フェアリーテイル259話『ポーリュシカ』の感想と260話の妄想 | one pieceの謎や伏線を毎週考察
2011-11-16 06:38:44

フェアリーテイル259話『ポーリュシカ』の感想と260話の妄想

テーマ:●フェアリーテイル感想&妄想

さて、fairly tailの感想二回目です。


今回もつぶやき集を!


〇グランディーネとポーリュシカさんがまさかの同一人物??

→てことはいなくなったドラゴンは人になっているのでしょうか?ドラゴンスレイヤーと言えば年齢不詳、同じ日に三体のドラゴンが消えるなどいわゆる謎,伏線が残っております。

※どうやら声優さんは揃えていたみたいなので、あらかじめ真島さんから指示があったのでしょうか?


〇フェアリーテイルの残留メンバーのレベルがかなりアップしている。

→どうやら天狼島に行った組は7年前のままの強さなので、今の時代のレベルについていけないらしい。ギルドのモブキャラ達がもはやナツ達と対等に戦えるレベルになっているそうです。


〇ギルダーツさん旅立つ

前回マスターになるような展開でしたが、がらじゃないと言って断って、さりげない2つの仕事がおもしろかったですねw


〇雷神衆復活

ラクサスが以前とはまったく違う好青年になっていていいですね!!!だんだんとクールだと思われたフリードが同性愛者的な感じになってきましたが・・・


〇ロメオの言う危険な仕事

今回、ロメオが〇〇に参加すれば一番だって狙えると言っていましたが、次はこれが次なるクエストになるのでしょうか?(というより次回のタイトル『そして俺たちは頂上を目指す』がそれっぽいw)

〇〇に参加と言っているので、オラシオンセイスを倒した時のようなギルド連合を組んで闇ギルドと戦うような話になるのでしょうか?それとも、イワン(マカロフの子で闇ギルド関係)がらみか、ジェラール絡みか、ウルティアメルディ絡みか・・・いろいろ気になりますがね!!






テルキャンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス