか

・太もも裏の筋肉が硬くて動かないのか

・腰周りが硬くて動かないのか

・どれかの複合か

・全部か^_^

 

やってみましょう!

まずは、立って前屈です。どこまで曲がるか痛めない範囲で確認確認。

どこが曲がってるか、改めて確認しましょう!

 

ではまず

足がつく座面が平らな椅子に座って足を揃えての確認です。

 

①お尻の穴の向きを

  やや前向きから→下を向く→やや後ろ向きに動かしゆっくり戻る

上半身は一緒に前から後ろに動かしてもOKです。

 

できた人は、股関節の硬さはOK!

できなかった人はちょっと足を広げて同じことをしてみましょう。

 

広げてできた人は、ざっくりですが

股関節の硬さはOKで太もも裏が硬いです。

 

広げてもできなかった人は股関節が硬そうです。

 

次におへそでも同じように確認です。

お尻の穴の方向は下向きにして変えずに行います。

 

②おへその向きを

  やや上向きから→前を向く→やや下向きに動かしてゆっくり戻る

  (からだを反らす)→(まっすぐにして)→(腰を丸めていく)

痛めない範囲でゆっくりやりましょう。

どこかにつかまってもOKです。

腰の後ろが『伸びたな~!』と感じた方、とりあえず動きはOK。

背中しか丸められない人は、腰回りが硬いですね。

 

せっかくなので『太もも裏のリラクセーションワーク』もついでに^_^

 

太もも裏を片方ずつ両手の指先で持ち上げて

骨に軽く押し付けて10秒

もう少し股関節に近いところに移動して同じく10秒

さらにもう少し股関節に近いところに移動して同じく10秒

反対側もやりましょう。

 

足が軽くなって、多少前屈がしやすくなってるハズ!

(お尻の穴やおへその向きを変えるとかで多少ストレッチもできてるし)

 

立って前屈がどこまで曲がるか再度確認確認!

 

ざくっとですが、確認できましたか?

あなたの硬いところが

腰回り・おなか周りのサイズに大きな影響を与えています。

ちょっと気にしてみてください・・・

 

太もも裏硬い派の方は、

『太もも裏のリラクセーションワーク』を

日中何回でものんびりやってください。

寝る前もいいです^_^

 

がんばって~~!

 

中身の滞ってるのを押し出して

めざせ”スッキリ”!

質問はこちらまで!

 

 

いつでもどこでもだれにでも(でもだいたい大阪が本拠地)

運動機会を逃さず活用!

『教えてもらいながらやってみたい!』方は連絡ください→ あるくらぼ歩行研究