半分、青い。 第84回 | テレビがママ!映画がパパ!~テレビと映画の感想日記

テレビがママ!映画がパパ!~テレビと映画の感想日記

テレビと映画に育てられた昭和世代が今日観て感じたことを書いています。

今日から100円ショップ『大納言』で

短期のアルバイトを始めたという
涼ちゃんさん(間宮祥太朗)です。

― いきなりバイト仲間の女の子とおしゃべりをし始めてました。

開店前の準備中に、
動物占いの話なんかで盛り上がっておりました。

 

やはり、
いつもバイト先で
こうやって女の子をナンパしまっくたり
しているのでしょうか?

 

自分の事は、
“涼ちゃん”と呼んでくれ!などと言ってる
涼ちゃんさんです。

>年上の女の人はみんなそう呼ぶんで…。

あるいは、
他にも幾人もの年上の女の人と同時にお付き合いしていて、
>涼ちゃん、
>これ少ないけど取っておいて…。
>いーから!いーから!
ナンテ言われながら、
おこづかいでも頂いているのかもしれません。

“年上”などと勝手に決め付けて、
女の子にちょっとムカつかれたようなので、
「ふだん、あんま女の人見ないんでわからないんス」などという
訳のわからない言い訳をしておりました。

…ふだん、あんま女の人見ない?

ふだん、
年上の女の人から“涼ちゃん”なんて呼ばれてるのでは?

バックヤードでこっそり聞き耳を立ててた
店長の田辺(嶋田久作)がちょっぴり疑問に思ってたところへ、
いきなり電話のベルが鳴り出したようでした。

― あっ、ヤバっ!と店長の田辺は咄嗟に思ったことでしょう。

このままでは盗み聞きをしていた事がバレてしまいます。

慌てて電話をガチャ切りしたあとで、
すぐに仰向けに倒れて死んだふりをしておりましたとサ!

みたいなお話だったりして…。

 

 ~NHK 連続テレビ小説「半分、青い。」第84回より

【今日の勘どころ】

>どっちだ?どっち。どっち、どっち、どっち。

2つ並んだモニターの画面を見比べながら
大いに迷っていたという
元住吉祥平監督(斎藤工)です。

右側の画面には“かたつむり”が、
左側の画面には“ボルトとナット”が映っておりました。

― 目下『追憶のかたつむり2』を制作中の監督です。

しかし待てよ!と…。

ヤッパ“2”は“1”よりつまんねーよナ!
なんて言われはしないかと、
ちょっぴり不安になってきたに違いありません。

― そこで新たに思いついたのが『電球とソケットの恋』でした。

電球くんとソケットさんが、
様々な困難を乗り越えながら
ようやく一緒になってくっ付いたとたんに、
まばゆい光を放ちながら激しくスパークしましたとサ!
などという、
見ようによってはちょっとエグいお話です。

でも、
電球はたまたま買い置きがありましたが、
どうもイメージに合うソケットが手元にありません。

>100均にだったら、きっと置いてあるんじゃないか?

そう思って、
助監督に買いに行かせたら、
100均にはソケットは売ってませんでしたと言われて、
だったらこれなら100均にもあるだろう!と、
代わりに買ってこさせたのが、
ボルトとナットです。

でも、
ボルトとナットだとあまりに地味すぎて、
くっ付いてもイマイチ盛り上がりに欠けるよナと、
大いに悩み始めていたところでしたとサ!
みたいなお話です。

…たぶん。

 


↓お楽しみ頂けましたなら押してみてください。

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ にほんブログ村


連続テレビ小説 半分、青い。 Part1(NHKドラマ・ガイド)

 

こちらで映画・テレビ・音楽・オーディオ・文学の知的薀蓄コラムサイトもやってます↓

変身!テツガくん~どんなことでもカッテに哲学しよう!|映画・テレビ・音楽・オーディオ・文学の知的薀蓄コラムです

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス