最新のパッティング理論を学んできました! | ジュニアゴルフ アジアジュニアゴルフ協会 吉岡徹治オフィシャルブログ Powered by Ameba

最新のパッティング理論を学んできました!

「手首の視点を中心に振り子運動をする!」


 おはようざいます!昨日は、横浜カントリーで知人とゴルフやりました。暑くて大変でしたが、先日大本研太郎プロのパットラボで学んできた最新のパッティング理論を早速実践してみました。。

 ん・・・これは確かに効果ありそうですね・・・ということでブログの読者の方にご紹介しておきます。

てんとうむし大本研太郎プロのパットラボ~you tube~



「フォローで打つ選手はみんな上りが打てなくなる」


まずは、私がレッスンを受けても面白くないので「上りが打てない」という彩未ちゃんを連れて行きました。

 特に1mくらいが打てなくなるというので早速問診からレッスンが始まります。

次に測定。打てない原因をすぐに分析し始める大本プロ。一言で言うと「フォローで打つ選手はみんな上りが打てなくなる」そうです。

 データ的にどの辺に「フォローで打つ」と言う意識が出ているのか?と言うと?大本プロ曰く

「フォローが、テイクバックの2倍以上大きいですね。しかもテイクバックのリズムが遅くて、インパクトを過ぎてもまだヘッドが加速しています。ヘッドの加速はインパクトで0にならないといけません。その辺にフォローでパターを操作しようと言う意識が現れています。」

 だそうです。

 そうなると平坦な場所では打てますが、上りパットになると、みんなフォローで体が浮き上がってきてヘッドが出なくなって来る!とのことです。
 
 ※大本プロの理論では、フォローはテイクバックの1/2でも振り幅でも構わない。





また、フォームも首が落ちているのが気になる様です。パターの上手い選手は、みんな首筋が立っているとのことです。



「パターの軌道は緩やかなインサイドイン軌道」



 これには「パターの軌道は緩やかなインサイドインを描くべきです。」と言う大本プロの持論がまずは大前提にあります。

 そのためには、手首を固定して、インサイドインの弧を描こうとするのはナンセンスだそうです。

 ではどうすれば緩やかな軌道を描けるのかと言うと、「腕がストレート軌道+パターがインサイド軌道=緩やかなインサイドイン軌道」となるそうです。

 言葉で書くと難しいですが、パターのグリップのどこかに支点を置いて、そこから始動して、腕に連動していくといいとのことです。

 実際にグリップエンドあたりを最初に押さえてもらってからパッティングの始動をやってみるとスムーズにヘッドが弧を描きますね!

加速度もインパクトで0、テイクバックのリズムも良くなってきました。この辺の動きは、個人差もあるのでブログを読んで見よう見真似でやらない方がいいですね。



「やってはいけない(NGな)練習方法とは?」


 最後に、やってはいけない(NG)NA練習法を聞いてみると・・・

「言いにくいんですが、例えばまっすぐにストロークしようする練習は、できればやらない方がいいです。」

 「例えば、スティック2本でパターのヘッドを挟んでレールの様にストロークする練習とかは、フェース面が開きやすくなるからNGでしょう。」

 この練習は、やりすぎると逆効果の代表例だそうです。

「でも、これもインサイドインのストロークを基準に考えてイレギュラーということです。なので、また違う理論からすれば、手首の支点を作って始動するというのもNGかもしれないので、その辺は、しっかりとしてコーチにまずは理論を教わってからやってほしですね。」

 また、パターの形状も

「手首に支点を置くという観点からすれば大型ヘッドのパターは使いにくいでしょう。これからはピンタイプや小型のヘッドのマレットタイプのパターを選ぶ選手も増えて来るかなと思っています。」

「物理(力学)VS人間」ですから理論的には良くても人間が出来ないと返って逆効果ということもあるのです。

 とも話していました。何千人ものパッティングを分析してきてこの様な理論を確立してきたので、まずは試してみる価値はありそうです。

 彩未ちゃんも早速、練習が楽しくなるといいですね!