半分、青い。 第87回 | テレビがママ!映画がパパ!~テレビと映画の感想日記

テレビがママ!映画がパパ!~テレビと映画の感想日記

テレビと映画に育てられた昭和世代が今日観て感じたことを書いています。

短期のバイト中のわずか4日間の間に、
鈴愛(永野芽郁)との距離を急速に縮めつつあった
涼ちゃんさん(間宮祥太朗)です。

― あるいは監督(斎藤工)と賭けでもしてたとか?

バイト先に
カレシのいない女の子がいると聞き、
もしその子をバイトしている4日間のうちに落とせたら、
沖縄のロケに一緒に連れて行ってやるとでも
言われたのかもしれません。

女の子などといっても、
その実態は漫画家崩れのアラサー女です。

わけもなく落とせるサと、
涼ちゃんさんはきっとすぐに応じた事でしょう。

まずは、ポエムで誘いをかけてみた涼ちゃんさんです。

アラサー女が飛びつきそうな、
できるだけクっサいポエムをどこかで探し出してきて、
そのまま書き写してわざと残していったら…。

― ナゼか店長(嶋田久作)が食いついてきちゃいました!

どうにも邪魔くさい店長です。

涼ちゃんさんは、
馴染みのキャバ嬢か何かにでもお願いして、
店長を色仕掛けで誘い出す作戦を
思いついたに違いありません。

邪魔者のいぬ間に、
順調に鈴愛のハートを掴みつつあった
涼ちゃんさんです。

いよいよ最終日となり、
その日は朝から雨となりました。

これなら客足もとだえて、
二人きりの時間を過ごせると思っていたら…。

ナゼかそこに突然降って湧いて出てきたのが、
常連客のババア(鈴木のばっぱ)です。

― あるいは監督の差し金でしょうか?

奥の部屋まで入り込んできて、
居眠りなんかし始めてしまいました。

何とかババアを追い返そうと、
ババアの欲しがってた万華鏡を
必死になって組み立てていた
涼ちゃんさんです。

焦って何度も失敗したあげく、
ようやく完成させておりました。

>うわ〜きれい…。
>涼ちゃん、私にも作ってよ、万華鏡。

リクエストに応じて、
4個目の万華鏡キットを購入したあとで、
店を閉めてからギター弾きながら歌を歌い始めたという
涼ちゃんさんです。

― 俺のギターと歌で落ちなかった女はいない!

とばかりに得意になって歌っておりました。

でも、
『東京ラブストーリー』の歌は喜んで聞いてくれてたけど、
『ロンバケ』の歌にはまるで興味がないようでした。

― 笑顔の消えていた鈴愛です。

もうすっかり退屈して、
万華鏡なんか覗き始めておりましたとサ!

 ~NHK 連続テレビ小説「半分、青い。」第87回より

【今日の勘どころ】

>知らない?
>ちょうど漫画の仕事で忙しかった時だよ…。

苦しい言い訳をしていた
涼ちゃんさんです。

― 俺のギターと歌では落とせませんでした。

ならば、
次は踊りで!と、
雨の中でズブ濡れになりながら
一生懸命になって踊っておりました。

>『雨に唄えば』知らない?

酔った勢いで
一緒に踊り始めた鈴愛を抱きとめて、
どさくさ紛れに耳元で囁いた
涼ちゃんさんです。

>好きです、鈴愛さん。

唖然とする鈴愛の顔が、
アップで映し出されました。

― カ〜ット!はい、オッケー!

その瞬間、
物陰から突然カメラを手にした元住吉監督が現れて、
イイ画が撮れたとばかりに満足そうにOKを出しましたとサ!
みたいな事になったりして…。

 


↓お楽しみ頂けましたなら押してみてください。

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ にほんブログ村


連続テレビ小説 半分、青い。 Part1(NHKドラマ・ガイド)

 

こちらで映画・テレビ・音楽・オーディオ・文学の知的薀蓄コラムサイトもやってます↓

変身!テツガくん~どんなことでもカッテに哲学しよう!|映画・テレビ・音楽・オーディオ・文学の知的薀蓄コラムです

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス