悲しみは雪のように | TERU1200物語 seasonⅡ

TERU1200物語 seasonⅡ

某メーカーで、アラフォーの会社員をやっています。


テーマ:

母親の体調が少し悪くて心配です。。。 来月には父親の命日を迎えますが、父が亡くなって6年になりますね。。。 今は、母、妹、自分の3人の小さな家族です。


夜は龍馬伝を3回フルコースで(?)見てしまいました。 高杉晋作の登場の回にも通ずるものがありましたね。清風亭会談は。。。 龍馬伝の第1回のタイトルが「上士と下士」だったと思うんですが、その上士と下士とが手を結んだわけですから。。。 薩長同盟以上の興奮がありました。 


実際、歴史上、後藤象二郎の成し遂げたこともかなり大きいわけで、龍馬を始め、身分の垣根も関係なく、みんなが力を合わせて日本をよくしていこうという熱みたいなものを感じます。


口述の練習会も開催されているんでしょうね。 昨年多くの不合格者が出ましたから、今年も厳しくなりそうですが。。。 自分は本当に運が良かったです。 そういえば、論文の出来を聞かされるようなことを聞くのですが、僕はそういうのはなかったです。 ただ、論文の出来で一番不安だった商標が、条文の正確な再現を要求された気がします。(特許・実用新案、意匠では、正確な再現は求められませんでした) 結構時間がかかってしまいましたが、なんとか時間内に収まって、最後雑談にまでなったのが唯一商標でした。 特許・実用新案では、受験番号を間違えて言ってしまい、試験官の先生に「もう一度受験票を見て確認して」と言われてしまい、そこで時間を使ってしまいました。 気をつけましょう(笑)


英語で聴く~悲しみは雪のように (浜田省吾作品集) /デス・ダイヤー(ジグソー)
¥1,500
iTunes

※モバイル非対応


teru1200さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス