今年は、地の利を生かした
アウトドアなパン教室講師を
真夏に4回
真冬に1回
やりました☆
(しかもピザばかり焼いていたので  ピザ職人と間違えられたりして、、、汗
2019は、もうちょっと  パン作りのご報告をしないとな♪)
↑こちらは、定番?!  その後の  焼きマシュマロ
の時の写真ですね♪


↑こちらは、ダッチオーブンで焼いたピザ。
こちらも  ものすごい  放射熱です(^^)
温度だけではない、熱量というものを実感する体験です☆

↑ん?  この班のおき火は、ちょっと燃え過ぎだけど。


火おこしも  子ども達にとっては  愉しい 学習です。
『火を操ること』実は、こちらも  人間のDNAに組み込まれているなぁ、と思わざるを得ません。ワクワク感が薄っぺらいものではなくて、細胞レベルで  なんだか
生き返るような(笑)心の根底からワクワクします。
火のゆらぎを見ると  安心します。
火おこし体験は、長谷川朋之さんのレクチャーで進みました♪


*****
パン教室講師からすると、(より美味しい生地を追求していくと)タブーもあるかもしれませんが
【まずは  楽しく  気軽に  手軽に  たのしめること】
これが大切だなぁ、と最近  思います。

しかも、前は【絶対にこれは駄目でしょ!】というものも
違う角度から見て、理論的にも  こっちの方が簡単で確実✨というものもある。

そんなことも  TPOに合わせて、求められる場所で
提案出来ていけたら、と思っています。

 地の利を活かして
愉しい暮らし  をするのに  
こんな焼成も  愉しいですよ。どんな焼成をするのか、で
生地の配合、成形  が  変わってきます。(^^)
普通に春とか秋とか  穏やかな季節に  やれたらいいな、、笑

初めて  ビニル袋の中での捏ねをやりました♪
メリットもありますね(^^)
その時に  何が一番欲しいのか。




サプライズで  サンタさんも来てくれました♪

竹もりの里さんが  竹灯籠を下さいました。ステキな灯りです✨


非日常感を  たっぷり味わえた  体験でした♪


こちらの写真は、明日オープンする、
コミュニティカフェ  まきば (長南町芝原2117  旧御園生商店)
のオープニングイベントのメニューの細かい部分についての打ち合わせのもの。


『なるべく近くの産地の食材を使いたいの』

『もともと商店をしていたんだけど、昔は  よくおばあさんやおじいさんがアイス食べながら、井戸端会議しててさ。そういう場所を作りたいのよ』

『小さいお子さんを連れてるママが、気兼ねなく行かれるお店も
なかなか無いのよね。そういう場所になれば。』

『でもお店に来た方が、おじいさんおばあさんばかりだったり、
赤ちゃん連ればかりだと  驚くかもしれないから、
曜日で分けようと思って』

『使ってない曜日は、レンタルスペースとして  貸し出しも』

町の管理栄養士さんを長いことして下さっている  御園生さんが
コミュニティカフェ  まきば  を明日オープンされます。
お子さんも楽しめるイベントを考えてくれています。良かったら、遊びに来てくださいね。明日お手伝いに行っています。

写真は、枝豆ごはん  と  枝豆コロッケ  の最終打ち合わせ☆のもの
素材の味を生かしたお料理で、1つ1つの味が優しくて、でも旨味がしっかりしてて。一口入れると、ぁあ  しあわせ(*^^*)


コロッケも手作りすると  こんなに美味しかったんだよなぁ(^^)
(わたしはポテトサラダの残り→コロッケに変身。しか作ったこと無かったような。でもコロッケの為に作りたくなるコロッケ!。
うちの次女ちゃん爆食いでした。(*^^*) 明日のオープンが待ち遠しいそうです♪)

枝豆ごはんも  それぞれの食材の旨味凝縮♪♪



石臼で挽いてる、目の前の東部営農組合の大豆のきな粉の  お豆腐だんごも美味しい♪
香ばしいきな粉+バニラアイスも食べてみてね♪



長南町に  カフェ スポット が  あちらこちらに出来てきて  嬉しい♪



仲間が増えています☆

テーマ:
ご無沙汰しています。
長袖を通したくなる季節になりました。

そういえば、まだご報告しておりませんでした。
念願の、、、

卵を産む  鶏、  チャボ🐔
が2羽 庭に(早口言葉かぃ)
やって参りました。
↑5月生まれ。


我が家の  14歳になろうとする ハリー🐶も
(人間だと、もう95歳くらい。若く見えるね!)
案外と  直ぐに  受け入れてくれて。

すくすく
大きく育ち。
どうやら2羽とも  念願の  メスみたい(^^)

結構  立派な姿になってきました。
11月くらいに卵を産むよ、と
言われていたのですが。

昨日の朝。たしかに  鳴き方が全然今までと違う。
けたたましい、というか。大きくなってくると
こんなに違うの??と思っていたら。


なんと!卵が  !!!

よくよく  考えてみると。
なんだか  勝手に  せつない気持ちも出て来て。何故だか。
わたしは、食べられなかったのですが☆


次女曰く。『卵の殻も  ものすごく固い。どうして?
卵の黄身も白身も  ものすごい弾力。』
スクランブルエッグにして食べたい。と。
写真は撮り忘れ。感想は
『超~~~~~~濃厚!まるでチーズを入れたみたい‼』

本当かしら。

そのうち、試してみたいと思います(*^^*)
そのうち、そのうち、庭で平飼いの鶏の卵のパンレッスン♪  とか  やれるかな♪^ ^



ちなみに、今日の朝は、とっても静かでした。
今日は卵は、産まないのかな。

ちなみに  ちなみに  ピーちゃん(黄色っぽい方)が昨日
卵を産みました。

もう少しすると  もうひとまわりくらいは  卵の大きさも
大きくなるようです。☆
ローストチキンの話は??
前回読んで下さった方には、思われていますね?!?!

ほんとに。
土窯の威力、放射熱の威力は、ローストチキンにこそ
絶大に現れたのでした‼
驚きの。ほとんど肉汁が
鉄板に垂れていなかったのでした。
te+te特製グレービーソースに入れる  汁が少なくてびっくり‼

でも  その分、
お肉に旨味がとどまって。ローストチキンのジューシーさに
びっくり‼

これは、やはり  土窯の為せるワザだと思ったのでした。

わたくしのピザ生地の水分量、温度と
土窯のピタリ温度を  はめていかれれば
ピザも最高潮に感動するはず。。。もちろん、今のままでも美味しいんですけどね。
もっと美味しくなるはず。

土窯制作者の陶芸家  鈴木重孝さんは、もう
追い焚き出来るような細工を  土窯に施して下さっているそうで。
たのしみです。

本日、手ごねの会です。誰ですか?雨ですよ?と。
予報は雨でも、降らせませんっっ笑
なんて、もっと謙虚にならないと  いけないかしら。

こちらのタープの上に、雨避けシートが掛けられています。足元が心配ですので、参加される方は、雨靴や汚れてもよいようなものを履かれることをオススメ致します。
キャンセルが2名ありましたが、今回は、このようなお天気予報だったので、追加募集はしませんでした。

雨でも楽しみますよ(^_-)

そして前回の会ではお伝えしなかった部分を丁寧にお伝えしていきます。少人数の会です。お許し下さいませ。

これからも、会自体を楽しむ、作ることを楽しむ会と
技術向上を目的とした少人数の会と
ひとまず2パターンで行こうかと考えています。
他にも、違うアプローチのものなど、頭の中には  いくつかあるのですが♪
少しずつ。少しずつ。


そう。只今、仕込み中です。(午前2時より)

体力大丈夫?と聞かれたりするのですが。前回、前々回、
いえ毎回ですね。本当に  あたくしは  このしごとが大好きだーーーと
毎度思わされるのです。チカラがみなぎってきます(笑)
好きなこと、というのは  そういうことなんですよね♪



雨よ。この雨避けシートの周り  半径1キロくらいで良いので、8時~15時くらいまで  降らないでね。

お天気を愉しむんだけどさ。紫陽花も美しいのも
分かってるんだけどさ。

娘たちの運動会と  鎌倉の校外学習が晴れたから、
良し‼  としますか(*^^*)
ご報告が少し遅くなりました。
  土窯ピザ作りとローストチキンの会、
お陰さまで  皆さんと 学び、そして愉しいじかんを過ごすことが出来ました(^^)


まずは、土窯について。陶芸家のシゲさんの
お話を。。。

じぶんの家のオーブンを良く知ることが
美味しくものを焼くのに  欠かせませんが。
それと同じようなことです(^^)
土窯の特性。良い所を活かしていく!

