フェアリーテイル300,301話の感想と302話からの妄想 | one pieceの謎や伏線を毎週考察
2012-10-06 08:10:38

フェアリーテイル300,301話の感想と302話からの妄想

テーマ:●フェアリーテイル感想&妄想
まとめての感想になってしまいました。

残酷なマスター『ジエンマ』


レクターを殺してしまったシーン、さすがに泣けました。
これを期にスティング君は『仲間』の大切さについて考えさせられたのかと思います。

ミルキーウェイ


ドラゴンの声を聞く魔法ですが、400年前に滅んだというドラゴンの声を聞くことができました。
この話から、かつてドラゴンが存在したということと、アクノロギアは元々は人間のドラゴンスレイヤーであったこと、などがわかりました。

ナツ、ガジル、ウェンディは400年前の人??


根拠は、
①昔ラクサス達と戦ったときにナツとガジルだけ術式(80歳以上は通れない?)
に引っかかったという事実。
②今回、お話を聞いたドラゴンのセリフ「グランディーネの魔法か?」
とグランディーネと親交があった様子。ドラゴンの寿命は長いかもしれませんが、同期の可能性もあり?

777年7月7にドラゴンが消えたのではなく、この日に現在まで飛ばされたと考えるのが妥当でしょうか?


○読者登録へ


○記事一覧へ

テルキャンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス