勝ち誇る愛の歌 | バイオリニスト椿太陽の日常

バイオリニスト椿太陽の日常

バイオリニスト椿太陽のブログです。

オフィシャルウェブサイトはこちら↓
http://taiyotsubaki.com/


テーマ:
皆さまこんにちは。



今日は家の近くの図書館へ行きました。





ツルゲーネフの小説を読みに。




ツルゲーネフ全集の4巻に探していた小説が入ってました。

『戀の凱歌』という短編。

今では「勝ち誇る愛の歌」という訳を使いますが、
恋の凱歌と訳した昔の日本人の感性は素晴らしいなと思います。
ノクターンを夜想曲と訳したり、、




右から左に書かれているのを見ればお分りかと思いますが、1937年に出された本。
使われている日本語も 昔の漢字、平仮名、言い回しで、なんだか外国語を読んでるように疲れる(^_^;)印刷が掠れてて解読できない字もある(><)

予想以上に読むのに時間がかかってしまい、仕事の前に読み切ってしまう予定でしたが借りることにしました。


ショーソンはこの小説を読んでポエムを作曲したそうです。
ショーソンのポエムを始めて勉強したのは中学生のとき。
なんて美しい曲なんだろう!とこの曲に惚れ込んでしまったのです。

しかし、当時の精神年齢でこの曲を弾きこなせるわけはなく、練習しても練習してもどんどん深みにハマり、いつまで経っても仕上がりませんでした。
当時、発表会の曲を決める時期で先生に「何弾きたい?」と聞かれ、
「ショーソンのポエムやりたいです!」と言いましたが、
先生は「ポエムね〜」とスルー 笑笑 (結局ロンカプを弾くことになった)

まぁポエムを立派に表現できる中学生がいたら逆に恐ろしいですが。。


そんなこんなで、この歳になって憧れのポエムを勉強し直している訳です。



それにしても、今日は蒸し暑い。

この湿気はバイオリンによくないです。
湿気によってネックが下がってしまいます。そして一度下がってしまったネックは戻らないことが多いので湿度には神経を使います。




椿 太陽

椿太陽さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス