英語絵本の選び方。

テーマ:
こんにちは!
YomUtau Englishです。

ただいま、作業中。
{A701C09A-B808-4474-8A34-DEC24E092005}
準備は8割、終えているつもりで、興味のアンテナの趣くままに過ごしていたら。。。
予想外の作業量が残っていましたよ。

英語の絵本を毎月、選ぶのも仕事のうちです。

皆さんは、絵本の選書はどんなふうにされますか?

読み聞かせ講座なんかに参加すると、一番よく耳にするのが、

季節に応じた絵本を選ぼう!

ということ。

これは、読み聞かせをされる方にとっては、セオリーですよね。

園の先生方を見ていても、やはり、それは重要視されていますね。
園の壁のディスプレイなんかも、季節感をとても上手に取り入れられていますよね。

あの作業には、本当に頭が下がります。

それで、英語絵本も同じ選び方ができますね。
これは、リーダーでも、通常の絵本でも。

例えば、今なら、

ハロウィン
紅葉
季節の移り変わり
秋雨
色彩
冬支度を始める動物 などなど。

好きなテーマで楽しく選べますね。
そして、一番、大切なこと。

読み手の私が好きな絵本であること。

私の場合は、息子と読んだ絵本がベースになります。その中には、

●私が選んだ絵本。
●息子が選んだ絵本。

これらが混ざります。
親子で絵本を楽しんでいくと、子どもには子どもの選書眼が育ちますよ。

簡単にいうと、絵本の好み。です。

わが子の世界観が垣間見えて、その豊かさだったり、意外性だったりに驚きますよ!
子どもがホクホク顔で選んできた絵本を、一緒に読むのが、また、本当に楽しくて、幸せなこと。


あ、話が脱線。。。

というわけで、

季節に応じた絵本を選ぼう!
読み手が好きな絵本を選ぼう!

もちろん、英語絵本という点で、幾つか心がけることもありますけどね。
まぁ、難しいことは、また、後で。

以上、簡単に。
英語絵本の選び方についてでした。

最後に、ひとこと。
セオリーは、あくまでセオリー。
自分の感覚を大事にしてくださいね!
{E75AEE72-3E5D-43BC-98D1-0028735C6CEF}
はい。こんな風になるべく、準備中です(o^^o)




AD

階段からゴロゴロ。

テーマ:
ずっと雨なので、コインランドリーへ。
乾燥機、大好きです。

雨は好きではないですが、乾燥機が使えるから嬉しい♡

この時とばかりに、はりきって家族皆んなのシーツを洗ってしまいます^ - ^
いつもの天日干しもいいですが、乾燥機の仕上がりはカラッカラ♫


今朝。
我が家の住宅。
外の階段の踊り場が、雨で、びしょびしょ。

ゴミ出しに行こうと、階段を降りようとしたら、靴底が見事にツルン!!!
まさに、降りようとした瞬間に。

ゴミを両手で抱えたまま、両脚が空中に浮かび、そのまま階段をゴロゴロゴローーー!!!って。
まるで、漫画のように綺麗なゴロゴロ。

14段あるんです。
結構、高いんです。

転げ落ちる間、
「あーっ!マズイな。下まで落ちたら、きっと怪我する!」
と、わりと冷静。

そこで、グッと右手、右脚を、転げ落ちる階段に押しつけて、ブレーキ成功!
二段残して、止まりました。

こんなとき、意外と冷静なんですね。
私の身体能力も、まだ捨てたもんじゃない。

すっーごく痛かったけど。
久しぶりに転んだし。
階段から落ちるの、初めてだし。
気持ちも動揺したけど。

「どこも捻ってないし、打ち身だけだな。」
「とにかく、ゴミを出さなきゃ。」

一旦、家に戻り、
様子を確認して、
無事、ゴミ出し終了。

そんな朝でした。
大丈夫だけど、少しは身体とかも捻ってるんですね。後から、腰とか、あちらこちらに痛みが出るんですね。

ま、いっか(笑)
様子を見よう。

雨の日は、気をつけましょうね。
私は、早速、スニーカーに替えました。

昼過ぎ、ふと、ベランダに目をやると、手すりの上に一羽のハトさんが。
左から右に、手すりの上を、トコトコ歩いていました。

のんびりとした姿に、何かいいことありそうな。

今日は、
変な日。
不思議な日。
いつもとリズムが違った日。







AD
今朝は、近くの公民館へ行ってきました。
未就園児の親子が参加できる、文庫活動です。
8年間、文庫スタッフをしていました。
今日は、久しぶりに、お邪魔しました。

