☆☆駅兄の駅めぐり旅日記☆☆

全駅制覇をめざして活動する大学生の駅巡り旅日記

☆☆EKIANIの駅巡り旅日記☆☆にようこそ!


このブログでは、将来的に日本の全駅制覇を目指して活動する、


地道な駅巡り旅の様子や、訪問した各駅の様子をご紹介いたします!>

 


 


最新記事についてはこちらをご覧ください。


テーマ:

2015年12月29日(火)天気・・・晴れ

 

次は、福島駅から1駅進んで野田駅へ。

 

 

大阪環状線改造プロジェクトに伴い、野田駅にも黒色の駅名標が設置されました。

 

↑ホーム(西九条・弁天町方面) 1面2線。

ホームは福島駅と似ていますが、

梅田から離れた分、周囲の風景は少しずつ大人しくなっています。

 

大阪環状線活性化プロジェクトの一環として、

ホーム上屋の支柱は黒色に塗り替えられました。

 

ホーム上屋の支柱を暗い色合いにすることによって、

案内サインを目立たせることができ、「分かりやすい駅」を実現する効果があるそうです。

 

↑ホーム(大阪・京橋方面)

たしかに以前よりも案内サインがくっきり見えるようになった気がします。

 

野田駅は都市部によくあるような高架駅の構造で、

2階にホーム、中2階にTSUTAYA改札口、1階に改札口があります。

 

↑野田駅は改装工事の真っ最中らしく、

吊り天井が撤去されていて真の天井がむき出しになっていました。

 

↑吊り天井が無くなるだけでだいぶ雰囲気変わりますね。

 

 

↑中2階にあるTSUTAYA改札口への通路。

段差がありバリアフリーではありません。

 

↑TSUTAYA改札口(奥が改札外)。

野田駅にはTSUTAYAに直結している改札口があります。

電車を降りてTSUTAYAへ~というときに便利です。

自動精算機やインターホンも無いので精算が必要なきっぷや青春18きっぷでは出場できません。

 

↑改札内から見た改札口。

こちらが正面側の改札口です。

自動精算機は1台。化粧室も改札口のすぐそばにあります。

 

↑化粧室・エレベーター付近。

化粧室のまわりだけ先行リニューアルされたようで、ピカピカな仕上がりでした。

照明もLEDで明るいです。

 

↑改札口。

この付近の吊り天井も撤去されていました。

リニューアル工事完成後、野田駅がどう生まれ変わるか楽しみですね。

 

↑吊り天井は撤去されましたが、国鉄型の案内サインはしぶとく生き残っていました。

 

↑野田駅(南口)

幅の広い道路に面しているので駅舎全体を見渡すことができます。

ロータリーなどは一切ありません。

 

↑野田駅(北口)

北口はとても細い小道に面しており窮屈です。

線路も道路上へ迫り出しています。

こんな通りでも人通りがかなりあります。

 

関連記事(野田駅)

2014年3月16日の野田駅(吊り天井撤去前・駅名標更新前)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2015年12月29日(火)天気・・・晴れ

 

この日は18きっぷで大阪へ。

大阪駅に9時頃到着し、大阪駅からJR大阪環状線に乗り換えて福島駅へ。

 

福島駅は大阪駅から1駅目のところにある駅です。

 

JR大阪環状線改造プロジェクトに伴ってリニューアルされた駅名標。

 

 

綺麗で使いやすい駅が多い東京のJR山手線に比べ、JR大阪環状線はなんだか古めかしい駅が多く、

日本の第二の都市である大阪に相応しい路線であると言えるかは正直微妙なところでした。

 

そこで立ち上がったのが「大阪環状線改造プロジェクト」

「明るい」「きれい」「分かりやすい」を基本コンセプトとして全駅の美装化を行い、

「行ってみたい」「乗ってみたい」路線に生まれ変わらせようとするものです。

 

福島駅では駅の改装工事に先立ち、環状線オリジナル仕様である黒色駅名標が設置されました。

 

 

↑ホーム(大阪・京橋・鶴橋方面) 1面2線。

雑居ビルなどに囲まれたいかにも都会らしい駅です。

利用者も多く賑わっています。さすが大阪駅の隣駅だけありますね。

 

そんな大都会の駅ですが、意外にもエスカレーターは設置されていません。

でもエレベーターはあるのでバリアフリー面はバッチリです◎

 

↑ホーム(西九条・天王寺・桜島方面)

ホーム上屋は端から端まで整備され、雨の日も乗降に支障ありません。

今後、大阪環状線改造プロジェクトの一環でホーム上屋支柱の塗り替えなどが行われると思われ、

水色の支柱が見られるのは今のうちかもしれません。

 

↑泥酔客の線路への転落を防ぐため、福島駅でもホームのベンチの向きが変えられていました。

泥酔脚はベンチに座ったあと、突然立ち上がってそのまま真っ直ぐ歩き線路へ転落するというパターンが多いらしく、

その対策としてベンチの向きを線路と垂直にしたということです。

 

最近、JR西日本の駅はこういう向きのベンチばかりになってしまいました。

 

 

 

 

 

福島駅は2009年10月4日にJR大阪環状線運行管理システム導入に伴って発車標が設置されていました。

当時の福島駅は普通電車しか停車しない駅だったため設置されたのは野田駅などにあるような小型発車標でした。

しかし、その3年後の2012年に福島駅は快速停車駅に昇格し、

それに伴って従来の小型発車標はたった3年でお役御免となりました。

 

↑そして快速停車駅昇格に伴ってこの大型の発車標が設置されたというわけなのですが、

たった3年で発車標を更新してしまうなんてなんだかもったいないですね。。

 

↑改札内から見た改札口。

ホームは2階、改札口は1階にあります。

自動精算機は通路を挟んで左右2台設置されていました。

そのほかSMART ICOCA専用のチャージ機もあります。

 

↑改札口。

都会の駅らしく自動改札機は端から端まで万遍なく押し込められています。

東京と違ってICカード専用改札機の比率がそこまで多くないのが救いです。

そのうち東京みたいになるのかもしれませんが。

 

発車標はありますが、かなり奥のほうに設置されていて、

改札外からだと場所によっては柱に隠れてしまいよく見えない部分もあります。

 

↑自動きっぷうりば。

近距離券売機が4台、みどりの券売機が1台です。

 

↑福島駅(南口)

典型的な都会の高架駅です。

駅周辺は繁華街になっていて飲食店がたくさんあります。

 

↑福島駅(北口)

高架駅なのに駅を出ると踏切があるという不思議。

この踏切はJRの梅田貨物線で、貨物列車や特急はるか号・くろしお号などが通る線路です。

 

次回は1駅進んで野田駅へ行きます。

つづく

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2015年12月24日(木)天気・・・晴れ

 

次は、茅ケ崎駅へ。

茅ケ崎市の中心部にある駅で、1日あたり5万人以上の乗車人員数を誇ります。

JR東海道線とJR相模線の2路線が乗り入れていて、乗換駅としての機能もあります。

 

 

 

↑ホーム(小田原・熱海・沼津方面) 3面6線。

ホームの熱海寄りに橋上駅舎が建っています。

1・2番線はJR相模線ホーム、3~6番線はJR東海道線ホームです。

このうち3・4番線はライナー列車専用で、発着時間以外はホームが閉鎖されています。

 

茅ケ崎市は桑田佳祐の出身地で、

茅ケ崎駅の発車メロディもサザンオールスターズの「希望の轍」です。

地域にあわせたご当地発車メロディはなかなか面白いですね。

 

↑跨線橋。

橋上駅舎とは別に跨線橋があります。

ここにエレベーターが設置されています。

橋上駅舎だけだと利用者が一か所に集中して混雑してしまうので、

こういった跨線橋の役目はけっこう大きいと思います。

 

↑跨線橋から橋上駅舎までを結ぶ通路。

スロープで繋がっています。

 

↑自動精算機は2台。

 

↑Suicaグリーン券売機はホーム上だけでなく、橋上駅舎の改札内にも設置されていました。

 

↑改札口。

1985年オープンの橋上駅舎なのでそこまで新しくないですが、

駅舎内部はきれいに改装され、まるで新駅舎と錯覚しそうなぐらいきれいな駅舎でした。

 

↑自動きっぷうりば。

ライナー券売機まであるのは湘南ライナー・ホームライナー停車駅ならではですね。

ただ、ライナー列車が運行されない時間帯はこの部分だけ閑散としています。

 

↑自由通路。

とても幅が広くてゆとりあります。

多くの人で行き交っていました。

百貨店や飲食店とも繋がっているのでお買い物もできます。

 

