teruyo333のブログ
  • 23Apr
    • てっちゃんの長~い婚活体験記録(結婚相談所編)9

      (続き)今回のパーティーは、某ホテルのレストランの中ある十数名収容出来る大きさの個室で、男性5名・女性5名がテーブルを囲んで自由に話をすると言うスタイルのものでした。ただ司会進行者などはいないので、自分で話しかけない限りケーキバイキングを食べに来ただけになってしまいます。勿論集まった方達は、真剣に相手を探していますので、それぞれ自己紹介したり、自分の趣味や自己アピールなどしたりでそれなりに和やかなパーティーとなりました。しかし残念ながら私とCさんは、お付き合い出来そうな人は見つけられず、パーティーはお開きとなってしまいました。"(-""-)"帰ろうとロビーに向かった時に先程のパーティーで一緒だった女性が話しかけて来ました。「先程はどうも。ケーキ美味かったですね。お相手は見つかりましたか?」「いいえ。残念ながら駄目でした。」「そうですか。でも、お二人とも自分よりもお若いからきっと見つかりますよ。」「若いだなんて。私達もいい歳です。」「いい歳って言っても40歳にはなってないでしょう?」「ええ。まあ…。」「40代くらいまでの男性ってね。殆ど人が35歳くらいまでの女性にしかお見合いを申し込まないのよ。ギリギリ30代までで40歳になった途端に本当にこちらからいくらお見合い申し込んでも全然会ってもらえなくなってしまうの。それで今日パーティーならと思って参加したんですけど…。やはり駄目みたいなの。お二人ともそうなる前に結婚したいなら30代の内に絶対決めないと後悔すると思うわ。40歳過ぎたら若くて50代60代の男性で第二の人生を一緒に歩みましょう!的な人しかお見合いを受けてもらえなくなるわよ。本当に…。」私とCさんは、その女性の言葉がとても重く胸に突き刺さる感じがしました。私もこのまま相手を見つけられず10年経ってしまったらと…。(続く)私のプロフィールはこちら

      テーマ:
  • 22Apr
    • てっちゃんの長~い婚活体験記録(結婚相談所編)8

      (続き)その日から数日後、Cさんから電話「私さん、例の(データーマッチング型)結婚相談所のお見合いはどう? いい人見つかりそう?」私「2人ほど会って見たんだけど、一回会っただけで終わってしまって、なかなか次に進めなくて・・・」「Cさんこそいい人見つかりそう?」Cさん「私さんと同じような感じで一回会っただけで終わり」「それで今度結婚相談所の会員限定のパーティーがあるから一緒に行かない?」私「パーティーは、なんか苦手なんだけど…」Cさん「会員限定で少人数制しかもケーキバイキング食べ放題なんだってー!」「婚活パーティーと言うよりも合コンに近い感じだから行きましょう!」私「いつもの婚活パーティーとは違う感じみたいだから、ちょっとと面白そうね。行きましょう!」「ところでCさん、地元の結婚相談所の方どう?」「私はこの間、相談所の紹介でお見合いをしたんだけど、○○云々で、上手くいかなかったの」Cさん「それは仕方がないと思うよ。」「私も紹介でお見合いをしたんだけど、なんか話しが弾まないし、趣味も合わなくて断ってしまったの。」「どこの相談所でも、良いから早く結婚相手見つけてBさんに続いて結婚したいわね。」「ところでAさんはお見合いはしたのかしら?」私「相談所は紹介はしてくれるだろうから、AさんがOKすればお見合いはしていると思うけど…」「Aさんのお眼鏡に叶う相手がいるかどうかだけどね。」「しばらく連絡がないから連絡してみるね。」そして会員限定のパーティーの日、Cさんとパーティーへと出かけて行きました。(続く)私のプロフィールはこちら

      テーマ:
  • 19Apr
    • てっちゃんの長~い婚活体験記録(結婚相談所編)7

      (続き)なが~いドライブデート?後の母との会話私「今日は、暑かったし車に乗ってばかりだったから喉がカラカラなの、何か飲み物無い?」母「あるけど…。この暑いのにどこかで買わなかったの?」私「持って行ったお茶は、行く道中で飲み終わって、ラーメン食べた時にお水を飲んだけで直ぐ帰ってきたから、買う暇なかったの。」母「そうなの?3時間もあるのに・・・? 熱中症にならなくて良かったけど…。その相手の人で大丈夫?」私「無理!」母「そうだよね…。」母との会話の後、落ち着いてから相談所に電話。お断りの意志を伝えると、相談所からお断りの理由を尋ねられたので、簡単に今日の出来事を説明すると、相談所の方絶句。相談所の方「Yさんに、今後同じような行動をされたらお相手から全部断られてしまう恐れがあるわね。」「何が悪いのか自分では気付かないと思うから…Yさんにも困ったわね。」「私さんは、気持ち入れ替えて次のお見合い相手探しましょう!」(続く)私のプロフィールはこちら

      テーマ:
  • 18Apr
    • てっちゃんの長~い婚活体験記録(結婚相談所編)6

      (続き)出発してからしばらくは、ただ高速道路をひたすら走り続ける・・・その間私なりになんとか会話をしなければと思い、Yさんに話しかけては見たのですが・・・「あ、はい」「そうですね~」「ええ」「まあ」などの返答しか帰って来ません。(-_-;)(運転に集中しているから仕方ないのか)と思いましたが、私が一人で喋ってばかりなので、流石に話すことも無くなり、カーラジオから流れくる音楽やトークだけの時間が過ぎて行きました・・・途中、一度もサービスエリアなどに止まる事も無く、ただひたすらに走り続けて3時間ほど経過した頃、やっと海が見えて来ました。季節は夏!海岸には大勢の海水浴をしている人の姿がありました。私は心の中で(わ!海!皆んな楽しそうだなー。)(Yさん海水浴するとかも無いみたいだし、どこ行くんだろう?)(わざわざ海まで来たのだから美味しい魚でもたべるのかしら?)と思っていると・・・Yさん「お昼ご飯食べますか?」私(待っていましたと即答)「はい、食べます!」Yさん「じゃ…。あそこに見える○○ラーメン屋で。」私の心中(は?はい。)(ここまで来て○○ラーメン?)(これから何処かに行くから時間が無いの?)と思いながら、Yさんに聞く事ができないままラーメンを食べる。(+o+)代金はYさんがお支払いしてくれたので、お礼を言いながら、これから何処に行くのか尋ねてみました。するとYさん「は?何処って?海へ行きたいって言ったから海に来たんですけど・・・」私「え?」(;゚Д゚)Yさん「早く車に乗って下さい!帰りますよ!」そして車は来た道をまた、ただ走り続け・・・勿論途中来た時と同様に一度も休憩する事などなく、会話もなく、家へ送ってくれました・・・( 一一)家に着き時計を見ると午後4時。まだまだ夏の日差しは高い。(はー。一日中だだ走り続けただけの日だったな…)(ドライブって?走り続ける事なの?何処か目的地とかないの?私の考えがおかしの?)とか考えていると、買物から帰って来た母が、「あれ?海に行くとか言ってなかった?」私「行って来たよ!」母「は?何処の海?午前10時に出かけて?」「海に行くには、出かけるのが遅かったから、夜遅くなるんじゃないかと心配だったけど…」「今まだ午後4時よ!いったい海に行って何して来たの?」私「ラーメン食べて来た!」母「は?ラーメン?…」(・・?(;゚Д゚)………。(;゚Д゚)????(続く)私のプロフィールはこちら

      テーマ:
  • 17Apr
    • てっちゃんの長~い婚活体験記録(結婚相談所編)5

      (続き)私は、それから数日後に結婚相談所でご紹介頂いたYさんとお見合いをしました。一時間ほど近くの喫茶店でYさんとお話させて頂いた後、お見合いの結果報告を相談所の方に聞かれたのですが、私は正直言ってYさんは、可もなく不可もなくみたいな感じでして…もう一度会うべきか迷っていると相談所の方が、「一度会っただけでは、解らないから、そんなに深く考えないで良いからもう一度会ってみなさい!」とのアドバイスを頂き、次の日曜日に会う事になりました。Yさんから電話「どこかドライブにでも出かけませんか?」私の返答「良いですね!どこに行きましょうか?」Yさん唐突に「海が良いですか?山が良いですか?」私「え?海の方が良いです…。」ちなみに私の住んでいる所は海なし県で、周りは山だらけで見飽きてるので、山か海のどちらに行きたいかと聞かれれば当然海と答えます。Yさん「じゃ海で!出発の時間は10時頃で」と言い電話を切ったのですが、(10時?海?ここから高速道路を使ても隣県の海まで確か3時間くらいかかるはずだけど…。)と少し不安になりました。そして当日Yさんが、時間通り10時に迎えに来てくれました。いざ隣県の海へと出発したのですが…(続く)私のプロフィールはこちら

      テーマ:
  • 15Apr
    • てっちゃんの長~い婚活体験記録(結婚相談所編)4

      (続き)職場の休憩時間、同僚のEさんから唐突に、「私さんおめでとう♡結婚式いつ?」私「は?何の事ですか?」Eさん「隠さない、隠さない、私さんがファミリーレストランで、楽しそうにデートしていたの、噂になっているからね!」「おめでたい事なんだし、隠さなくてもいいんじゃないの!」と、言われてびっくり(;゚Д゚)!思い当たる事と言えば、この間BさんとZさんの相談を受けた時にDさんに会った事くらい…。そういえばDさんが挨拶して来た時、Bさんがいなかったけど…DさんはBさんが一緒にいた事に気がつかなかったの?私「Eさんその話しって、もしかしたらDさんから聞いたの?」Eさん「そうだけど…。え?何か違うの?」そこで事情を説明するとEさん「なんだそうなんだ!」「だけど私さんも人の相談なんかより自分の心配した方がいいじゃないの?」 (はい、おっしゃる通りです(ー_ー)!!)私「Eさんこそ私と年齢変わらないないじゃないの?」(そうね)と2人で爆笑!( ´艸`)Eさん「知り合い(Fさん)に、お客さんに頼まれて結婚相手を探して紹介している人がいるから、良かったらその人に一度会ってみない?」「この間も(この人どう?)って聞かれたけど、私はタイプじゃないから断ったの。」「紹介出来る人は複数いるみたいだから、会って損は無いと思うよ。」「ただFさんはかなり忙しい人なので、会えるのは先になるかもしれないけど、どう?」私「会うのは構わないから、会える日が決まったら教えて!」と、Eさんの知り合いFさんに会うのは、この話しをしてから半年以上先になります・・・・ところでBさんはというと、ファミリーレストランで会った日から一か月後には、離職してZさんと新天地へと旅立ちました。そして私は、地元の結婚相談所の紹介でお見合いをする事になったのですが…(続く)私のプロフィールはこちら

      テーマ:
  • 13Apr
    • てっちゃんの長~い婚活体験記録(結婚相談所編)3

      (結婚相談所編続き)婚約相手のお姉さんとご両親に結婚の邪魔をされたBさん「どうしたらいいのか困って…」「それで考えたんですけど、思い切って2人で地元離れて転職しようかと考えているんですが、どう思いますか?」2人の話を聞いて私も(;゚Д゚)(;゚Д゚)びっくり!思った以上に深刻で…。Bさんは子供の頃から家庭の事情で色々な苦労していたので、幸せになってくれればいいな。といつも思っていましたので、正直なところなんでそんな事になってしまうのかと…(-_-)しかしZさんはとてもいい人のようなので一安心!2人なら転職して新天地へ行ってもきっとやっていけるだろうと確信して、私の返答「話しくらいしか聞いてやる事しかできないが、2人なら大丈夫きっと頑張れる!」と言うと「聞いてくれてありがとう」と2人とも嬉しそう。(=^・・^=)その後は2人の惚気話しなどを聞きながら、楽しく会話をしました。(*^_^*)Bさんが、トイレに行ったその時、偶然通りかかった私の職場のDさんから会釈されて、私も挨拶した程度でDさんの事は、気にも留めていなかったのですが、その数日後…(続く)私のプロフィールはこちら

      テーマ:
  • 10Apr
    • てっちゃんの長~い婚活体験記録(結婚相談所編)2

      (結婚相談所編続き)そして数日後BさんとZさんに会う為近くのファミリーレストランへと出かけました。そこで初めてZさんに会ったのですが、とても感じの良い方で、優しそうな人でした。しばらく雑談した後Bさんに(私に相談って?)と聞くと、(相談しても仕方ないないんだけど…どうしても話しだけは誰かに聞いてほしくて…)実はZさんと婚約する事になってZさんの実家にご挨拶に伺ったところ…御両親は、始めとても喜んでくれていたんだけど、そろそろ帰ろうとした時にZさんのお姉さんが、帰って来てご挨拶をしたら唐突に、(あなた達まだ若いんだから急いで婚約なんてしなくても良いと思うけど!)と結構強い口調で言われて少しびっくり(;゚Д゚)していると、何故か御両親まで同調。Zさんが反論し、2人でまるで逃げるようにZさんのアパートへ帰りました・・・。その後、Zさんから謝罪されて、詳しく事情を聞くと…要するにお姉さんは自分が一年ほど前婚約破棄になり、それから婚活をしているが中々相手が見つからずイライラ。"(-""-)"今年38歳になってもう後が無いと思っており、末子が自分より先に結婚することが許せないらしい・・・(ー_ー)!!両親は何故か昔から姉に甘く、姉が何か言い出すと思い通りにしてしまう傾向で最悪の状況・・・(もう両親と姉の事は諦めて婚約して結婚しよう!)としたら、姉が嫌がらせや両親を巻き込んで結婚の邪魔をするようになりました・・・(-_-;)(続く)私のプロフィールはこちら

      テーマ:
  • 09Apr
    • てっちゃんの長~い婚活体験記録(結婚相談所編)1

      地元の結婚相談所は、全国展開している相談所の加盟店との事で、個人宅の事務所でした。ご年配の相談員さんが、とても良く話を聞いてくださり、女性は入会金はかからないとの事ですが、成婚料は○○万円との事でした。今すぐ費用は無しでしたので、私・Aさん・Cさんの三人とも入会申込を即決しました。この時の私の気持ちは、婚活パーティーではいくら参加してもとてもカップルになって結婚できるとは考えられない状況で、婚活パーティーは私には合わない気がしていたところだったので、とにかく藁にも縋る思いでした。そしてデーターマッチングと平行して相談所にも入会しての婚活生活がスタートしました。まずデーターマッチングで郵送されて来た方に連絡をとり、そしてお会いするのですが、当時の私は相手に色々な注文ばかりしていていました。(次男で年収はいくらで同居は無し煙草は吸わない人とか…)せっかくお会いしているのに何か違う気がして直ぐにお断りしたり、もう一回会ってもいいかなと、思っている人に限ってお相手の方からお断りの連絡が、あったりで中々上手く行きません。地元の結婚相談所からも紹介されお会いしたのですが、こちらも気の合う方というか(私の勝手な希望に合う方は)出会えるわけもなく、私はこのままで結婚するなんて無理なんじゃないかしら?と悩み始めていた時にBさんから連絡が・・・てっきり結婚が、決まったのかと思いきや…なんでも私に相談にのって欲しいとの事で、まさか破談?なんて心配したら、そうではなくBさん曰く(Zさんとは上手くいっているが、Zさんのご兄弟の事でちっと困っていて…)とにかく話しだけでも聞いて欲しい)との連絡が……。(続く)私のプロフィールはこちら

      テーマ:
  • 08Apr
    • てっちゃんの長~い婚活体験記録(婚活パーティー編)10

      (婚活パーティー編続き)Bさんからめでたい報告があってから数日後・・・Aさんから再び婚活パーティーへのお誘い。BさんとCさんも参加だからと言う事だが・・・(何故お相手がいるBさんも参加なの?)の問いにAさんは「ただのパーティーに参加するだけだし~Bさんの彼氏さんの話も聞きたいでしょ!それにきっとBさんは私さんとCさんにデーターマッチングの事とか詳しく聞きたいから!」との理由Bさんが参加したいとはちょっと思えないので本人に連絡をいれてみると・・・やっぱりAさんに「まだ婚約したわけじゃないんだから、彼氏さんの話しも聞きたいからラスト一回・これが最後」「ただのお連れだと思って…」と言われたらしい・・・そして婚活パーティーの当日・・・彼氏のいるBさんはとても気まずそうでしたが~とても幸せそうでもありました。(当然か!)Bさんに彼氏さん=Zさんの話しを聞いてみると、現職場の先輩でCさんも同じ職場なので、勿論ご存知の人。年齢は私と同じとのことでした。Bさん本当に良かった!おめでとう!と、その日のパーティーは、違う意味でとても盛り上がりました。(*^_^*)そしてCさんと私が始めたデーターマッチングの話しへ・・・Cさんはとりあえず来週会う約束をしているとの事。私はまだ会う約束まではできていないが、再来週くらいには、何とか一人位は会いたい等々話していると・・・Aさんが「地元の入会金がかからない結婚相談所見つけたから、一緒に来ない?」とのお誘いが…そして翌日仕事が終わってから地元の結婚相談所に3人で、出かけて行きました。

      テーマ:
  • 05Apr
    • てっちゃんの長~い婚活体験記録(婚活パーティー編)9

      (婚活パーティー編続き)それからしばらくして、この間のパーティーで知り合いになったCさんから連絡が入りました。Cさん「この前話したデーターマッチングの事なんだけど・・・Bさんは、あまり乗り気じゃないみたいなのよね~Aさんはまずは2人だけで行って来て、後で話しだけ聞きたいと言っているんだけど~どうする?」私「そうですね~私は興味があるのでCさんが、一緒なら行きますよ!」と言うわけで早速次の日曜日Cさんと私で出かける事になりました。(*^_^*)とあるビルの中にあるデーターマッチング型の結婚相談所で詳しく話を聞いてみました。話しはとても私とCさんの興味を引くものでしたが、料金が一括払いで、しかも結構高額な料金だったので、とりあえず少し考えてということで、私は保留。Cさんは、(年齢が年齢だし、迷っている時間なんかない。)との事で、その場で仮契約を結びまたした。早速、家に帰ってからAさんに報告。Aさんは(ちょっと高すぎるから)と言って入会はしませんでした。私は少し迷いましたが、Cさんと共に入会する事にしました。入会してしばらくすると、今では考えられない事かもしれませんが、相談所から郵送で、(この方が、あなたの希望にマッチングしています。)と書いた用紙と共に、相手の年齢・職業・趣味などが書かれているプロフィールと、顔写真付きのコピーが数名分送られてきました。(+o+)送られている相手にも自分のプロフィールのコピーが送られていて、気に入らなければそのまま送り返し、気に入った場合は、相談所に連絡し、相手方に確認し、お互いにオッケーなら連絡先を教えられて、自分で連絡をして、会う約束をするというような感じでした。今ならすべてインターネット上で簡単に出来る作業ですが、当時はすべて紙ベースでやっていますので、かなり手間がかかります。そんな時Bさんから、連絡が…。なんとBさん同じ職場の人からプロポーズされ付き合う事になったとの報告が…。(続く)

      テーマ:
  • 01Apr
    • てっちゃんの長~い婚活体験記録(婚活パーティー編)8

      (婚活パーティー編続き)AさんBさんCさん、そして私の4人での参加の婚活パーティー。内容は前回のパーティー同様に進行して行ったのですが・・・お見合いタイムの中で数名の男性が、以前の婚活パーティーで、お話しさせていただいた男性・・・お互い(あれ?この間の婚活パーティーの時いましたよね?)みたいな事に…考えてみると、当たり前と言えば当たり前です・・・同じような行動をしているんですから・・・同じ人に会ってもなんら不思議ではないはずです。(-_-;)予想していなかった私はかなり気まずいというか恥ずかしくて仕方がありませんでした。(>_<)Bさんもかなり気まずかったようで・・・2人で苦笑い(・・?Aさんは何故か(この間の人ですよね~。)と言いながらも楽しそう・・・さすが!Cさんは積極的に男性に話しかけていましたが、この日のパーティーでは、私達4人は誰もカップルになる事なくお開きとなりました・・・。(帰りの車の中)Aさん「何か同じ人がいたよね!」「同じようなパーティーばかりだから少し遠出しない?」Bさん「そうですね~探してみます!」するとCさん「○○主催婚活パーティーとか、データーマッチングみたいなものを見つけたから。」「婚活パーティーは遠出して行って・・・あとデーターマッチングもやってみない?」(データーマッチング?)「何でも自分の希望をプロフィールシートに書いて、それを結婚相談所みたいところ提出すると、コンピューターがデーターに合ってる人を選んでくれて、その人のプロフィールみたいなのが郵送されて来るらしいの。」「ただ費用がかかるけどね!今度一緒に行ってみない?」ちなみにこれは今から20年以上前の携帯が一般に浸透していない時代の話。今なら婚活している人なら誰でも知っているデーターマッチングも、当時の私にはとても斬新な言葉に聞こえました。(続く)

      1
      テーマ:
  • 31Mar
    • てっちゃんの長~い婚活体験記録(婚活パーティー編)7

      (婚活パーティー編続き)またまた婚活パーティーの日、Bさんに知り合いのCさんを紹介されました。BさんCさんの転職先の先輩37歳、とても気さくで感じの良い方で、今会ったばかりとは思えないくらい話しが弾みました。(*^_^*)婚活パーティー会場に着くまでの間、いろいろな話しをしましたが、その中でどんな感じの男性が良いとか、それぞれの理想や希望などの話になりました。Aさんは例の長男嫁・妥協はしないを強調・平均年収以上無いと絶対苦労するから嫌との事。Bさんはとにかく早く結婚相手を見つけてごく普通の家庭を築きたいとの事。私は自分も働くつもりだがAさん同様、年収は平均くらいあって自分と話しが合う人で煙草は吸わない人。そしてCさんは年収は平均くらいあって自分を理解してくれる人・・・(ここまでは普通の回答だったが)・・・「それから血液型はO型、あと5歳以上年下の男性でしっかりとしていて自分を支えてくれるような人じゃないとね~。」私(え???)「何で血液型までこだわるんですか?あと年下の男性で無いと駄目な理由って?」するとCさん「私ね。5年ほど前に結婚相談所に入会していたことがあるの~その時に3ヶ月くらい付き合った男性がO型で年下だったのよね~だからO型で年下じゃないと合わないと思うのよね~」流石にCさんの理想というか希望は何かずれている様な気がしました・・・婚活ボケしている私が言うのも何ですが・・・続けてCさん「最近、結婚相談所で紹介された男性のほとんどが何か頼りなくておとなしい人ばかりだったのよね~だから辞めちゃった!」(ん?)この時私はCさんには言えませんでしたが、自分より5歳以上年下の男性は、普通お姉さん的な人に甘えたいタイプの人が多い・・・頼りになる人は普通年上で包容力がある人だと思うけど・・・これって矛盾してない?そんな人いる?付き合った人がO型だからO型の人って?と疑問には思いながらまあCさんの理想だし・・・私が言うことじゃないし…。と思い直して、話しを他の話題へと切り替えていくのでした。(続く)

