半分、青い。 第35回 | テレビがママ!映画がパパ!~テレビと映画の感想日記

テレビがママ!映画がパパ!~テレビと映画の感想日記

テレビと映画に育てられた昭和世代が今日観て感じたことを書いています。

秋風羽織(豊川悦司)の事務所に入って、
“メシアシ”をやらされる事になった
鈴愛(永野芽郁)です。

ご飯を作ったり、
お掃除をしたり、
時には秋風先生の死んだペットのお墓参りなんかも
させられておりました。

>そちらから“マリリン”、“ちまき”、“うさぎ”、“ルティア”…。

― やはり、鈴愛も死んだらその隣に埋められるのでしょうか?

何を血迷ったか、
岐阜に行って猿1匹拾ってきたという
秋風先生です。

死ぬ前には肖像画を描かせて、
いずれ犬やうさぎと一緒に
リラクゼーションルームに
飾らせたりすることになるかもしれません。

リアルな感情を味わうためには、
自分の家にも火をつけるという
秋風先生です。

先生にとっては作品がすべて…。

― 作品のためなら何でもします!

>だから、僕の事もこうして雇ってくれるの。
>ほら、僕ってゲイじゃない?

リアルな感情を味わうために
いったいゲイのボクテ(志尊淳)に
何をするというのか?

>お母ちゃん、ここはすごい!
>ここにはゲイもおる。

生まれて初めてゲイを見て
びっくりぽん!の鈴愛です。

>ゲイやゲイ!
>今までテレビや物語の中でしか会った事がなかった!

ナンテ言っておりましたが…。

ただカミングアウトされてなかったというだけの事で、
実はリツ(佐藤健)も、
草太(上村海成)も、
もちろんブッチャー(矢本悠馬)も、
そしてなんとクラゲ先生まで、
まわり中が皆ゲイだらけでした!
みたいな話になったりして…。

~NHK 連続テレビ小説「半分、青い。」第35回より

【今日の勘どころ】

リツが悪い事をしないように、
ちゃんと見張っているようにと、
亀のフランソワにお願いしていた
ワコさん(原田知世)です。

>チョッ、待てよ!悪い事って…。

― やはり、男を連れ込んだりすることでしょうか?

>おかあさんはね、
>あなたのおかあさん、
>20年近くもやってるの。

リツが黙っていても、
気づかぬはずがありませんでした。

>あっ、そうそう。
>鈴愛ちゃん、近所だから。

親たちの策略により、
鈴愛の近所に住む事になったリツです。

しばらくは、
鈴愛に電話番号を伝えないでおこうなどと
思ったようでした。

― 無駄なことです。

きっとまた朝早くにやって来て、
窓の外から笛をピーピー鳴らされることになるでしょう。

>リツ〜!
>ピー!ピー!ピー!

― 大都会のど真ん中で迷惑な話です。

今度こそ、
ぶっ殺されるかもしれないでしょう!

 


↓お楽しみ頂けましたなら押してみてください。

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ にほんブログ村


連続テレビ小説 半分、青い。 Part1(NHKドラマ・ガイド)

 

こちらで映画・テレビ・音楽・オーディオ・文学の知的薀蓄コラムサイトもやってます↓

変身!テツガくん~どんなことでもカッテに哲学しよう!|映画・テレビ・音楽・オーディオ・文学の知的薀蓄コラムです

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。