Nannyの日々 | ♪♪Bab & Chris の Cosy Life♪♪♪
Fri, March 28, 2008 07:09:27

Nannyの日々

テーマ:About a job
こんにちは、Babです。



第一弾のNannyが終わって、帰り道、前レストランで働いてた時の韓国人のお友達がよくキムチ作ってくれるんですが、今日もまたもらいに家までよってきて、今家でゆっくりしているところです。



イギリス生活したことのない人達は、きっとNannyって何はてなマーク って思いますよね。



Nannyとは、そのままナニーって読んで、ベビーシッターのことです。多少違いがあるみたいなんですが、イギリスでは一般にNannyで通ってます。


この仕事、家族やその赤ちゃんのママによっていろいろ条件が違うんです。




同じ仕事でも仕事の最低賃金が払われるところや、それ以下のところ。
そして、夜も付き添って寝たりしなきゃいけなかったりのところもあれば、昼間だけのところがあったり。





Babがやってるのは、2番目も、最低賃金以下だけど、楽なほうです。赤ちゃんを預かるので、楽なことばかりではないのですが得意げ



でも私、赤ちゃん大好きなんで、苦に感じません。というか、赤ちゃんだけではなく、人のお世話、介護をするのが結構好きなんですニコニコ



イギリスで一番最初に働いたところも介護施設だったし。




それぞれメリットデメリットがあるんです。


赤ちゃん赤ちゃん
のデメリットは会話がほとんど出来ない。泣く。
メリットはオムツ替えたり、服着替えさせたりするのが、簡単。そして食べ物がシンプルだから、そんなに汚く感じない。



お年寄りや体の不自由な人達のデメリットは、着替えや、トイレが大変。食事も結構沢山種類がある。メリットは少なくても会話ができる。ほとんどの人達は私より年上なので、人生経験の話が聞ける。面白い目





人のお世話をするのって、責任感も必要だし、失敗できないし、大変だけど、返ってくるものがとても大きいんです。

赤ちゃんでも嬉しい時や、楽しい時は笑顔赤ちゃん 笑うをくれるし、お年寄りや体の不自由な人達からは、笑顔やありがとうの感謝の言葉がもらえるドキドキ




Babはこういう時に、『自分のしている事は正しいことなんだ。』って実感できます。てかそれ以外は別になにも誇れることしてないしー。









実は日本でこういう分野の仕事をまともにしたことないです。
高校の時に授業の一環で施設で働いた事あるくらい。



だから、日本の事情はよくわからないけど、イギリスでこの分野に触れてみて、感じた事はありがとうPlease=お願い(ぴったりの言葉がわかんないけど)がとっても大切なことだという事。




特にイギリス人で、そういう言葉をちゃんと使うなって思います。

道とか歩いててちょっとぶつかった時とか、誰かが自分の後ろにいても気づかないでいた時、そのことに気づいた時とか、どんなに小さい事でも他人に支障をあたえてるって思った時は、Sorryって言います。ぼそぼそっと言うんではなくて、ちゃんとはっきり人の目を見て。で、そう言われた方もIt's all rightとかNot at allとかちゃんと返事するんです。






もちろん日本でもそういう状況のときはそんな会話するんですが、なんだか、イギリス人のこういう会話がみていてとっても気持ちがいいと感じるんですチューリップ紫チューリップピンクチューリップオレンジ






日本にいる時に働いていた時、『ありがとう』がちゃんと言えないお客さんをよくみました。言っても、人の目をみてなかったり。
面白いのが、小さい子供達の方がちゃんと出来てたりするんです。







私はイギリスに来てから、そういうことが前よりちゃんとできるようになったかなって思います。

道あるいてても、知らない人と目が会った時とか、向こうがにこって笑顔くれたら、こっちもにこって笑顔返してあげれるようにもなったし。

最初は、『えあせる誰?あたしの事知ってるの!?でもあたし、あなたを知らない。。。。』って思って、ビックリしてましたけどね。





よく、イギリス嫌々ってクリスに文句言ってるけど、良いところもわかっているんですべーっだ!









なんだか、何のタイトルで書いてたか、わかんなくなっちゃったね。またダウン



そうNannyですビックリマーク



そんなことを思いながら、赤ちゃんのお世話をしてます。



時間は、朝11:30にお母さんが赤ちゃんを連れてうちに来ます。

一時間くらい、家にいて、12:45頃までに近くの託児所に連れて行きます。
この間は赤ちゃん眠ってたり、起きてもぼーっとしてたりで楽です。

ですが、託児所に連れて行く時に使う乳母車がちょー重いんです。
タイヤもゴッツ過ぎて、曲がり角とか持ち上げないといけなかったり、坂ばっかりだったり。しかもこの赤ちゃん、歳もわりに大きいし、重たいんですショック!汗

今度写真アップするのでよかったら見て下さい赤ちゃん 2





で、午後1時半くらいから、第二弾まで3時間半ほどあります。この間に、ブログ更新したり、家事したりしてます晴れ





そして、第二弾Nanny

今度は託児所に迎え行きます。
5時半までに迎えに行かなきゃなんですが、ここの託児所、時間にはかなり厳しくて1分でも遅れると、£10=約2200円払わなきゃいけないんです!
なので、余裕を見て、5時20分には着くように家をでます。



そして、託児所から赤ちゃんつれて、沢山のくだり坂を通って家に帰ってきます。
この時、よく歩きたいって言うんですよ。そんな時は健康のためにも赤ちゃんを歩かせて、私は重たい乳母車を片手で押すんですDASH!




Nannyの仕事の話が来た時、あ~、赤ちゃんの子守りだけなら、そんなに疲れないし、普通に働いているよりきっと太るな~って思ってたんです。
なんですが、この仕事、読んでもらえばわかると思いますが、結構キツいあせる 痩せはしてないですが、太りもしないです。結構歩くし、健康には良さそうですチョキ




第二弾の時はとーっても元気で、活発な赤ちゃん赤ちゃん
何か理解できない言葉でずーーーっと話しかけながら、跳ねたり、転がったりしてます。この間は特に注意して、見張ってないと、テーブルに頭ぶつけたり、ミルクこぼしたりするので、結構忙しい。
そのうち眠くなってダダこねたりするので、抱っこして、ぶらぶら揺すってあげたりもします赤ちゃん 泣き顔




そうこうしているうち7時半にお母さんが迎えにきます

これでNannyの一日は終了です。ほ~DASH!







大変な面、とっても可愛いし、Babには合ってる仕事かなと思います赤ちゃんほにゅうびんおまる




また、ちょくちょくNannyの日々を書いていこうと思います赤ちゃんラブラブ











Babさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス