自分が望むお葬式

テーマ:

お葬式。 この間、一番上の姉の嫁ぎ先で義母が亡くなられ葬儀に参列してきました。 ご本人様が望まれたらしく、家族やごく少数の身内で行う小規模なお葬式でした。 また、ご本人様が家族葬を望まれたのもあり、お葬式自体がとてもしめやかに行われました。

私自身、まだまだ30代という年齢で、これからも死ぬつもりはありませんが、必ず人には死が訪れますね。 そんな時、どんな風にしてこの世を去るのがいいのか、私も色々考えました。

葬儀社についても検索してみました。

http://葬式準備.com/

まず、私が一番望むお葬式は、自分が海が大好きなので、火葬してお墓の中に篭るのではなく、海に還り、やがて魚となり、やがて鳥となって大空を飛び回りたい。そんな願いがかなうように、水葬を望んでいます。(家族にも伝えてあります。)

また、私も姉の義母同様に宗教とは無縁で過ごしていますので、何か念仏的なものを唱えられても、ありがたみがわきにくいと考えています。 その神仏に祈ったりする時間があるなら、少しでもこれからを生きて過ごす人たちの幸せな姿を見たいので、明るい姿を見ながら逝きたいですね。

それと今海外でもよく聞く、生前葬も大いに有りだと思います。 自分が生きてる間に、自分に良くしてくれた人たちへ感謝の意を自分からできるのは、いわゆる悔いの無い最後を迎えるのにとても有意だと私は思います。

なので、生前葬で感謝を述べた後、その時が来たら水葬で明るく見送って欲しい。それが私が望む理想のお葬式です。