野で作るピザとローストチキン。
今回は、土窯を使った  体験会のような感じです。
生地は、こちらであらかじめ仕込んでおきまして。
ゆっくりじっくり発酵しておきました。
生地をさわり慣れている方から  初めての方まで  いらっしゃいますので
何種類かの配合の生地を  ご用意させて戴きました(^^)

焼くものの、水分、形状、と
温度、じかん  のバランス☆
当たり前なことですが。
なかなか
奥が深いです。
形。具材。
気を付ける場所を何点かお伝えしながら。
今回は、特にお子さまには結構じゆうに  作って戴きました♪作る愉しさを感じて戴きたい(^^)
大人用ピザは、指定の具材ピザが  いくつか♪
ピザと言ったら、これが無いと駄目でしょ?的な
概念を外していただきたかったのです。

次回6月16日(土)の手ごね教室(お陰さまで満席御礼☆ありがとうございますm(__)m)の時には、もう少し細かい部分まで  お伝えしていきます。

贅沢に  陶芸家の作家もの  のお皿を使わせて戴いております。シゲさんいわく、『お皿は売るほどありますから』陶芸家ジョーク?! 笑

シゲさんのお皿を見て、使って。織部のお皿(グリーンのお皿)のイメージが本当に変わりました。どちらかというと、民芸品のようなイメージだったのですが。織部というと。
でもモダンに昇華されていて。どんなお料理にもマッチしてしまうんですよね。すごい

↑新作だそうです。わたくしは、まだ  あまり  ギャラリーの方は見れていないのですが。Cさんから画像戴きました♪
ちなみに他の写真も、Cさん+ 
自称 長南町親善大使の(!実際に親善大使な活動をなさっています)森かよさんからも  お借りしています(^^)
何がすごいって。土窯なのに、温度計を挿せる場所がある。温度が数字で見られる。これは、陶芸家の発想ですね!。
(アウトドア的なはかり方も、いくつか  ありますが☆)

次回の(6/16(土))手ごね教室の際には、土窯のことも  もう少し
実際にやっていただいちゃいます(^^)お楽しみに♪


ローストチキンに関しては、また  次回へ  つづく。
なるべく早めにアップしますね。(^_-)

ちなみに先日土曜の 次女の運動会のお弁当を  どさくさ紛れに載せておきます。またしても?! ローストビーフと柿の葉寿司!のリクエスト。
もう小学校の運動会のお弁当は最後なんですね。
さみしいような。10年目でした。
柿の葉寿司は、当日間に合わなくて。翌日のお昼に作りました。
中身は、スモークサーモン♪
お弁当に詰められなかった、鶏むね肉巻き。(写真左)
これ、ジューシーで美味しかった♪やはり温度って大切だわ。(残りはカットして、冷凍庫へ。長女の毎日のお弁当用に。)

食べ物の写真ばかり♪でした照れ いつもか  

もう、明日になってしまいました。
土窯で焼くピザとローストチキンの会(おかげさまで満員御礼m(__)mありがとうございます)
こちらは、試作焼き。
田んぼの土と山砂と消石灰で作った  土窯です。
なので、この上の部分の費用は、、、(^^)なんということでしょう♪
いろいろとハプニングもありましたが、本番に活かさせていただきます♪
↑こちらは、サラダピザ。
↓隠し味に○◯。そちらがアクセントになってて、美味しいのです(*^^*) 明日は、他にもいろいろやりますよ
チキンには、ついつい、月桂樹の葉を巻き付けてしまいました。新緑の葉は、柔らかい‼ クリスマス頃の葉と全然違います♪
明日は、土窯の放射熱を伝えられるでしょうか(*^^*)
あたくしもたのしみです♪ワクワクしています♪

↓ちなみに、我が家のモリモリ繁ってる月桂樹(ローリエ)。ローストビーフにも、ついつい巻いちゃいますが。チキンにも合う~~♪植えられたら、1本植えておくと良いですね(^^)  オススメします‼

窯を作ってる  途中の写真もあげておきますね
↑↓画像は、ウルトラ古民家防衛軍の  アキ長谷川さんよりお借りしました♪
そして、こちら、開催中の  陶芸家  鈴木重孝さんの個展。明日おこなう会と  もちろん同じ庭にあります。
手作りのギャラリー参興庵。
シゲさんの器は、本当に軽くてびっくりします。
(イコール  使いやすい)



おひとりの手から生まれてるとは思えない
いろんなテイストの作品も。良かったら、ご覧になって下さいね(^^)

さてと。仕込みに入ります(*^^*)
【季節を感じる  土窯で焼くピザの会】


陶芸家  鈴木重孝さん指導によるワークショップで作った手作り土窯を使って

ピザと  ローストチキン🍗 を焼きます。(出張ワークショップ)


ピザ生地は、先に仕込んでおき、
『生地を広げる所からやります。』初めての方でも 簡単に扱えます。
でもせっかくなので、土窯を生かした粉の配合、発酵、酵母、を考えています。

(昨年夏休みの東京家政大学の時のピザの広げ方は、簡易的なもので、今回は  より生地を美味しく味わえる広げ方です。)

*  *  *  *  *
5月26日(土)10時~13時
材料費込み、レシピ付き、ワークショップ代  2,000円

場所)ギャラリー参興庵(わたしの自宅よりクルマで5分ほど)
            千葉県長生郡長南町芝原392
受付)鈴木重孝さん  (シゲさん)
            5月7日  8時より
           

こちらから折り返しお返事をして、ワークショップ参加確定となります。

陶芸家の鈴木重孝さん、シゲさんは、『田舎暮らしを愉しむのに、窯は最適‼ どんどん作ってもらえれば、』と  窯を作る方法や  温度を操る知恵も  惜しげなく教えてくれます。

もちろん、むずかしいことは置いといて。さわやかな季節に
美味しいものを頬張る(*^^*)
わいわい  愉しい会にしましょう。
野点ならぬ、野ピザ成形♪


6月に  こちらの窯で『季節を感じる  土窯で焼く  手ごねパン教室』も  開催計画中です。


↓こちらは、シゲさん宅での試作の写真です。
te+teでは、チキンの足は縛りますよ~♪笑

他にも情報がありますが、
一旦おしまい。                                     つづく。
クレソンを摘みに行きました。お肉が続くと、なんとなく  食べたくなります。
ドレッシングの隠し味、
カレー、ビーフシチュー、etcの隠し味に使っても
美味しい。
クレソンと玉ねぎ、のかき揚げを  カレー塩でいただくのも  我が家の人気。

こちらは、裏庭の山すみれの群生。今年は、少し
少ないかな。

こちらは、2月の出張教室  国分寺公民館の親子パン教室  の1コマ。
みなさん、よく聞いて、親子で考えながら
実行してくれていました♪
優等生たくさん!  もっと  自由にやってもいいんだよ~と内心思いながら。でも  そう言ってしまったら、この人数は  このじかんに終わりませんから(^^)
こちらは、こういう講座なのです♪

『本格的に教えてくれて、すごく嬉しかったです』
『思ってた以上に  凄く美味しかったです』
誠に嬉しいお声も聞くことが出来ました♪
こちらこそ  このご縁に感謝します。やはり講師の仕事って愉しい‼
ありがとうございました(*^^*)


出張の団体教室が続くと、
逆に  もっと  きめ細かく  より美味しさを追求出来るレッスンが  したくなってしまいます。
又は、のびのび  発想したことを形にしてゆく 親子パン教室なんかも(*^^*) 
te+te(てとて)の少人数教室も  早く再開出来たらいいな。


2,000個くらい  パンを焼いてみて。初めの頃と  大切にしている箇所が  かなり変わってきている部分もあります。
『ここがポイント‼』と思っていた部分が  実は
そう重要でもなかったかな、というものもあったり。
だって○○なんだもん。沢山焼いたから、見えてきたもの。科学的に言ったって、そうじゃない!OK!という発見があると  嬉しくなります。

パン作りを難しくしていくのは、実は  簡単なのだと思います。
もちろん、本当にパンの世界は、奥深く。酵母は目に見えませんし。パンの美味しさも奥深く。幅広く。

te+te(てとて)では  どの部分を皆さんにお伝えしていくの?と考えた時に
どこか  迷宮入りしてしまった所があるかもしれません。でも最近、少しずつ  見えてきました。(^^)
これも  ずっと言ってますね、
課題です

昔からの先人の知恵。お米の発酵。どぶろく作り。
ぷくぷくするチカラ。
チーズを入れていないのに、チーズのような
芳しさがあるのです。。。旨味って  奥深いなぁ。
たいへん  ご無沙汰してしまっています。
ご無沙汰し過ぎてしまって、どの  どれの どこのご挨拶もすっ飛ばしてしまいます。無礼をおゆるしください。

もう、山の斜面には  山すみれが連なって咲いていて。
(写真は、今年の初  山すみれを見て  嬉しくて撮ったもの。)
もっと  もっと  沢山  今は咲いています。
娘達は、山すみれを見ると、間髪入れずに
『すみれの砂糖づけを作って~♪』と言います。
すみれ=食べ物  と認識してしまって  よいのだろうか
(*^^*)
確かに、庭に  今、満開で咲いている  しゃくなげ も
蜜が美味しそう~♪と
次女はチュッチュッ  吸っています(*^^*)、、、
ここに映ってはおりませんが。
カメラから逃げ回る
もうお年頃の次女。
従兄弟の 新一年生の I くんと。長女も 新一年生。
少し、落ち着き始めましたので、
blogも  少しずつ  書きたいな、と思っています。

