こんにちは 尾上てるみです

2008年から4年間ふつうの市民感覚で議員活動してきました。
2012年8月の選挙で惜しくも敗れましたが、議員の経験を活かして
地域のことや政治のこと議会の様子や日々の活動を
季節にあわせてお伝えしていきます。


テーマ:
 

こんにちは 尾上てるみです-とよなか・すてっぷ③ 今日は豊中市に縁がある一日で、午後から蛍池駅そばの「ルシオーレホール」であった三井マリ子さん逆転勝訴報告集会に参加しました。

 この裁判は豊中市の男女共同参画推進施設、豊中すてっぷ館長だった三井マリ子さんを一部議員と一部勢力の男女平等つぶしの不当な圧力に屈した市と財団が 三井マリ子さんを雇い止めにしたことを問う裁判でした。
一審では敗訴でしたが、控訴審で高裁は三井さん側の主張の大部分を認め市と財団に慰謝料などの支払いを命じる判決を下しました。

三井マリ子さんはなぜ提訴したかについて3つ怒りを理由にあげていこんにちは 尾上てるみです-とよなか・すてっぷ② ます。
①使い捨てに対して(女性が多数を占める非常勤の不安定雇用)
②男女平等を嫌悪する勢力(バックラッシュ)に対して
③行政の嘘・偽りに対して

会場では弁護団の一員・宮地光子弁護士が判決文を丁寧に解説してくれて、一審との違いがよくわかりました。
宮地光子弁護士はいままでも多くの男女差別賃金裁判を担当してこられた私の尊敬する弁護士さんです。
(私も商社で勤務していた時、15年目でも2年目の男性の賃金の方が高く、27年勤務してやめるときは同期の男性の半分の年収でした。)

こんにちは 尾上てるみです-とよなか・すてっぷ③ 高裁で塩月裁判長は市側が三井さんに批判的な勢力の圧力に屈して動いたことを認めその行為は「三井さんの人格を侮蔑し、人格権を侵害した」と認定しました。この判決は画期的なものです。

裁判を支えた多くの豊中市・他市の市民や市民派議員に敬意を表すると同時に勇気をもらった裁判と判決です。 市が上告したので上告が棄却されることを祈っています。

(写真は上から判決文を解説する宮地弁護士、 報告する三井さんと宮地弁護士 、花束を受け取って勝訴を喜ぶお二人)
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

terumiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。