〜目の前の問題を解決するには〜      






久しぶりの更新になってしまいました。



毎日毎日、色々な問題に直面しては振り回されている日々です。



目先の問題がどうも気になり、どうにかしなきゃと思う気持ちに押し寄せられますが、それはその場しのぎにしかなりません。



確かに、その場()を乗り切ることは大事です。



しかし、それは解決とは呼びません。



そして人は、その現状に慣れる生き物です。



それで済む話であっても、自ら変化を求めるのです。



一言で解決出来ることも、こうじゃない、あぁじゃないとイチャモンを付けてしまうのです。



このように、毎日のように文字を打っていると、話したいことも一つにまとめられなくなってくるのです。



あれも書きたい、これも書きたい。



その衝動に負けてしまい、とっ散らかってしまうのです。





間違ってるとか正解とかは二の次です。



言い訳は後からでもいくらだって付け加えられます。



もっと、本心で生きてた方が楽ですよ。



嫌なら嫌。



この一言を伝えるのに、遠回りする必要はないんです。




他人の目を気にするより、自分に正直に生きることの大切さ。


自分の人生の舵は自分で掴むこと。




それができる人は、周りに何を言われても一意見としか思わない。




そして、本当に仲が良い人にしか我儘は言わないはずです。