テレビがママ!映画がパパ!~テレビと映画の感想日記

テレビと映画に育てられた昭和世代が今日観て感じたことを書いています。

上京してすぐに、
向かいの部屋に住む男(中村倫也)と知り合った
リツ(佐藤健)です。

>あっ、朝井正人です。
>西北大学の1年生です。

とか言いつつ、
とても上京したばかりの学生とは思えない、
すっかり都会生活に馴染んだ暮らしぶりをしておりました。

― もしかして、この部屋に来た時だけそう名乗ってるとか?

西北大学の学生だとかいって女の子に近づき、
この部屋に連れ込んでから、
バレないうちにさっさと捨て去る…みたいな?

>えっ、嘘!俺も西北。
>マジ?学部どこ?
>理工。
>俺、法学部。へえー奇遇。

リツが同じ西北大学だとか言ってきたので、
きっと咄嗟に違う学部名を口にしたのでありましょう。

理工学部と法学部では
キャンパスが全く違う場所にあるので、
まずバレることはあるまいと思ったに違いありません。

― 北海道からやって来たなどと言ってます。

女の子を口説く時には、
自分は北海道で競走馬を育成する牧場を営むお金持ちのボンで、
西北大学に入るために上京してきたのだとか、何とか、
言っているでありましょう。

もし大学の事を聞かれたら、
あ〜ゴメン、俺まだ入ったばっかでよくわかんなくって…、
とかいってテキトーにゴマかしてるに違いない
朝井正人です。

>でも、北海道出身なのに全然なまってないよネ!

ナンテ言われて、
疑われたりしないように、
一文節ずつしかしゃべらないようにして
なんとかバレないようにしておりましたとサ!
みたいなお話です。

…たぶん。

でも、
そんな遊び人のナンパ師が、
どーしてリツなんかを部屋に招き入れたのか?

― もしかして“二刀流”!?

東京にやって来て初めての晩が、
忘れられぬ一夜となりましたとサ!
みたいな話になったりして…。

~NHK 連続テレビ小説「半分、青い。」第36回より

【今日の勘どころ】

あの美味しい五平餅が、
実は鈴愛(永野芽郁)ではなくて、
おじいちゃんが作っていたのだと知ってびっくりぽん!の
秋風羽織(豊川悦司)です。

― だまされた!と思ったことでしょう。

五平餅が作れるというから、
アシメシとして雇ってあげた上に、
タダで漫画を勉強させてやろうと思ったのに…。

>じゃ、何のためにお前を雇ったんだ!?

そー言ってやったら、
>話が違う!
>私をだましましたね!
などと言って逆ギレしてきやがりました。

― とんでもない我がまま娘です。

いったい、
親はどんな躾をしてるのか?と思ったら、
よく考えてみると、
せっかく好待遇で雇ってあげたのに
親はあいさつにも来ていません!

そんな親だから、
こんな娘が…と思ってるうちに、
今度はナント大事な原稿を持って、
窓の外に突き出したりしてきやがりました。

>このまま、ばらまきます!

いや別に外にばらまいても、
あとで拾いに行けばイイだけの話なんだけども…。

コイツがあんまりバカで、
おもしろそーな事になりそうだから、
もうちょっと付き合ってあげるかと、
秋風羽織が思ったとか、
思わなかったとか…。

 


↓お楽しみ頂けましたなら押してみてください。

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ にほんブログ村


連続テレビ小説 半分、青い。 Part1(NHKドラマ・ガイド)

 

こちらで映画・テレビ・音楽・オーディオ・文学の知的薀蓄コラムサイトもやってます↓

変身!テツガくん~どんなことでもカッテに哲学しよう!|映画・テレビ・音楽・オーディオ・文学の知的薀蓄コラムです

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。