      1
      テーマ:
  • 30Mar
    • てっちゃんの長~い婚活体験記録(婚活パーティー編)6

      (婚活パーティー編続き)そして、また婚活パーティーへとAさんと出かけました・・・(*^_^*)いつもと同じようにパーティーは進んでいき~当然のようにAさんはまたまたカプセル!(Aさんってやっぱり凄い!)しか~し、ふと連絡先交換シートを見ると・・・あれ?Aさんのプロフィールの年齢が???(Aさん年齢が?)と私が言いかけると・・・Aさん「し~。婚活パーティーなんて身分証明書とか書類を提出する必要なんてないんだからいいのよ!」私「でも、交際が上手くいって婚約とか、結婚まで進んだら問題になりませんか?」するとAさん「もう私さんたら、硬いんだから~そんな事交際が進んだら言えばいい事じゃない!」「大丈夫よー。ちょっと年齢サバを読んだくらいで、断って来る人なんてこちらからお断りよ!」ちょっとのサバね~?35歳が29歳って?どうなんだろう?感覚の違いはあるが・・・まあいいけど…(-_-;)ただそう考えると全ての人がとは思わないが、プロフィールに書いてある事はあまり当てにならない?ということなのか?と。信じ過ぎないように気お付けるしかないのかな…と思いつつこの日の婚活パーティーはお開きに。ちなみに私はこの日のカップリングシートは、未記入で提出してしまいました。ですのでカップルになんてなるわけもないのです。書いたところでカップルになったかは不明ですが、この間のAさんの長男嫁話しが頭から離れず・・・この人は長男?次男?今実家暮らし?そんな事ばかり気にしてしまいました・・・(-_-;)フリータイムの時に話しかけてくれた男性はいたのですが、なんかタイプじゃない方でしたし、妥協はしない方が良いとのAさんの助言に開花されているので・・・(私に合う人はいないわ!)なんて思っていました・・・(-_-;)そして、またしばらくすると今度はBさんから婚活パーティーのお誘い・・・今度の婚活パーティーはBさんの知り合いのCさんも一緒に参加するけど良いか?との確認。勿論OK!今度の婚活パーティーはAさんBさんCさん、そして私の4人で参加する事に・・・(*^_^*)そして私は婚活パーティーに参加し続ける無限ループへとはまって行くのです・・・(続く)

      1
      テーマ:
  • 29Mar
    • てっちゃんの長~い婚活体験記録(婚活パーティー編)5

      (婚活パーティー編続き)私:「あの~Aさん私は特に予定はありませんので参加しますが~」「前回のカップルになった男性との交際はどうしたんですか?」Aさん:「あ~この間の人ね。電話は、かかって来たんだけど、何か合わない感じなのよね~だからお断りしたの!」私:「・・・(ー_ー)!!」Aさん:「ゆっくり話したら長男だったしね。長男嫁はね~ちょっと出来れば避けたいでしょ!」「ほらドラマにもあったじゃない!私さんはいきなり同居とかなってもいいの?」「長男嫁はその危険性大だから気お付けないとね!」私:「Aさんこの間の男性と同居するかしないかまで、話しが進んだんですか?」Aさん:「まさか~いくら何でもそんな話しまではしてないけどね。」「さっきも言ったけど長男だし、実家から職場へ通っているって話しだしね~せっかく東京の大学卒業したのにね!」さらにAさんの「長男は駄目よ!」の話は続く・・・「この手の男性は、付き合い初めた時は同居はしないで新しい家庭を創る様な事言って、結婚してしばらくしたらお母さんが寂しがってるからとかもう年なんだし、とか言い出して同居しようとする典型的なタイプの可能性があるんだよね~だからお断りしたのよ!」「私さんも結婚相手を選んでるんだから、絶対に妥協なんてしたら駄目よ!」と言われて、人の言葉にすぐ流されるタイプの私は妙に納得!確かにあのドラマは私の脳裏にも強烈に印象として残っていました!Aさんの言葉にすっかり開花されて、(そうだ、結婚相手は誰でも良いと言うわけにはいかないな!)と考えるようになった私・・・!ついにモテもしないのに白馬に乗った王子様的な男性を探し求めての婚活生活を・・・この日から約4年間繰り広げる事になるのです・・・(+o+)Aさんと共に自分の事は棚に上げて…希望と理想ばかりを追い求めて…(続く)

