みなさん、こんにちは。

突然ですが、当ブログをご覧になられているみなさんの中で、今目指されている大学や資格などの目標に向けてがんばっていらっしゃる方が多いとお見受けします。

「受験仲間」っていらっしゃいますでしょうか。

受験仲間を持つメリットとしては2つの側面があって、1つは良きライバル同志として競争原理が働くという側面。もう一つは辛い時に励ましあえるなどの不安解消の側面が挙げられます。

例えば、週に1回程度2~3人でカフェに集まり、ある課題を決めて数時間相談し合いながら勉強を続け、勉強が終わったら、どこかへ遊びに繰り出す。といった感じです。

こうした仲間同志で切磋琢磨できる間柄が築き上げれば最高なのですが、気象予報士を目指していた僕の場合、身近な人同志でこの間柄を築くことはできませんでした。難関と言われる試験であるせいか、人見知りしてしまう性格のせいか、両方あったと思います。できたとしても、それぞれの事情であきらめられた方を何人も見てきました。

結局、孤独な戦いが続いたのですが、いくら信念を曲げなかった僕でも、ちょうど1年前、学科2科のアドバンテージを失ったときは強い閉塞感に襲われてしまいました。

そんな時に、何のきっかけだったか覚えていませんが、気象予報士を目指されている方のHPを見つけたのです。

北上大さんの「気象予報士受験者応援団」というHP。

特に、暗記事項を語呂合わせで覚える「語呂合わせ呪文」、最近の過去3年分の「気象予報士過去問研究」、「さとちゃんの合格資料」など受験に関する情報が満載です。



過去問研究は学科2科は1問1問丁寧に解説されていて、自分の解答へのプロセスと比べることができますし、実技試験では気象業務支援センターの解答例とご本人の答案とを比較しながら解説されていて、さらに自分の答案と比較することによって間違えやすいポイントや考え方の違いなどを見つけることができたりと、本当に「心強い受験仲間」見つけました。

自宅のパソコンでも、電車の中でスマホでも楽しく勉強できました。この場をお借りしまして厚く御礼申し上げます。

北上さんご本人はこの3月に学科の「一般知識」に合格されたと伺っております。おめでとうございます。

今度は僕が「応援」しなきゃ。