前半の30分。

ハロウィンの絵本を読み、
アルファベットカードでABCソングを歌い、
アルファベットの音素を学べる絵本を読み、

楽しい時間を過ごしました。

はじめに、
「英語の絵本を読んでもいいですか?」
と、皆さんにお聞きしました^ - ^

飛び入り参加ですし、中には、嫌な方もいるかもしれないですからね^ - ^

そしたら、皆さん、いいよ!って拍手をくださったので、安心して読めました。

ハロウィン絵本では、
子どもたちの反応に盛り上がり。

ABCソングは、
親子で歌ってもらい。

アルファベットの音素絵本では、
親も子も、シーーーーーーーーーーーーーン
と歌い読みに聴き入ってくださり。

30分が「あっ!」という間に経ちました。
聴いてくださった方々、本当にありがとうございました。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


さて、これまで、ずっと、習慣になっていた思いがあります。
英語絵本だって、日本語の絵本に負けずに、親子でいい時間が過ごせるよ〜。
子育ての刺激になって、お母さんも息抜きになるよ〜。
という思い。

普段は、保育園で、子どもたちにレッスンしていますから、当たり前だけど、保育園に親御さんはいないんです。
だから、私が、親御さんの代わりになり、子どもたちと一緒に体験して、英語の楽しさをお伝えするんですね。
だから、これは、私のお仕事。

一方、私は、やっぱり、
何でも親子でやってみることが大事だな。というのが、根本にあります。
それは、英語に限らず。

もちろん、子育ては、それぞれですから。
これは、私の子育ての中核です。

だから、親子で参加できる場合、
親御さんには、子どもと一緒に英語を楽しんでほしいという思いが、人一倍、強いのだと思います。

そんな思いを体現したくて、今朝は、久しぶりに文庫にお邪魔したのかもしれません。

なんで、この記事を書いているのか。
誰に向けて、書いているのか。
自分でも、分からないけど(^_^;)

こんな風に思い続けて、もう8年も経ちます。
そろそろ、この思いからの活動は、手放そうかな。もっと、前を向いて進みたくなりました。
手放して、加速したい。

そんなふうに、感じています。
















AD
保育園のレッスンに行きました。
異年齢の合同クラスの保育園でね。
一番、大きい子は、6歳。

その子がね、レッスン中に、

「もう直ぐ、小学校なんだよ♫」

と、教えてくれました。

「そっかぁ!楽しみだねぇ♡」

と、私。

いやね、本当に楽しみですよ。
3年前に出会ったときは、あんなに小さかったのに。もう直ぐ、小学生。

背もスラーっと伸びて、大人びて。
レッスンにも、年々、積極的に参加してくれるようになり。
今は、満面の笑顔で、レッスンを楽しんでくれている。

保育園でレッスンをしているから。
小学生になったら、会えなくなるね。

当たり前なのに、
今日、そのことに気づいたんだよね^ ^

これからも、英語と仲良くしてね。
残りの時間、一緒に楽しい時間を過ごそうね!

子どもたち。
いつも、あったかい気持ちを、ありがとう。



あめ、雨、アメ、Rain!!!
続きますね。

さ!
今朝も英語のレッスン、行ってきました!
子どもたちのエネルギー、MAX!
おかげさまで、私のエネルギーもMAX!
互いに素晴らしいエネルギーの交換!
当然、レッスンでの学びも最高潮!

「!!!!!!」

が、続きましたが、それほど楽しい時間でした。

子どもたち、ありがとう!

もう、3年のお付き合いですが、改めて。

先生、出逢ってくれて、ありがとう!

さて、レッスンの帰り道。
今日は雨なので車移動。
信号待ち。
前の車をボーっと見ていると。

GOODENOGCHI?

後部ガラスに貼られた白いシール文字。

グッドエノグ。。。グッドエノグチ?

なに、それ。。。。エノグチさん?

今度は、よく目を凝らして、もう一度。
白くボヤけて見えていた文字の輪郭が、シューっとクリアになり。

GOODENOUGH!

あー!グッドイナフね!

「十分な」とかの意味の英単語。

楽しかったレッスンの帰り道、ふと目にとまったGOODENOUGHに、OKやら、GOやら、ALLやらのメッセージを貰えたみたいな気がした。

なんだか嬉かった、帰り道、でした♡








4歳〜6歳の子どもが、文字を書かずにはいられない、三つの仕掛け。

こんにちは!
次は、子どもたちと、どんな風に楽しもう♡
日々、ニンマリしながら準備しています。
YomUtau Englishです。


4歳〜6歳クラス。
殆どの子どもたちが、2年越しのお付合い。
一年目は、聴くことを中心にしてきました。
二年目は、文字にも取り組んでいます。

専用のワークシートをつかいます。
我が家でも使っていたもので、とても面白く、内容的にも信頼しているもの。

取組内容は、アルファベットの
●名前
●音素
書き順
●そのアルファベットから始まる単語
●音素の聴き取り

所要時間は、10分〜15分程度。
楽しくテンポよく進めます。

文字への取り組みと一口に言っても、色々とありますね。ここでは、アルファベットを書く取り組みについて。

アルファベットにも書き順がありますよ。

まずは、書き順を教えてあげます。
どこから書いたらいいのか、迷わずに済みます。
しっかり書くことは求めていません。
個人差、年齢差がありますから。
文字に楽しく親しむことが目的です。
(そして、今、書けなくても、小学生になれば書けます。それまでに、アルファベットに馴染みがあると、よりスムーズですね)

目的は、

いつも聴いている英語にも、日本語と同じように文字があり、読むことができること。

これを、文字に触れながら、感じてもらいます。

次に、実際に、書いてみる。

さぁ、紙と鉛筆で書いてみよう!
そう、思います?

大人と違い、紙と鉛筆って、この年齢の子どもたちには身近ではないみたいです。

まだまだ、クレヨン。
沢山の色を使って、いーっぱい描くのが大好き。

そう。
【書く】よりも、【描く】ほうが身近です。

彼らに、どうアプローチするか♡
それを考えて、やってみて、反応を見るのが、楽しみでもあります^ ^

歳〜6歳の子どもが、文字を書かずにはいられない、三つの仕掛け。

それは、【書く】と【描く】の融合です。
①文具の多様性
②文具の意外性
③文具を交換するタイミング

以下、具体的に。

①について
スクラッチ用紙
多色マーカー
箸ペン

②について
箸をペン代わりに使う⁈
(スクラッチ用紙を削るため。箸以外でもいいが、長さや太さが握りやすいと判断し、箸をチョイス)

子どもたちには、箸をペンにする意外性がヒットする。また、なぜ、箸で書くとスクラッチ用紙から綺麗な虹色が出るのかが、不思議らしい^ ^
だから、文字を書かずにはいられない。

③について
スクラッチ用紙のワークが済んだら、すかさず、箸ペンから多色マーカーに切り替える。

箸ペンに抱く楽しみの鮮度を持続できる。
箸ペンによる不要な危険を回避する。(目を突くなどの可能性)
多色マーカーで、早く書きたい!
文具が変われば、目先も変わる。
また、文字を書かずにはいられない。

今回は、多色マーカーをくじ引き方式で、子どもに引いてもらいました。
くじ引きがしたいから、箸ペンをさっと返してくれますね^ ^
ただ単に交換するより楽しいし、レッスンのスムーズな進行にも有効ですね♫

如何に楽しく、学びに集中してもらうか。
これが、
YomUtau Englishの、
英語絵本ファシリテーターである私の
役割の一つであり、
喜びなのです。

さて、ハロウィン月ですから、お楽しみも。
おっ!これは、なんだ⁈
{CB4F9EAC-2496-4DFE-B09E-E70F9EDF9BC8}
Ghostですよ♡
{D311200F-D318-4F2E-849F-7BF1603C5E03}

では♡









自分の人生には、自分で意味をつけていく。

例えば、とても身近なこと。
おととい、ふと、ある場所の風景が頭をよぎる。
一瞬だけど、とても鮮明に。
そして、そこは、ここから遠くない場所。

明日、行こう。
瞬時に、そう決める。
そして、翌日の予定に入れる。

一瞬の閃きを行動に移すなんて、なんか変。
そもそも、そこに行く意味があるの?
とかね、色々、思う。
別に、やめるのは自由。
だれとも約束していない。
自分以外の誰とも。

翌日、予定どおり行動する。
自分と約束しているから。
この日の予定にしっかり入れていたのが正解
自分との約束を破らないために、役に立つ。

色々、頭だけで考えないで。
決めたことに、ただ淡々と身を投じる。

無事、自分との約束を果たして、その結果は?