      1
      テーマ:
  • 28Mar
    • てっちゃんの長~い婚活体験記録(婚活パーティー編)4

      (婚活パーティー編続き)次の日曜日、また3人で婚活パーティーへといざ出発!(*^_^*)パーティー会場に到着するまでの間、Aさんに先週のパーティーでの出来事を詳しく聞いてみたり、イマイチ男性と上手く話せない私とBさんにAさんがアドバイスをくれたりしているうちに会場へと到着。前回のパーティーとほとんど同じスタイルでお見合がスタート。ここで私は、私なりに頑張って話しかけ、前回よりは進歩したのでは?と思いましたが、フリータイムになると私とBさんに話しかけてくれる男性は前回同様ほとんどなく・・・(ー_ー)!!このままでは前回と同じなってしまう・・・と思った私とBさん、男性に話しかけようと試みたのですが、なかなか話しは弾まず・・・困っている所へ数名の男性を連れたAさんが話しかけてきました。「私さんBさんそんな所に2人で、居たら駄目でしょ!」そして男性達に私とBさんを紹介してくれたりしたので、Aさんを中心にそれなりに会話はできたのですが、男性達のお目当てはあくまでもAさん。私とBさんではないわけで……(゚∀゚)。今回もモテモテのAさん、勿論この日も見事にカップルになりました。お見事です!Aさん連絡先交換しパーティーがお開きとなり一緒にパーティー会場を後に帰路に。帰りの車の中で、お見事カップルになったAさんに「凄いですね。素敵な方ですね。交際上手く行くといいですね。」と言うとAさんまんざらでもないようで笑顔でそれぞれの家へ・・・私は今回も駄目か・・・また次頑張ろう・・・(*^_^*)そして10日ほどたった頃Aさんから電話、「○○日の婚活パーティー、Bさんは行けないみたいけど私さんは行ける?」え?え?え?…え?。(続く)

      1
      テーマ:
  • 27Mar
    • てっちゃんの長~い婚活体験記録(婚活パーティー編)3

      (婚活パーティー編続き)微妙な空気の中・・・近くのレストランへと移動。一組のカップルとお邪魔な付き人2人??の合計4人での食事会となりました。私とBさんは、立食パーティーで既に食べている為、飲み物だけ注文。Aさんと彼氏さんは、ピザなどを食べながら和気あいあいと会話が弾んでいました。ほとんど空気と化している私とBさん・・・Aさんが時々彼氏さんとの会話の合間に、「どう思う?」とか「そうだよねー」とか耳打ちしてくるのですが、彼氏さんの中では私とBさんをいない事にしたいのか(当然)、スルーして2人だけの会話に戻そうとしているをひしひしと感じます。Aさんに何度か「やっぱり帰ります」と耳打ちしたのですが…「今帰ったら失礼だからね!」と言われて結局最後までいる羽目になってしまいました・・・。とてもとても長く感じられた微妙な時間がやっと終わり帰る事になり、彼氏さんと別れほっとしている私とBさんにAさん、「来週も婚活パーティーが○○であるんだけどもちろん参加するよね?」「は?え?・・・」私とBさんは参加でわかりますが…。「Aさん先程食事した彼氏さんとは?」と聞くと、「さっきの人?ちょっとね。何か違うのよね。だから気にしないで!」と・・・いえいえ私はとても気になります(ー_ー)!!「とてもいい感じにしか見えなかったのにあれで終わり何ですか?」と大先輩であるAさんに言えないまま・・・私とBさんは啞然としたまま固まってしまいました。(゚∀゚)(続く)

      1
      テーマ:
  • 26Mar
    • てっちゃんの長~い婚活体験記録(婚活パーティー編)2

      (婚活パーティー編続き)取り敢えず会費払った分くらい食べたBさんと私(゚∀゚)カップリングシートに自分なりに楽しく会話出来た男性の番号を記入して提出。3名は書いて下さいの司会者のアナウンスがありましたが、私は1名しか記入出来ず、Bさんも1名だけの記入だとか。そしていよいよ男女お互いの記入した番号が一致したらカップル誕生です。カップルになったら会場の前の一段上がった所へ呼ばれます。そしてお互いに連絡先の交換・この日5組のカップルが誕生しました。当然沢山の男性に囲まれていたAさんはカップルとなりました。お察しの通り、私とBさんはカップルになるはずもなく・・・(まあ初めてだしと)お互いを慰めるあっていると・・・先程カップルになったAさんが歩み寄って来て、「さっきカップルになった彼氏さんから今から食事にって誘われているんだけど」と話しかけてきました。「さすがAさん、どうぞ私達の事は気にせず楽しんできてください!」と言って帰ろうとしたのですが・・・「そうじゃなくて・・・」 私とBさん???「知らない男性といきなり二人だけの食事はちょっとね・・・だから・・・私さんとBさんも一緒に来て!!」もちろんBさんと私は全力でお断りしたのですが、なかば強引にAさんに付き合わされることになり・・・何故か一緒に食事をすることになってしまいました・・・。当然のことながら彼氏さんからしたら私とBさんは完全にお邪魔虫!!!彼氏さんの微妙な笑顔と視線を感じながらの時間を過ごすことになってしまいました…。(゚∀゚)(続く)

      1
      テーマ:
  • 25Mar
    • てっちゃんの長~い婚活体験記録(婚活パーティー編)1

      次の日曜日早速AさんBさん私と三人でいざ婚活パーティーへ!(^^)! ちなみにAさん、前職場の大先輩で仕事はテキパキとこなし笑顔が素敵な35歳。 Bさん(後輩)は苦労人でとてもしっかりしているが、私と同じ?ちょっとツンデレな26歳。パーティー会場へ着くと、まず受付で簡単なプロフィール用紙・大きめな番号の付いた付箋・カップリングシートを渡されます。付箋にニックネームを書き、胸あたりに貼り付け、プロフィール用紙に簡単に趣味などを記入。そして以下の手順で婚活パーティーは進行します。①男性と女性が向かい合わせになるように並べられている椅子に座る。②番号順に座り向かい合わせの人と一人五分づづトークタイム。③五分経つと男性側が時計回りに移動。自己紹介をしてお互いの趣味など話しているとアッツという間に時間(+o+) 次の人へという感じで20人繰り返し1時間40分経過。印象に残った人はと言うと、とても話しが面白かった一人と、全く話しが嚙み合わない一人が印象に残った感じです。そして次は30分間のフリータイム!ここでやっと立食パーティー形式の軽食を食べながら、気に入った方と自由に会話なんですが・・・Bさんと私はお互いツンデレ。話しかけようとしてくれた人はいたのかもしれませんが・・・二人でパクパクお食事!・・・(何しに参加したのやら?)Bさんと会話をしていると、Aさんが数人の男性囲まれて楽しそうに会話している事に気づきました。「さすがAさん!私達とは違うね!見習わないと!」と思いましたが・・・そう簡単にはツンデレ性格は・・・人から「近づくなオーラ放っている!」と言われるくらいなので…。(自分では全く自覚なし!)消極的な私達とは対象的なAさん! ここで立食パーティー終了!アナウンス次は、いよいよカップル発表タイムへ!(続く)

      1
      テーマ:
  • 24Mar
    • てっちゃんの長~い婚活体験記録(序章編)2

      (序章編続き)姉が帰った後しばらく考えて見たものの・・・答えが出るわけもない。そんな時は友人に電話をしようと相談してみたのですが・・・帰ってきた答えは・・・「そんな先の事考えたって大丈夫、なんとかなるよ!」とか、「結婚したって幸せになれるなんて限らないし、なるようにしかならないよ!」など、さすがわが友、答えになってるような、なって無いような??つまり成り行き任せなのか?(ー_ー)!!姉はそんな考え方に多分怒っているだろうな…と思いつつもそのまましばらく放置。それから半年ほど経ったある日、前職場の大先輩Aさんと後輩のBさんから電話、「婚活パーティーに一緒に参加してみない?」婚活パーティー?何?な状態の私に「参加費千円払って立食パーティーで独身男性と話しをするだけ!」「気に入った人がいなかったら食べて帰って来ればいいだけだから!」と言われて参加する事になりました・・・。 (続く)

      1
      テーマ:

Ameba人気のブログ