たまに、出張パン教室の講師を  やっています。
こちらは、子連れパン教室 開催時の1コマ。全員まだ 小さなお子さまがいらっしゃるママさん。
ご自宅で
お子さまと一緒に居ても 作れるように。
いろんな場面がありますから、時間通りにいかない時の  イレギュラー対応のお話もしながら。。
でも  実際は、たまに  粉をこねこね  ぷくぷく 小麦の変化と向き合って。ワイワイ  気分転換♪  
という部分も大きいでしょうか。
手作りする  愉しさ。
そして手作りする、というのは  入っている材料すべて  もちろん把握出来るので(*^^*) 
 あんしん、うれしい、
という気持ちも大きいのです。

こちらは、打ち合わせを兼ねた  春の おばん菜 持ち寄り会の時のもの。S邸にて。

H家  夫妻がチャチャチャッ と作ってくれた  
ふきのとうのペペロンチーノと  春の七草 雑草(!)粥
が  衝撃の美味しさ♪
ふきのとうは、立派な  ニッポンのハーブですね♪
もっと来年は味わおう。

こちらの会のメンバーでお話をすると
もっと  もっと  長南町ならではの 豊かな暮らしを
満喫しましょ~♪(^^)
と思います。

火が 傍に ある 暮らし。
火のゆらぎを  眺められる 暮らし。

窯をお持ちの方に、パン作り指南をする  という機会にも恵まれています。贅沢なじかんと  共に。スモークの美味しさも実感すると  共に。


こちらは、隣町のMS広場のピザ窯。


ピッと  指でひと押し。細かい温度調節が出来てしまう、文明の利器のありがたみも  どこかで感じてしまう。笑


作りたい!と思った時に  サササと作れる  文明の科学の勝利の1つ、サラブレッドの集まり  インスタントドライイースト君と、

昔から伝わる 日本酒作りや納豆に繋がる 自家製酵母菌のパンは、どっちが良いの??
(個性豊かな酵母のあつまりのパンの芳しさは、
何物にも代えがたい、、、)

という質問に繋がるものを  感じてオリマス(^^)

七輪で焼いた  焼き鳥、秋刀魚、の贅沢さ。
パパパと朝にガスレンジの火で焼ける 鯵の開き。
(最近は、IHのご家庭も多いですよね、、)

ずっと言ってますね。ここのこと。
ずっと  頭から離れない  わたしの今の気になること。
時短か。時間をかける贅沢さを取るか。
その時に自由自在に出来ること。TPOで
使い分けられること。その時の良さを引き出せること。。。

ピザ窯作りの募集

テーマ:
急に、blogを書き始めたね?と  言われてそうです。はい。その通りです(*^^*)なにか?チュー
口のわるい?友人には、『書く時は書くけど、書かなくなると、全く書かないよねー。』とも言われております。
はい。その通りでございます。それが  なにか?チュー


えっと、先日  東京家政大学とのコラボ事業での庭ごはんで、ダッチオーブンでピザを焼きました。
その時の様子→
その時のコーディネーターのトモ長谷川さんと、
陶芸家の鈴木重孝さんが
ピザ窯作りを指南してくださいます。若干名の募集です。興味ある方いらしたら、いかがですか?

✳募集ページの
詳細URLは、→
/イヴェントのお知らせ/ピザ窯づくり(土窯)ワークショップ/

かなり面白い方々なので、お会いするだけで正直オススメします。まぁ、なんていう、お誘い文句なのでしょう。
↑上記のブログを見てみるのも  1つのヒントです。
田舎暮らしに興味があったり、

でも何よりも陶芸家の方が作る窯なので(陶芸は釉薬付けると1200度必要)熱効率の話など  とにかく勉強になるものも沢山あるかと思います。
シゲさんち自体が、ほんと、知恵とユーモアの詰まったお宅ですので、たまらない方には、たまらないかと思います。(*^^*)  暮らしを愉しむ  という言葉では足りません。ほんまもん  が  シゲさんちには  沢山転がっています。





この間の  甘酒の蕪とパプリカのマリネが美味しかったので、もう一度作りました♪  #朝ごはん
写真、載せちゃおう。
この時、お腹いっぱいで、ごはん🍚は食べるのをやめました。(^^)真ん中に  リキュールみたいに 甘酒を少し。
はい。甘酒は、麹から作っているもので、アルコールは入っておりませぬ。麹からの発酵です。この種でも  もちろんパンが作れちゃいます(*^^*)
じっくり  ゆっくり  低温発酵。
やっぱり  旨し。(*^^*)