━━ができてしまっているのが、アニソンと呼ばれるアニメの主題歌と、そうじゃないアニメの主題歌の違い。

 

 

↑めっちゃかっこいい『魔法少女まどか☆マギカ』ED「Magia」

 

 

放送の時間のメインが深夜になった今でも、普段からアニメ関連の仕事をしていない(と思える)アーティストさんが主題歌を務めることはざら。でも、そういった曲を“アニソン”と呼ぶのは抵抗があったりして。

 

昔は、「そのアニメにしか使えない歌はアニソン」だと考えていました。たとえば、歌詞の中にアニメのタイトルが入っているものとか。でも最近、そういったものは少数派。


じゃあ、結局アニソンとはどれが該当するのか?

 

結局、声優さんやアニメのテーマ曲を中心とした曲を手がけている曲をアニソン。それ以外は、ほぼ全部アニソンじゃないってのが正解に近いのかな、と。

 

 

 

↑『博多豚骨ラーメンズ』のOP「ストレイ」。

やっぱりめっちゃカッコいい曲で、歌い手はアニメの主題歌をよく務めている「岸田教団&THE明星ロケッツ」。

しかし、正確にはこちらもアニソン、ではない?

 

 

アニソンだからどうとか、アニソンじゃないからこうとかはないんです。なんとなく、自分の中で境界線が謎になっている。そして、アニメの主題歌でたくさん良い曲があるけれど、普段アニメを見ない人がそれにふれる機会が少ないのがもったいないなと思っちゃうんですよね。

 

てことで、個人的に好きな曲があったらバンバンとご紹介していこうと思います!

 

今回は、上記の2曲に加えてもう1曲。

 

アニメ『ばらかもん』のOPテーマ、SUPER BEAVERで「らしさ」。

 

 

 

メッセージ性溢れる曲で、カッコ良いソングでやんす♪

 

(……以前に紹介したことがある、気も、します、が━━)