おしゃれな響き(どっちやねん) | コンポーザーギタリスト瀬戸輝一のブログ

コンポーザーギタリスト瀬戸輝一のブログ

2011年より毎日更新中!
日々の出来事や音楽日記書いてます。


テーマ:
今回はm7とM7について取り上げてみます。

具体的な構成音についてはこちらをご覧くださいね → 「セブンスコード」

ギターで弾き語りを始めた方は最初は簡単なコード
C、G、Am、Em・・・etc
から始めたんじゃないでしょうか?

そういうコードが中心で出来ている曲とm7やM7、9thコードなどを多用する曲では雰囲気が違いますよね。
前者はストレート、力強い、単純・・・etc
後者はおしゃれ、揺れ動く、中性的・・・etc

それは前回記事にしたように、不協和音かどうかってことと関係があります。
その中でも2つのコードに着目してみますね。


Cmaj7の構成音を見てみると、CとEmの両方を含んでいることがわかりますね。



今度はAm7。AmとCの両方を含んでいます。

どちらもメジャーコードとマイナーコード両方の性質を持っているコードなんですね。

お前○と□とどっちやねん!
って言われても・・・○が60%くらい、□が40%くらいかなぁ・・・
なんて感じでしょうか??(笑

世の中、二極化ではっきりどちらかって割り切れることの方が少ないかもしれませんね。

コードも同じ??
面白いですね♪
初心者のためのギター講座

瀬戸輝一 official HP

てるさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス