こんばんは。お月様

 

前回は与えられた雪水比を用いて、表の各降水量から降雪量を計算する問題でした。精神的に落ち着いている状況ですと、簡単な計算問題に感じても、試験の終盤の時間のない状況ですと慌ててしまいそうな、僕も受験時代に終盤のこんな感じの問題を経験しましたが、ちょっと「イラッ」としましたね。爆  笑

 

さて今回はその求めた各時間帯の予想降雪量に基づいて12時間降雪量を基準とする仙台市東部の大雪注意報・大雪警報に達すると予想される時間帯を日付と時間細分の用語で解答する問題です。問4(1)の復習も兼ねて一緒に考えてみたいと思います。

 

 

 

問4(3) (2) で求めた降雪量の予想に基づき,仙台市東部で大雪注意報および大雪警報の基準に達するとみられる時間帯を,一日の時間細分の用語に日付を付して答えよ。ただし,仙台市東部の大雪注意報,警報の基準(12 時間降雪量) は,それぞれ10cm,20cm である。

 

 

※記事中の問題文及び図表は一般財団法人気象業務支援センターの許可を頂いて使用しています。

 

考察編は16日23時更新予定です。

AD