「農福連携」に取り組む | 神奈川県議会議員 山本哲オフィシャルブログ 「懸ける思い」 

神奈川県議会議員 山本哲オフィシャルブログ 「懸ける思い」 

神奈川県議会議員 山本哲の「懸ける思い」を発信していきます。
繋ぐ 連携から生まれる確かなまちづくり まちに夢を 子どもに未来を 希望にきらめく明日は来る 町の経済復興から誰もが安全で安心して暮らせる元気なまちへ!

応援よろしくお願いいたします。

日曜日に「農福連携」で色々とご意見ご指導を頂いている町民の方と、横浜市泉区の「ファールニエンテ」に🚙💨

「農福連携」とは農業分野と福祉分野が一体となって行われる取組で、障がい者や生活困窮者ほかの働き口の創出と、農業分野での高齢化や働き手不足、後継者問題の解消、耕作放棄地の活用が期待されています。


「ファールニエンテ」は、障がい福祉サービス事業所で、ピザやパスタを中心に敷地内の畑等で育てられた野菜等を使って料理を提供するレストランや、パンの販売、お花や野菜の販売がされています。お店は開店と同時に人の列が出来るほどの大盛況。駐車場もあっと言う間に一杯に。食事と場内見学を致しましたが、人の並びは途切れることはありませんでした。そして、そこで働く障がいを持つ人、持たない人のそれぞれの”やりがい”が伝わってきます。食事は2種類のピザを2人で頂きましたが、大変に美味しくボリュームも満点で満腹です。


昨日、神奈川県議会では会派による代表質問が行われ、我が会派からは柳下剛(横浜市緑区選出)政調会長がトップバッターで登壇致しました。