テーマ:
情報をFacebookにアップする事が多くなっていたため、ブログの方は
少しお休みをしていましたが、もう少し多くの人たちに情報を伝えるため
ブログを再開しました。
今回は太陽光発電所のメンテナンスについて考えてみたいと思います。



2012年固定買取制度の開始により、一気に太陽光発電所が普及しました。
その中、容量ではなく件数ではいわゆる低圧案件(50kW未満)
が圧倒的に多いことは一般にはあまり知られていません。
メガソーラーなど大規模な太陽光発電所では安定した発電を続けるため
設置時より定期点検やメンテナンスが組み込まれており、トラブルが発生
してからというよりは点検中に故障箇所を発見し対応することが可能です。

しかりながら、50kW未満の低圧案件については、コスト重視という事もあり
当初より点検やメンテナンスについてしっかりと計画されていないのが現状です。
小さい設備だからといって定期点検はしなくていいのでしょうか?
残念ながら設備の大小に関わらず「発電所」には変わりありませんので
やはり点検というものは必要不可欠です。

実際は小さい設備では、発電が止まっていたとしてもそのロス(金額)が
小さくコストをかけてまでメンテナンスや点検をする事によるマイナス(金額)が
多くなってしまうの現状です。

幸いにも今のところ、一部を除いては大きなトラブルには見舞われておらず
顕著化していませんが、設置後5年10年、そして20年とトラブルなしで稼働する事は
稀と言ってもいいかもしれません。
果たしてどれくらいの数の発電所が20年間、安定した発電を続けられるのか
安定した発電を続けるためにどういった点検やメンテナンスをすればいいのか?
残念ながら日本ではまだ確立しているとは言えません。

いかにコストをかけずにO&Mをしていくのか?
これから色々とご紹介していきたいと思っています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テルゾーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。