↑茅ケ崎駅(北口)

こちらがメインの出入口です。

ラスカと呼ばれる巨大な駅ビルです。

 

↑茅ケ崎駅(南口)

巨大な北口とは打って変わり、こちらは平凡な橋上駅でした。

 

このあとひたすらJR東海道線を乗り継いで愛知県へと帰りました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

おわり

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

2015年12月24日(木)天気・・・晴れ

 

新大久保駅からJR山手線に乗り、品川駅でJR東海道線に乗り換え、

次にやってきたのは川崎駅。

 

途中、新宿駅で電車がオーバーランするというハプニングもありましたが、

すぐに運転再開しました。

 

 

 

↑ホーム(横浜・熱海方面/横浜・関内方面/登戸・立川方面) 3面6線。

1・2番線がJR東海道線、3・4番線がJR京浜東北線、5・6番線がJR南武線のホームです。

 

ホームの中央部に大きな橋上駅舎が建っています。

 

↑ホーム(東京・上野・大宮方面)

川崎駅では橋上駅舎を増床する工事が行われていて、東京寄りに北改札口が設置される予定です。

まだ骨組みだけですが、増床部分の橋上駅舎が徐々に姿を現してきています。

 

増床部分の橋上駅舎は乗り換え専用通路として暫定的に先行使用されていました。

 

↑乗り換え専用通路への階段。

ホームの一番東京寄りにあります。

 

↑階段部分。仮設状態なので質素な内装です。

改札口には繋がっていない階段なので人通りはほとんどありませんでした。

 

↑仮設のりかえ専用通路内部。

将来北改札口が設置される場所だからそれなりに広いのだろうと想像していましたが、

予想外の狭さで驚きです。

 

↑と思ったら途中からいきなり広くなります。

正面の階段を降りればJR京浜東北線ホームです。

さらに左奥へ進むとJR南武線ホームへの階段があります。

 

仮設通路なのにLED型の案内サインが設置されてるって、凄いですね(驚)

 

↑一番奥のあそこの階段を降りればJR南武線ホーム。

と、思いますよね??

 

↑階段を降りた後もご覧のような長い通路を歩きます。

JR南武線ホームは遠かった…。

さぁ、あのカーブの先にホームがあるのだろうな。

 

↑と思いきや、まだまだ通路は長かった!!!!

JR南武線ホーム、遠すぎです。。。

 

まぁ、仮設のりかえ専用通路がある位置はホームの一番端っこ。

JR東海道線は最大15両、JR京浜東北線は10両なのに対しJR南武線はたった6両なので、

これだけのりばが遠いのも無理ないでしょうね。

 

JR南武線ホームから見たのりかえ専用通路への入口。

電車がとまらない場所には転落防止の柵が設置されていました。

案内サインも小さいのでのりかえ専用通路があることに気づかないかもしれません。

 

ちなみにこのほか、ホームの横浜寄りにも別ののりかえ専用通路があります。

 

つづいて、ホーム中央部の橋上駅舎に入ってみましょう。

 

↑改札内コンコース。

1日20万人以上の乗客数を誇る巨大ターミナル駅で、

改札内もかなり広くつくられていますが、それでも人で埋め尽くされてしまうほどです。

 

↑橋上駅舎内でもリニューアル工事が行われています。

 

↑改札内の各階段で工事が行われていました。

なんの工事か詳しいことは分かりません。

吊り天井の耐震補強工事かもしれません。

 

↑発車標。

JR東海道線の発車標だけやけにデカい。

しかもかなりの年代物のよう。

 

↑自動精算機。

たくさん並んで、まさにターミナル駅らしい配置です。

 

↑自動改札機も、ズラーッ!

 

↑改札口。

人が多すぎてまったく見えませんね。。

超巨大ターミナル駅ですが、この当時改札口は1か所しかなく、混雑が慢性化しています。

そのため、新たに北改札口を設置する工事が行われているというわけです。

 

↑改札口も工事中でした。

 

↑自動きっぷうりば。

運賃表がとてつもなく大きくて見やすい印象です。

 

↑自由通路。

巨大なアーチ状の窓のおかげで日差しが降り注ぎ、とても明るいです。

気分も、晴れやかになります。

 

↑自由通路の一番西側はラゾーナ川崎に直結しています。

ラゾーナ川崎まで雨に濡れずに行くことができるのは、便利ですね。

お買いものが終わった後でも、外に出ずに駅まで来れるので、

買い物後の重い荷物を持ったときでも安心です。

 

↑川崎駅(西口)

西口はどちらかと言うと裏口にあたるほう。

それに加え、西口の利用者の大半はそのままラゾーナ川崎に行ってしまうので、

駅前の道路はターミナル駅にしてはあまり人通りは多くありません。

 

↑川崎駅(東口)

こちら側は凄いです。

大きなガラス張りのゲートが出迎えてくれます。

 

京急川崎駅はここから徒歩3分ほどの場所ですが、

JR川崎駅から京急川崎駅までは微妙に道が複雑で、

何年か前に京急線からJR線に乗り換えようとしたときは道に迷いかけました(汗)

 

川崎駅、北改札口がオープンしたらまた再訪問しようと思います。

 

JR東海道線に乗り、次回は6駅先の茅ケ崎駅へ行きます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2015年12月24日(木)天気・・・晴れ

 

 

新宿駅からJR山手線に乗り1駅、新大久保駅に到着です。

新大久保といえば、コリアタウンですね。

さすが、駅も利用者も韓国人率が高いです。

 

↑ホーム(池袋・田端・上野方面) 1面2線。

JR山手線だけがとまる駅ですが、すぐ横にはJR湘南新宿ラインやJR埼京線が走っており、

さらに奥には西武新宿線も並走しています。

 

新大久保駅には2013年9月に可動式ホーム柵が整備され、ホームの安全性が向上しました。

 

↑JR東日本初期の案内サインが未だに残っていました。

コリアタウンの最寄駅とはいえ、案内サインは日本語と英語しか書かれていません。

 

↑新大久保駅では、

2001年1月26日19時過ぎ、酒に酔った男が線路に転落し、

男を助けようとして線路に入った韓国人留学生が電車にはねられ死亡するという痛ましい事故が発生しました。

 

今は非常停止ボタンを押せば簡単に列車を止めることができますが、

当時は非常停止ボタンは一応設置されていたものの、客がまともに押せるような場所に設置されていなかった時代。

とっさのときは自ら線路に入らなければ救出できないという状況。

 

自らの命を捨ててまで男性を助けようとした留学生の勇敢な行動にはただただ頭が下がります。

このような事故が起きてしまったのは本当に残念。

 

この事故は日本全国の駅に非常停止ボタンが設置されるきっかけとなり、

5年後の2006年度までに全国およそ1700駅のホームに非常ボタンが整備され、

一般客でも簡単に列車を止めることができるようになりました。

 

この事故を風化させないために、新大久保駅には上の写真ような碑が設置されています。

 

 

↑新大久保駅はJR山手線で唯一エレベーターが無い駅です。

その代わり、階段に車椅子昇降機が設置されています。

 

新大久保駅は今の構造ではエレベーターやエスカレーターの設置が不可能なんだそうです。

しかし、駅舎の建て替えに伴い、エレベーターのみ設置が実現する見通しとなりました。

東京オリンピック開催の2020年までには間に合わせたい方針だそうです。

 

↑自動精算機。2台あります。

「韓流と異国情緒の街へようこそ」と書かれた看板が出迎えてくれます。

 

↑改札口。

JR山手線は運転本数が多いため、発車標は設置されていません。

 

↑自動きっぷうりば。

狭い駅舎ですが券売機はけっこうありました。

 

↑指定席券売機は2台あり、その横にはATMもあります。

駅にATMがあるのはとても助かるのでどんどん普及していってほしいところです。

 

↑新大久保駅。

新宿の隣の駅とは思えないぐらい質素な駅ですが、

2020年に4階建ての駅ビルへと変身する予定です。

当初はもっと早く工事を開始する予定だったのですが、

JRと周辺土地所有者がもめた影響もあり、完成予定がオリンピックぎりぎりになってしまいました。

 

駅前は多くの韓国人が行き交っており、日本にいる気がしません(笑)

JR中央線の大久保駅はここから300メートルほどの場所にあり、とても近い。

 

新大久保駅を出てJR線と西武線の高架をくぐり、東新宿の方面へ歩くとすぐにコリアタウンです。

韓流好きにとってはたまらない街かもしれません。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。