2015-05-31 05:59:52

日活ロマンポルノ史 花柳幻舟伝説

テーマ:映画(日活)
前回、芹明香が何度か逮捕されたと書いたが、正確には三度である。いずれも覚醒剤取締法違反(76~78年)によるもので、最初は執行猶予付きだったのだが、短期間に三度目の逮捕で実刑判決となり、栃木刑務所に収監されている。
芹が栃木刑務所にいた時に、三人のロマンポルノスターが顔を揃えた時期があったという。
一人はひろみ麻耶で、77年に大麻取締法違反、79年に覚醒剤取締法で実刑判決を受け、栃木刑務所に収監された。
彼女はヌードモデルをしていたときに、日活にスカウトされ「実録ジプシー・ローズ」(74年)で主役デビューしている。後にフリーとなり東映のヤクザ映画などに出演した。
そして、もう一人が花柳幻舟である。彼女をロマンポルノスターというのはおかしいかもしれないが、「(秘)色情めす市場」では芹と親子の役を演じているのである。年齢非公開となっているが、戦時中の2歳の時に初舞台を踏んだとあるので、昭和10年代の生まれということになるのだろう。
彼女は薬物ではない。80年に花柳流家元三代目の花柳寿輔を包丁で切りつけ傷害現行犯で逮捕され、その年に栃木刑務所に収監されているのである。
その動機だが、彼女は18歳で結婚し家父長制に直面し、夫から自立するために日本舞踊花柳流に入門し、花柳流名取となったが、今度は家元制度に疑問を感じ、打倒家元制度を掲げ、寿輔を襲撃したという。本人に恨みがあったかどうかはよくわからないが、家元だからという理由であれば、寿輔には災難であった。
実はその獄中生活を描いたドラマが存在する。その名も「花柳幻舟獄中記」(84年)という二時間ドラマで、主演は幻舟本人である。他の出演者は児島美ゆき、宮下順子、芦川よしみ、加茂さくら、中原早苗、白川和子、三條美紀など。
翌85年には、その続編である「花柳幻舟獄中記Ⅱ~女子刑務所花の同窓会」が放送されている。こちらは幻舟の他、萩尾みどり、奈美悦子、園佳也子、誠直也、河原崎長一郎らに加え、漫画家・池田理代子、作家・阿佐田哲也も顔を見せている。
その後の幻舟だが、根本的には天皇制が悪いという考えにたどり着き、90年天皇即位礼の祝賀パレードにおいて、天皇のオープンカーに向かって点火した爆竹の束を投げつけて現行犯逮捕されるという事件を起こしている。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

tetsu8さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■Re:ポルノ

>事件を起こす人の割合は大きいようですね。精神的に不安定になる仕事ということですかね。

1 ■ポルノ

偶然なんでしょうが、ポルノ女優って何かと事件を起こしますね、特に薬絡みが多いですね、今も小向美奈子が入ってるし

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。