その結果は、自分が決めるんだよ。
実際に動けば、身体が感じる。

香りに振り返り、6月には紫陽花が美しい場所であることを知り、階段で息を切らし、頂上からの眺めにハッとする。

今日のこの体験に、どんな意味を見出すか。
それが、次にどう繋がっていくのか。

意味を見出すのは、自分。
繋がりを見出すのも、自分。

一歩、一歩、自分の人生を歩く。
{B9128851-5D3F-4847-8566-F1A4E0EBC161}



幼児に英語の楽しさをお伝えしています。
小さい子は聴いて楽しむことから始めます。

小学校入学が近い年令の子どもたち。
文字にも興味が出てきます。

覚えたての平仮名で、
自分の名前やお友達の名前、
短いメッセージなどを、
嬉しそうに書いて見せてくれます。

最近、特に思います。

英語を読めるようになってほしいな。

これは、身近な出来事から実感したこと。
ある小学生と英語の試験対策をしています。
その子は小さい頃から英語を聴いていました。
だから、リスニングはとてもよく聴こえます。

文字を読むほうは、リスニングほどは得意ではありません。それは、文字を読む経験がリスニングに及ばないからです。

幼児期から児童期への切り替えポイント。
それは、

文字の読み書き。

文字の読み書きには、学ぶ姿勢も大事です。
具体的には、

静   と    動

この切り替えです。

ですので、特に、入学が近い子どもたちにメッセージを込めて、このことを真面目にお話ししてみました。(珍しく、真面目な顔で^ ^)
子どもたちも真剣な表情で聞いてくれました^ ^

やはり、思ったとおりでした。
子どもたちって、こちらが想いを真剣に話せば、ちゃんと聴いてくれるんですよね。

とはいえ、静の学びの中にも、
もちろん、楽しい要素は入れていきますね。
{1B93BBC7-235C-4D82-A89E-0B11B6682C0A}
アルファベットのP。
スクラッチペーパーを使いました。
沖縄で買ったカラフルな箸をペン代わりに。

スクラッチしながら、
楽しくPを書いてもらいました^ ^
もちろん、Pの音素も一緒に学びました。

読めるようになってほしいから。
その第一歩として、
子どもたちに真剣にお話ししてみました。

やってみて、よかったです^ ^







おはようございます。
昨日は、一日中、雨が降りました。
今朝は雨も上がり、午後には晴れ間が出るそう。

息子の学年は、海の学校の季節です。
林間学校の海バージョンのようなもの。
山育ちの私は経験がありません。
海の学校なんて、楽しそう。

さて、肝心の息子。
風邪気味でした。
薬を持って、海の学校に参加しました。
熱がないので、参加しました。
ですが、やはり少し心配でした。

でも、心配しだしたらキリがない。

心配を見せるよりも、息子が安心して楽しめるようにしてあげたほうが、余程、息子のためだな。

そう思いなおしました。
そして、最終的に大丈夫だと判断の基準にしたものは、

朝ごはんの食欲。

お弁当用に揚げた唐揚げ。
朝ごはんでも、モリモリ食べていました^ ^

調子がイマイチでも、朝から唐揚げイケルなら大丈夫か。

日頃、色々なことに迷いがちですが。。。

最終的には、食べることで判断する。
なんだか本能的で面白いなと思いました。

なんて言ったって、

食べることは生きること。

ですから!
{F47E33BD-B58D-4D5D-B532-9846655DA7DA}
トルコキキョウ。だそう。


"I was be able to confirm that I have my treasure(gift) in my heart, and it won't decrease if I share it to someone."

先月、私が得た気づきのひとつです。


おはようございます。
今朝のお知らせによると、テーマが外れた記事をあと一つ書くと、参加ジャンルから外れてしまうそうです。

あー、そうなんだ( ;  ; )

少し寂しいですが、外れて書いてしまおうと思います。

ここに書かせてもらうことが、私には必要な術だと感じるから。
This is my way how to "GET my LIFE on a truck"


今日から10月。
今月から、始動する目標があります。
今日から、来年一月の達成が目標です。

より一層、持てるもので役に立つために。

よろしく、私。